ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

酪農家から見た「銀の匙・第2期」10話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

酪農家から見た「銀の匙・第2期」10話

2014-03-29 13:07
  • 1

はじめに

毎度恒例の前置きですが
私は農業系の高校や大学、専門学校の出身ではないので
実際に学内生活や寮生活がどうなっているのかは分かりませんし、
原作も読んでいないのでこの先の展開なども知らないです。
あくまでアニメ版「銀の匙」を見ての個人的な感想や
実際に現場ではどうなのか?など補足説明的なお話もしたいと思います。
なお原作者の荒川先生が農家のご出身である事は存じております。
記事内では細かい指摘が増えてしまいがちなので
揚げ足取りのように見えてしまうかもしれませんが
作品を貶める意図はありませんのでご理解ください。
と、段々長くなる前置きはここまで。
---------------------------------------------------------------------------------------------
銀の匙・第2期10話の感想などです。
放映スケジュールや仕事の都合上、記事の更新が遅いのはご容赦ください。


第10話で気になったシーン

牛が買われた先

先週も言われてましたが年寄りの牛はどうしても買い手が付かないですからね
買ったはいいものの種付けして子牛産んで乳搾ってのサイクルに
普通に乗ってくれる保証は無いですし。

御影牧場、やらないか?

以前も書きましたが、農家の一人っ子が家を継がないという選択は
同時に自分が帰る故郷を失うことを意味します。
自分が夢を追いながら故郷も失わずに済むという
ものすごく都合の良いひとりよがりな願望だという事に
アキは話してる途中で気づくんですが、その気持ちはよく分かります。

駒場君が申し出を断るのも、前回書いたように
経営者(を志す人間)が従業員というのは色々と難しい事もあるでしょうね。
「自分の牧場」に対する拘りがあるからこその経営者ですし。

もちろんアキと駒場君が結婚するとなると話は全く変わって来るんですが。

興味のあるものに引きずり込む

ぷよぷよじゃないですけど連鎖や繋がりで覚える楽しさが分かれば
社会や理科系の暗記部分は楽なんですけどねぇ…
「盛」ばかりの平家や「家」ばかりの徳川家は何とかなりましたけど
「~●世」ばかりの何とか王家とか
「~ス」ばかりのギリシャ人とかになるとまるでダメでしたねw

私は子供の頃から割と歴史は好きな方だったのですが、
きっかけは移動図書館で借りた「マンガ日本の歴史」系の本でした。
「のんのんびより」のような児童数1桁のド田舎の小学校だったので、
月に一度だけマイクロバスに本を積んで図書館の人が巡回しに来てくれる
「移動図書館」が数少ない楽しみだったのですが、
その中で数少ないマンガが描かれてた本が
「日本の歴史~」とか「世界の偉人伝記系」の本だったんです。
でも巡回で持って来てくれる本の希望は出せないので、
結局日本の歴史シリーズは飛鳥~奈良時代と明治以降の巻を
読めなかったので、その時代は大学受験までずっと苦手なままでしたw
当時はとにかくマンガならなんでもよかったので
片っ端から借りて読んで、それがきっかけで歴史に興味を持ちました。

地理のテストでは桃太郎電鉄に随分と助けられましたし、
(富山→ますずしや…バット工場…チューリップとか)
逆に信長の野望や三国志は大いにハマったんですが
学校のテストでは一瞬で通り過ぎるのであまり役には立ちませんでしたw
文明発展ゲームのcivilizationシリーズも、もっと早く出会っていれば
苦手だった世界史が一気に得意科目になったかもしれないです。

そんな感じで、何がきっかけで興味を持つか人生分からないものです。

人類の歴史は馬と共にあり

Civilizationシリーズでも馬はかなり古い時代から登場します。
牛や山羊・羊辺りに比べると馬は軍用のイメージが強いです。
チャリオット(戦車)のように最初は「牽引」するだけだったのが
「騎乗技術」の獲得と発達で遊牧民やモンゴルの騎馬兵とかが生まれたり…
日本でも馬の埴輪があるぐらいですから、
その頃には既に馬産や騎乗技術があったんでしょうし
少し時代は下りますが、源頼朝の父・義朝が任命されのも
左馬頭という朝廷の馬の飼育管理部門の要職でした。

こういうのっていろいろ調べたら楽しそうですよね。

ラクレットチーズ

たまに外側の堅い部分を捨てる人が居るんですけど普通に食べられますw
元々アルプス辺りが発祥で、「アルプスの少女ハイジ」にも登場するらしいです。
ちなみに「トムとジェリー」でよく出てくる穴あきチーズは
「エメンタールチーズ」といいます。

御影「なんでもするから…」

ん?

お風呂熟成ヨーグルト

実際に売り出したら男風呂の方が売れそう(真顔

スーパーとかち2号

JR北海道の時刻表によれば、スーパーとかち2号は
06:49帯広発→09:35札幌着
そこから実家が西区八軒辺りだと仮定すると
地下鉄東西線とバスを乗り継いで、10時~10時半頃には実家に着けそう。
正直、お土産持たされるような距離じゃ…w

それにしても帯広駅を見ると豚丼が無性に食べたくなる不思議。
札幌駅を見るとラーメン…ではなくて、
私はなぜか札幌駅のホームの立ち食い蕎麦が妙に食べたくなります。

ばんえい競馬は運営厳しい

累積赤字が膨らんだ事もあり、
ここ10年ぐらいの間に北見、旭川、岩見沢での開催が立て続けに無くなっていますし
北海道のローカルニュースでは毎年のように存続が危ぶまれる報道が続いています。
御影の叔父さんの危惧や心配は現実でも決して大袈裟な話ではありません。
サラブレッドの方の中央競馬も好調とは言え一時期に比べれば落ち込みが目立ちますし
地方競馬にしても南関東公営以外はどこも景気の悪い話ばかりですし。

アキの「馬の仕事がしたい」も、漠然としすぎていて親から見れば心配でしょうね。

責任取ります

言った瞬間の御影親父さんのゾワゾワオーラがw

家継ぐなら仕事やらこの業界の渡り方やら教えてやれるけど

私、教わってないんですけど(涙
父に聞こうにも「言って分かるなら苦労しねぇわwww」って一蹴されそうですし…

あとがき

実際に農家の後継者問題で結構あるのが
兄弟が何人か居て、長子が就職するなり結婚するなりして
さっさと家を出てしまったが為に、弟や妹が割を食うというパターン。
こうなると残された側の心理はまさにアキ状態。
「兄ちゃん(姉ちゃん)がさっさと就職(結婚)しちゃってさ…」
とかよくある話。
逆に、一度は就職や結婚してた兄や姉がある日突然退職したり離婚して
フラッと戻って来たり、そのおかげで家を継ぐ覚悟を決めて
農大や畜大行ってた弟や妹が行き場失くして…なんて話も稀によくあります。

いずれにせよ継ぐ人が居て、家を継げるだけマシ…ではあるのですが。
子供が居て継ぐ意志もあるのに、継げないなんて事もよくあります。
(主に経済的、経営的な理由で)

それはそうと駒場君の再就職先ですが、
案外多摩子さん辺りがこっそり声掛けてそうですよね。
経営者志望ではありましたが実際はまだ学生でしたし
単純労働力としては若くてそれなりに経験や知識がある駒場君は
人件費の面から見てもなかなか魅力ありそうですし
そこら辺はシビアに見ていそうな多摩子さん辺り…
等と考えてしまうんですがどうなるんでしょうねw


ではまた。
広告
×
専門科高校から四大受ける人で一般受験する人は皆無じゃないかな、と思ったりします。
八軒くんが「普通教科がぞんざいすぎる」と発言したとおり、3年生にもなれば、全授業の7割くらいは農業系の科目の授業になっちゃいます。
それなのに日本史Bをやるくらい、一般入試にこだわるのはなぜなんだろう??と思ったりします。
(進路担当の先生と相談したのかな?)
学校の成績を上げるのはもちろん推薦を得られる必要項目ですが、農業クラブで活躍することの方が現実的な気がしてならないな・・・と。
まぁ、御影ちゃんの現段階での成績では推薦は受けられませんねw

なんて農業高校卒業者から見て、あら探ししてしまいました・・・
85ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。