ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2014年3月期終了アニメの感想とか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2014年3月期終了アニメの感想とか

2014-04-09 15:09
    今回もちょっと時期は遅いですが
    ニコニコチャンネルで一通り最終回の配信が終わったので。

    なるべくネタバレに配慮はしますが基本ネタバレ注意だと思って読んでください。
    基本的に原作は知りませんし、先入観無しで見たいので事前情報は一切見ない派です。
    ニコニコで配信されている作品はチャンネルへのリンクを貼っていますが
    1話が無料配信されているものとそうでないものがあります
    また、無料配信も終了する可能性があるのでご了承ください
    ニコニコで配信されていない作品の場合は公式サイトへのリンクをしています

    高評価順の上位作品


    宇宙兄弟 評価【SS】
    アニメ「宇宙兄弟」公式サイト


    ちょっと大袈裟な言い方になってしまうけど
    「21世紀では(現時点で)一番面白い作品」だった。


    1年に1本あるか無いかではなく、10年20年に一本出るかどうかというクラスの作品。
    原作からアニメ化するにあたり大人向けの表現を控え
    より全年齢向けに作り変えられた分、年代や性別を選ばない名作になった。

    よく「あの作品を見ていないなんて人生損している!」と
    痛いファンの言動をネタにされることがあるけど、
    宇宙兄弟に限っては割と真顔でそう言ってしまうかもしれない。
    もし自分に子供が居たら是非全編通して見せてあげたくなる。

    近いようで遠く、遠いようで近い月や宇宙飛行という存在、
    案外知らない宇宙飛行士という仕事の舞台裏、
    兄を追い越してしまった弟と、追い越されてしまった兄との関係、
    いろんな場面でいろんな人との出会いや別れがあるのだけど
    とにかく場面場面での微妙な心理描写が絶妙に上手い。

    原作の消化具合との兼ね合いもあって、終わり方が尻切れトンボというか
    そのうちまた次の話が普通に始まりそうな最終回だった点がやや残念だけど
    序盤から中盤辺りの展開はもう本当に手に汗握るというか
    次週が楽しみで楽しみで仕方がなかった(あまり書くとネタバレになるのでw)

    この記事を書いた少し前に実写映画版の宇宙兄弟が地上波で放映されていて
    こちらも序盤中盤の展開は面白かったが終わり方が唐突だった。
    まだ未完成の作品で原作でも回収されていない伏線が沢山あるので
    そこら辺はある程度割りきって見る事をオススメしたい。

    最後にもう一度「宇宙兄弟を見ていないなんて人生を損している(真顔)」

    ──────────────────────────────────
    キルラキル 評価【S】


    宇宙兄弟の陰に隠れてしまった感はあるものの
    こちらも2~3年に1本あるかどうかという名作だった。
    永井豪や出崎統など数々の昭和アニメ、70年代~80年代アニメへの
    リスペクトやオマージュがそこら中に散りばめられているので
    その時代のアニメを見て育った世代、
    その時代のアニメファンにとっては思わずニヤリとしてしまう描写が多い。

    だが何よりもこの作品の素晴らしさは
    「俺たちはこういうモノを作りたいんだ!」という思いが
    これでもかというぐらいこちら側に伝わって来る熱量の凄さだと思うので
    別に昭和アニメを見た事がなくても、充分その熱さは感じられるはず。

    とにかく展開の速さとテンポの良さが圧倒的で、
    2クールの作品なのにヘタすれば4クール分近いボリュームがある。
    最近のアニメでよくある引き伸ばしや総集編をバッサリ削ぎ落とし
    総集編に至っては本編冒頭のOP前の導入部分だけで終わらせてしまうなど
    昨今のアニメやアニメ制作、それを取り巻く環境などへの皮肉や不満も
    盛り込まれているような気がする。

    オリジナルアニメの為、24話でキッチリと纏めて終わらせているのも良かった。
    上にも書いたが、永井豪や出崎統作品や70~80年代アニメファンには
    是非とも見て欲しい、お色気ありギャグありのドタバタ熱血バトルモノの逸品。

    ──────────────────────────────────
    凪のあすから  評価【S】


    キルラキルと同じく、2~3年に1本あるかどうかという名作。
    他の時期に放映されていれば間違いなく「今期NO.1」の評価を得られただろう。

    「花咲くいろは」や「TARI TARI」等を制作したP.A.WORKSだけあって
    以前から評価の高かった同社の風景や背景の美しさや作画の丁寧さはさすがの一言。

    しかし何よりも本作はシナリオが素晴らしい。
    前半と後半、一期目と二期目でまるで別の作品かと思うぐらいの急展開が待っている。
    よく「壮大な助走と伏線張りに長い時間を費やしすぎて
    答え合わせ的な部分に至る頃にはすっかり視聴者は飽きて置いてけぼり」
    みたいな作品は結構あるのだが、この作品はそのバランスが非常に絶妙。

    とにかく、二期目に入ってからはもう毎週毎週がどういう展開になるのか
    全く予想が付かず楽しみで仕方がなかった。
    ちょっと昼ドラ的な展開を期待してしまうぐらい二期目はそれぞれの心理描写が見事。

    多少見る人を選びそうなキルラキルに比べると
    比較的年齢や性別を選ばずいろんな人に勧めやすい作品だとは思う。

    ──────────────────────────────────
    銀の匙 Silver Spoon 第2期  評価【A+】
    アニメ 銀の匙 公式サイト

    1期目も良かったが今回も良かった。2期目は離農やお金、進路の話など
    家畜よりも人間にまつわる重たいテーマが多かった。

    これもいつもならトップクラスの評価を与えられるぐらい
    素晴らしい作品なのだけど今期はさすがに相手が悪かった。

    今回も1期目同様ブロマガで感想記事を書かせて頂いたので
    感想はそちらを参照していただくと嬉しいです。

    酪農家から見た「銀の匙・第2期」1話
    http://ch.nicovideo.jp/usi_930/blomaga/ar442455

    ──────────────────────────────────
    マギ 第2期  評価【A】
    マギ 公式サイト

    これも1期目に続いて2期目も面白かった。
    個人的には1期目よりも今回の方が良かったように思う。
    1期目は終盤やや息切れ気味と感じ、全体的に作りもやや荒くなっていたのが
    今回は最終回まで作りも安定していて面白かった。

    特に2期目では登場人物の陣営や立場によって全く「正義」の定義が異なること、
    それぞれがそれぞれに理由を背負って戦争に踏み出してしまうこと、
    それぞれが独善的な面が無くはないのだけど、
    それぞれの心情や立場や経緯に対し思わず感情移入してしまう辺り
    現実世界でもよく見られる光景で面白かった。

    今回はアラジン以外の1期目の主要キャラクターの出番が
    結構減っているので、その点に期待して見るとちょっと拍子抜けするかも。
    (2期目のキャラクター達も充分魅力的なのだけど)

    原作が続いている割には結構綺麗に終わった感じがあるので
    3期目があるのかちょっと不安であるw

    ──────────────────────────────────
    鬼灯の冷徹  評価【A】


    原作の独特な絵柄と雰囲気をあまり壊さずに上手くアニメ化できている。

    この作品の成功理由はとにかく「キャスティングの勝利」だと思う。
    鬼灯役の安元洋貴さんと閻魔大王役の長嶝高士さんを筆頭に
    絵柄と声とのイメージにドハマりしていて、掛け合いの時の声の相性も素晴らしい。

    結構シュールな作品の割には非常に見やすく作られていて
    むしろ絵柄に癖のある原作よりもアニメの方が
    初めての人には取っ付き易いかもしれないぐらい。

    パロディネタや割とブラックなネタもあるが
    全ては「地獄だから」の一言で納得してしまうのは面白い。

    キルラキルのように昭和のネタがあちこちに仕込まれているので
    オールドファンやいわゆる「テレビっ子」だった世代の人達には
    昨今の作品とは一線を画している事もあり、割とオススメしやすい作品だと思う。

    逆に見てるこっちが露骨なパロディのやり過ぎで心配になる。

    ──────────────────────────────────
    そにアニ SUPER SONICO THE ANIMATION 評価【B+】


    特に話が凄く面白かったり心理描写が秀逸だったというわけではないのだけど、
    とにかく徹頭徹尾ひたすら「キャラクター愛」で押し切った異色の作品。

    ある時は旅番組、ある時は動物番組、ある時はサスペンスコメディ…と
    エピソードによって全く違う作品に顔を替える。
    共通しているのは主人公に対するスタッフの溢れんばかりのキャラクター愛。

    最初は割と微妙かなー?と思って見ていたのだけど、
    風呂の中でも絶対に外さないそに子のヘッドホンへのツッコミが
    いつの間にか様式美に感じるようになると段々ハマってきた証拠。

    個人的には「音楽をやるきっかけになった先輩との話」と「猫話」が秀逸だった。

    パッと見はよくある萌えアニメだし実際萌えアニメ系なのだけど
    本当に見てるうちに「キャラクター愛」にいつの間にか引きずり込まれている。

    元ネタというかそに子というキャラクター自体を全く知らなかった私でも
    最終話まで毎週地味に楽しみに見ていたので、そういう人でも割とイケるのでは。

    ──────────────────────────────────

    個人的ガッカリ枠

    個人的にがっかりした作品。ファンの人スイマセン

    ゴールデンタイム  評価【C】


    「とらドラ!」の「竹宮ゆゆこ」先生の同名ライトノベルが原作。
    話はそこそこ面白かったのだけど、やっぱり自分の中での期待値が高すぎた感じ。

    もうちょっと「日常の人間(男女)関係が恋愛をきっかけに音を立てて崩れた後の様」を
    長い時間掛けて描いて欲しかったというのが本音。
    とらドラ!でいうクリスマス以降の展開を2話ぐらいに押し込んでしまった感じなので
    ペース配分をもう少しどうにかすればもっと面白くなったのでは…と思ってしまう。
    とらドラ!でさえ最終盤のヒロインの心の変化が説明不足な感じがあったぐらいなので
    余計にそう思ってしまうというのはある。

    また、こういうのは悪循環なのだろうけど、
    ヒロインの突飛過ぎる言動や性格も、他への不満点に影響されたのか
    感情移入がさっぱりできなくなってしまう要因になった感じ。

    勿体無いと感じるところが多々あって、
    「多分これ原作読むと面白いんだろうなぁ…」という印象を抱いてしまう作品。
    今期だと「とある飛空士への恋歌」もそんな感じだった。

    今期その他視聴作品の個人的感想

    ・生徒会役員共* (2期) →最終回まで。評価B+ ひたすら下ネタ徹底しててよかった
    ・となりの関くん →最終回まで(視聴予定)。評価B 面白い時とそうでない時の差があった
    ・未確認で進行形 →最終回まで。評価B+ キャスティングがよかった 
    ・世界征服 謀略のズヴィズダー →最終話まで。評価B これもキャスティングがよかった
    ・秘密結社 鷹の爪 NEO/MAX →最終回まで。評価B いつも通りの安心感
    ・桜Trick →最終回まで。評価C 徹底したガチ百合も不思議と慣れた。慣れって怖い
    ・ノラガミ →最終回まで。評価D こちらは逆にキャスティングの失敗かなぁ…と。
    ・のうりん →最終回まで。評価D ぶっちゃけ農業である必要はあまり…だった
    ・ハマトラ →2話で視聴中止
    ・ノブナガン →3話で視聴中止
    ・咲 Saki 全国編 →最終回まで(視聴予定) 評価C
    ・Wake Up, Girls! →評価C ネットで言われるよりは面白いと思う
    ・お姉ちゃんが来た →評価C
    ・とある飛空士への恋歌 →評価E 後半明らかに作りが荒くなったし展開も…
    ・うーさーのその日暮らし 覚醒編 →評価C
    ・最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが →評価C
    ・pupa →1話で視聴中止
    ・Z/X IGNITION →1話で視聴中止
    ・東京レイヴンズ →1話で視聴中止

    総評

    14年3月期終了アニメは個人的には史上空前のハイレベルな期だったと思う。
    北斗神拳伝承者になれたであろう男が3人同時に生まれてしまった感
    正直、鬼灯の冷徹までの作品は全て時期がズレていれば一二を争う評価が出来る作品。
    あまりにもここがハイレベルだったが為に春アニメの期待度が一向に上がらないという
    妙な影響が残ってしまいそう。

    上で紹介できなかった作品の中では「未確認で進行形」と
    「世界征服 謀略のズヴィズダー」を挙げたい。
    「未確認で進行形」では真白、「世界征服 謀略のズヴィズダー」ではケイトと
    どちらの作品も主要キャラのキャスティングがぴったりドハマりしていた。
    惜しむらくは前者は物語的な山場感があまり無く淡々と終わってしまい、
    後者は物語的な山場が来る前半部分の方が個人的には面白かった。

    春アニメはかなり配信作品数も増えていて、
    ニコニコアニメチャンネルの黎明期を思えば信じられないほどの盛況ぶりである。
    個人的にはラブライブと蟲師に期待しているがはてさて。

    -----------------------------------------

    上の方で書いた私の高評価作品はほぼそのままオススメ作品なので
    もし未視聴作品があれば是非オススメです。

    ではまた。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。