ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2014年6月期終了アニメの感想とか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2014年6月期終了アニメの感想とか

2014-07-07 23:11
  • 1
今回もちょっと時期は遅いですが
ニコニコチャンネルで一通り最終回の配信が終わったので。

なるべくネタバレに配慮はしますが基本ネタバレ注意だと思って読んでください。
基本的に原作は知りませんし、先入観無しで見たいので事前情報は一切見ない派です。
ニコニコで配信されている作品はチャンネルへのリンクを貼っていますが
1話が無料配信されているものとそうでないものがあります
また、無料配信も終了する可能性があるのでご了承ください
ニコニコで配信されていない作品の場合は公式サイトへのリンクをしています

高評価順の上位作品


一週間フレンズ。 評価【A+】


一言で言えば「切な面白い」作品。
「一週間毎に友人に関する記憶がリセットされる女の子」という
どこかで聞いた事のあるような設定。
ある意味、賽の河原の石積みのような切なさと虚しさと
見ている側がヤキモキしてしまうぐらい三歩進んで二歩下がる人間関係。

登場人物それぞれのキャラクターも勿論魅力なのだけど、
この作品の面白さは何よりもその微妙な「距離感」にある。
踏み込みたいけど踏み込めない、踏み込んで良いのか分からない、
そういう友人の、同級生の、家族の距離感が絶妙。

年齢を重ねる中で失くしてしまったり忘れてしまった何かを
思い出させてくれるというか、思い出させられるというか。

リアルタイムに学生生活を送っていたり、卒業して間もない人よりも
ある程度薄汚れて何かの色に染まってしまった大人に勧めたい一本。

あと、少し前に放送された「TARI TARI」のように、
基本は爽やか路線の学園モノだけど恋愛要素があまり前面に出て来ない
…という作品が好きな人にも勧めたい。

EDがスキマスイッチの「奏」のカバーなんだけど、あれはズルいw

──────────────────────────────────
シドニアの騎士 評価【A】


これを単にロボットアニメというカテゴリにしていいものか迷うけど、
個人的には「グレンラガン」以来久々にガシッと心掴まれたロボットアニメ。
(「マジェスティックプリンス」とかも結構面白かったけど)

「強大な生命体と、それに多大な犠牲を払いつつ必死で抵抗する無力な人類」
という意味では「進撃の巨人」的な要素もある。

3DCGを多用しているので好みは分かれるかもしれないが、
宇宙空間の描写は凄く良かった。特に宇宙での音の表現が好み。
厳密には宇宙空間で音は…という話にもなるのだろうけど、
あの独特のなんとも言えない味のある金属音は結構クセになる。
四機掌位」のシーンとか。

一週間フレンズ。もそうだけど、続編ありきというか
回収されてない伏線や明かされない謎が沢山あるので
終盤は少しシナリオ的に消化不良な面は否めないものの、
序盤~中盤の引きこまれっぷりは物凄い。

あと今期はやたらと終盤のシナリオ構成が酷い作品が多かったので、
そういう作品群と比較すると相当綺麗にまとめられている部類。

無機質な宇宙空間の表現がとてもいい感じなので、
「プラネテス」とか好きだった人はこの作品は割と合うんじゃないかなと。
あと上にも書いたけど進撃の巨人にハマってた人にもオススメかも。

「男の娘」とか「飲尿?」要素もあり、割とフェチズムに訴えかける作品でもあるw

──────────────────────────────────
僕らはみんな河合荘 評価【B+】


個人的には今期のダークホースというか、前評判をあまり聞かなかったのと
あまり期待せずに見たら予想外に面白かったが故の高評価。

ノリは完全に少女漫画なんだけど、調べてみると掲載誌は青年誌らしい。
そういう意味でも「現代版の『めぞん一刻』や『陽当り良好』的な作品」かも。
あと上の「一週間フレンズ。」が好きだった人はこれも割と好きかもしれない。

この作品の魅力は何といっても律ちゃんの「猫っぽさ」というか小動物感。
ドM要素のある男性には多分このヒロインはストライクゾーンど真ん中のはずw

この手の少女漫画的なノリがNGという人もいるし、
ややゴリ押し気味のギャグの展開がサムいと感じる人もいるだろうし
人を選ぶところはあると思うけど、上にも書いたように
めぞん一刻や陽当り良好が好きだったオールドファンには
是非とも見て貰いたい作品。

ギャグのノリとかは違うけど割と自虐ネタが多く、
「フルハウス」辺りのアメリカンなホームドラマが好きな人にも意外と合うかも。

──────────────────────────────────

蟲師 続章 評価【B+】


私は1期目を見ておらず2期目から見始めたのだけど、これは面白い。
似ている作品や近い雰囲気の作品がパッと浮かばないのだけど、
独特ななんとも言えない落ち着いた雰囲気がある。
基本一話完結で見やすいのも良い点。

ちょっと道徳的作品というか、見終わった後に考えさせられる事が多い。
昨今のアニメとはかなり一線を画した作品なので、
最近のアニメに飽き気味な人や、久しくアニメから離れていた人にも勧めたい。

一見人助けをしているようで実は助けていなかったり、
見捨てているようで実は救いの手を差し伸べていたり、
アニメだと「笑ゥせぇるすまん」とか、実写ドラマだと「世にも奇妙な物語」
とかが好きな人は合うかも。

変則2期というか、8月頃にスペシャルを1本放送したあと
秋から2期が始まるらしいので期待したい。

「他人への勧めやすさ」で言えば、本記事で紹介している中では一番だと思う。

──────────────────────────────────
ニセコイ 評価【B+】


週刊ジャンプで連載中のラブコメ。
これは私にしては珍しく原作漫画も読んでいるけどとても面白い。
基本1話完結で見やすい構成になっている。
メインヒロインに限らず「キャラの魅せ方」が凄く上手な作品。

ヤクザの組長の息子である主人公と、マフィアのボスの娘であるヒロインが
バレないように偽の恋人同士を演じることになるという秘密共有型のよくあるラブコメ。

・ハーフの帰国子女で典型的ツンデレでやや暴力系美少女のヒロイン1
・美人で控え目で実は主人公と相思相愛だけどお互い気づいてないというヒロイン2
・男として育てられ中性的魅力で女性からの人気が高く密かに主人公に惚れるヒロイン3
・婚約者を名乗りとにかく主人公LOVE全開な美少女ヒロイン4

と、過去の有名ラブコメ作品のヒロインのオマージュというか
「このキャラ(のモデル)って●●だよね?」とツッコミを入れたくなるラインナップ。

サブヒロインや後々出てくるキャラも含めて、
女性の自己主張が強かったり暴力的だったりする辺りは時代の流れなのかも。

いろんな意味で「今の時代の王道ラブコメ」という感じ。
ラブコメアレルギーでもない限りは安心してオススメできる作品。

やや放映スケジュールが変則的で放映期間5ヶ月、20話で終了している。

──────────────────────────────────

個人的ガッカリ枠

個人的にがっかりした作品。ファンの人スイマセン

ラブライブ! 第2期  評価【C】


「ド素人がゼロから手探りで仲間を集めてアイドルになるサクセスストーリー」という
非常に分かりやすいテーマがあった1期目と比べて、
2期目は地区予選を勝って全国大会で優勝という目標はあるのだけど、
一言で言ってしまえば「1期目でやりたい事のネタが切れた」感は否めなかった。

終盤は涙を誘う展開が多く、天邪鬼な性格の私は
「泣け、ほら泣けよ、ここで泣け」とあまり露骨にやられると
逆に冷めてしまうタチなので泣けなかった。

元のプロジェクトがどうとかメディアミックスがどうとかは全く分からないので
単純にTVアニメ版だけでの評価になるけど、
確かにライブシーンの映像とかで力の入れっぷりが凄いのは
素人目にもハッキリ伝わるクオリティだったのだけど、
雪かきの回とかに代表されるように脚本がぶっ壊れすぎだった。
なんぼ「突っ込んだら負け」な設定だとしても限度というものはある。

ガッカリ枠というよりは「もったいない枠」というニュアンスの方が強いかも。

──────────────────────────────────

極黒のブリュンヒルデ  評価【D】


これはもう単純明快な理由。
「ラスト2話の脚本が酷すぎる」
これに尽きる。
最後の2話を除けば個人的にはB評価ぐらいな感じだったのだが
どういう大人の事情があるのかは分からないけど酷い。ただただ酷い。

私は原作ファンでは無いのだけど、
もし自分が大好きな原作がアニメ化されてこの終わらせ方されたら…
と思うとゾッとする。

それまでが割と良かっただけに落差の酷さも目立つ。

──────────────────────────────────

メカクシティアクターズ  評価【E】


若手劇団が旗揚げ公演やオリジナル脚本第一弾公演とかでやりそうな中身。
オシャレ系青春群像劇をやろうとして風呂敷広げまくって
後半尺が足りなくなって駆け足で回収できるとこだけ回収して強引に終わらせた感じ。

会話や設定や時系列などシナリオにギミックや裏設定が仕込まれているのだけど、
そういうものを知りたいと思わせるだけの何かは無かった。
本当に面白い作品やパワーのある作品なら調べたくなる、知りたくなるものだ。
それが全くないということはそういうことなのだろうと思う。

若年層からの支持が高い作品らしいけど、
基本、中高生辺りの世代はこういう小難しくてオシャレ系な作品に価値を見出しがちで
自分も仮に中高生の頃にこういう作品を見ていたらハマっていたと思う。

キツい言い方をすれば「アニメ版の岩井俊二」

今期その他視聴作品の個人的感想

・弱虫ペダル 
 →最終回まで。評価B 二期決定済とは思えない酷い終わらせ方。
  途中までが凄く良かっただけに実にもったいない。
・健全ロボ ダイミダラー
 →最終回まで。評価B 徹頭徹尾バカに徹していて良かった。
・ノーゲーム・ノーライフ
 →最終回まで。評価B 中二病全開で見てるこっちが
  恥ずかしかった。話は面白いと思うのだけどセリフ回しがどうにも苦手…
・となりの関くん 
 →ネット配信21話まで。評価C 可もなく不可もなく…
・ぷちます!!  
 →最終回まで。評価C 良くも悪くも定番的安定感
・彼女がフラグをおられたら 
 →最終回まで。評価D キャラ多すぎて把握するので一苦労
・犬神さんと猫山さん 
 →最終回まで。評価D ショートアニメにしてはどっち付かずだった
・マンガ家さんとアシスタントさんと 
 →最終回まで。評価E ノーコメント

総評

14年6月期終了アニメでは「一週間フレンズ。」と「シドニアの騎士」が
頭一つ飛び抜けていたと思う。
時期的なものなのかたまたまなのか大人の事情があるのかは分からないが、
今期は全般的に終わり方というか終盤の展開が酷い作品が多かった気がする。

上位作品としては紹介漏れしてしまったが「ダイミダラー」はとても良かった。
徹底してお色気バカ路線を極めたのでやや人は選ぶかもしれないが、
その終始ブレない姿勢は素晴らしい。途中で突然主人公とヒロインが代わったり、
味方よりも敵の幹部の方が王道系な主人公っぽかったり
いろいろと新しい事や変わった事をやろうとしていたのは伝わった。

夏アニメはかなり配信作品数も増えていて、セーラームーンやSAO2、P4GAのように
名作・大作の続編やリメイクがあって結構な激戦になる気がする。
クールまたぎの作品もあるしね。

個人的にはヤマノススメ2期が気になるけど、どうなるか…


-----------------------------------------

上の方で書いた私の高評価作品はほぼそのままオススメ作品なので
もし未視聴作品があれば是非オススメです。

ではまた。


広告
×
がっかり枠見てないのばかりで安心しました←
メカクシティは元がボカロ曲なので若年層の人気はその辺が由来ですね~、曲知らずに見てる人は初見殺しじゃないかなってくらい雑でしたしまあ案の定・・・w

年々スタッフ側の持久力が退行してるような気がしますが、1クールもまともにやりきれなくなってきてるかと思うと恐ろしいものです。夕方通年アニメ時代が懐かしい・・・w
勿論素晴らしいスタッフに恵まれた作品もあるんですけどね!!このアニメ飽和状態の中でそういうの探すの大変です(´・ω・`)
83ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。