ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【艦これ】E-6安定化への道 空母1夜戦突破艦隊
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【艦これ】E-6安定化への道 空母1夜戦突破艦隊

2014-08-23 03:06
  • 1
更新履歴
  • 2014/08/23 投稿
  • 2014/08/24 若干手直し
  • 2014/08/26 誤字と分かり辛い表記を修正
E-1~E-5の攻略記事もあります。参考になれば
http://ch.nicovideo.jp/usi_930/blomaga/ar604861


---------------------------------------------------------------------------------------------

はじめに

この記事では
・E-6ボス到達率50%
・ゲージ削り中、ボス到達時のS勝利率100%

・手持ち資源20000からのE-6クリア

を目指した編成や装備を考えてみる。
もしかしたらE-6で苦戦している提督の参考になる事もあるかもしれない。

当記事では攻略時には基本的にキラ付けを推奨しております

今回も相変わらず非常にドライな内容かつネタバレの嵐です。
当記事の殆どはwikiや攻略サイト、ブログ、まとめサイト、2ch等の
パクリと切り貼りと受け売りで出来ております。
出典元の多くはwikiですが、自分ですら全てのパクリ元を把握しきれておりません。
その点ご理解ください。



E-6基本事項

今更な方も多いと思うけど、まずはMAPとルートから

ルート固定に関しては
・重巡(航巡)を過不足なく2隻
・軽空母2隻
・正規空母3隻
の場合、潜水艦マスまで固定される。
軽空母を2隻入れた場合は、空母棲姫マスまで確定。
潜水艦2隻以上の場合は緒戦のあと真下のハズレマスへ。
ボス前は索敵エフェクトが発生し索敵値が一定以上無ければボスには到達できない
また、索敵値が足りていても低確率でハズレマスへ行く場合がある模様

今回狙うボスルートは、重巡(航巡)を2隻使った上図黄ラインの「中央夜戦ルート」
ただルート固定は潜水艦マスまでしか出来ず、
一定確率で青ラインの「北ルート」に回ってしまう。
こちらは北東マスの空母棲姫が大きな壁。
大和型でさえワンパン大破に持っていく高火力。祈るべし

艦隊編成と装備

艦隊編成

重巡
、戦艦x3
航巡、正規空母(太字はルート固定や誘導に必要)

<注意>
上記画像は最終形態撃破後の編成で、ゲージ削り時は艦隊の並び順が
妙高、大和、武蔵、霧島、熊野、大鳳」だった。

この編成のメリット
・重巡(航巡)2隻により潜水艦マスまでルート固定
・雷巡を入れていない為、装備欄に余裕があり十分な索敵値を確保しやすい(後述)
・夜戦要員が5隻居て、全て昼戦も連撃可能な装備なので
 (削り段階では)ボス戦でほぼ確実にS勝利できる火力がある
・削り時には火力があり過ぎて無理に雷巡を入れる必要が無い
 むしろ撤退要員となり易い雷巡を外すことでボス到達の期待値を高めている
・空母が置物(攻撃/爆撃機の装備数が0)ではないので攻撃の手数が多くなり、
 道中の安定度が増し、ボス戦の雑魚散らしでも貢献できる(装備は後述)
ダメコンを使わなくても十分なボス到達率が期待できる
・夜戦マスを通り抜けられた場合、低い損傷率でボスに到達出来る機会が増える
 (夜戦は勿論ダメな時もあるが、キラ付けを怠らなければ意外と抜けられる)
・この編成のまま、最終形態の撃破どころかS勝利も十分可能な火力がある
 (さすがに最終形態は運次第の面はある)

この編成のデメリット
消費資源が多いこと
 出撃1回あたりの消費資源はよくある「雷巡、軽空母x2入り編成」よりも若干多い
・さらに安定化のため道中支援&決戦支援をフル活用するため資源の減りは速い
・詳しくは後述するが、艦載機装備が制空値がギリギリのために、
 夜戦マスを経由した場合はボス戦でも航空優勢を取れるが、
 空母棲姫マスを通ると(艦載機が落とされて)ボス戦で航空優勢が取れなくなる
 …が、実はこの編成だと
 (削り段階では)ボス戦での航空優勢がそもそも要らない
 昼連撃なんか無くとも十分薙ぎ払えるぐらいの火力があるからだ。
キラ付けが必須なこと
 夜戦ルートを通る以上はキラ付けを絶対怠らないこと。
 別に3重が必須とは思わないが、それなりに手間と時間は掛かる。

編成に関するあれこれ
・上でも書いたが夜戦重視なのに北上様を使わない理由は、ルート固定の関係上
 入れ替えるなら霧島になるのだが、少なくともゲージ削りの段階では
 「ボス到達率の高さ」を十分確保できなくなるのと、火力はこれ以上必要無い
 (ただ最終形態のゲージ撃破時には撤退率の上昇覚悟で北上様を入れる手もある)
・理想は熊野よりも筑摩or利根。または羽黒を入れる手もある。
 (その場合は瑞雲系が積めないが、詳細は後述の「制空権」の項目を参照)
 私は既に他海域で使用済だったので熊野を採用
大和型が無い場合(使えない)は長門型金剛型の戦艦を代用するしかないが
 ある程度ボス到達率が下がるのは仕方ないだろう
正規空母が余って無い場合や使えない場合、支援艦隊の空母を1隻主力に回し、
 支援艦隊を戦3正規空母1駆逐2の構成にするのが良い
 恐らく戦艦は余り気味だとは思うが、もし戦艦も無い場合は重巡が良いだろう

この編成はとにかく、資源を惜しまず投入すること&キラ付けで
ボス到達率とボス撃破率を上げ、結果的に資源の消費を少なく済ませるのが目的。


第一艦隊装備

メインアタッカー(重巡、戦艦x3)








メインアタッカーの4人は
弾着観測射撃用装備の「主砲主砲観測機」をベースに
夜戦対策の照明弾夜偵を持たせて残りの装備枠は極力索敵値の底上げに回す

サブアタッカー&制空担当(航巡、正規空母)




正規空母と航巡は上記のように艦載機を積むと
・1マス目で航空優勢or確保
・中央夜戦ルートを突破した時はボスで航空優勢が取れる
・北ルートを通った場合は空母棲姫に艦載機を落とされるので
 ボスマスで航空優勢が取れない。
ただ、ボスマスで航空優勢が取れなくても
(削り段階なら)割と余裕でボスS勝利が取れる

航巡の中型バルジは、最初は「熟練艦載機整備員」を積んでいたのだけど、
この編成は「夜戦で熊野までターンが回らない」ので
(大抵は大和&武蔵までに終わる)火力はこれ以上必要無く、
この編成での道中大破撤退の殆どが大鳳&熊野だったので、
撤退要因を減らせないかと考え中型バルジを採用した。
実際やってみると熊野が中破で踏み留まる事が多く、
それ以降は一度も熊野が大破しないままクリアすることができた。

余談だが、E-1とE-2でも龍驤改二に中型バルジを積むことで
大きく撤退率が下がり順調にクリアすることができた。

なかなかどうして、中型バルジ、侮る無かれ。

第一艦隊、装備面の補足など
・ゲージ削りから撃破までこの編成は殆ど弄らなかった。
 ボス戦は削り段階では全てS勝利だが、殆どが夜戦2人目の攻撃までで終わる。
 稀にだが運が良ければ昼戦で終わる事も。
索敵値2-5式の索敵値計算機で、艦隊の索敵合計361、指標値が123
 私はこの編成でボス前一度も逸れなかった。
 これでも逸れる場合は大和の電探を観測機に変える気だった
・主砲は同じものが無ければ多少下位の性能のもので問題ない
夜偵、照明弾の有無は非常に重要。無ければ緊急で川内を育てたい
観測機が足りなければ偵察機でも可
探照灯は、デメリットがあるのと、
 攻撃誘引にわざわざ装備枠を一つ潰してまで…とは思わなかったので不採用
・バルジが無いならダメコンでも可
・正規空母が大鳳ではなく加賀なら「爆戦、烈風、烈風改」と積めば
 1隻でボス戦の航空優勢が割と安定して取れる(はず
烈風(六〇一空)を所有しているならさらに楽に制空権を取れる

制空権について
この編成では何度も書いている通り、
(削り段階では)ボスマスでの航空優勢は必要ない。
つまり

・1マス目の戦艦タ級を1巡目の間に確実に葬る為、航空優勢以上は欲しい

・空母棲姫マスでも制空取るために正規空母を増やすとボス夜戦での火力が足りない
・その為、空母棲姫マスでは航空優勢以上を取るのが難しいので制空権互角でよい
・ゲージ削り段階なら、ボス戦での制空権は互角で十分

これらを満たしてさえいればいいので、
瑞雲634を航巡に積むことで、大鳳に爆戦を持たせる余裕が生まれる。
これにより前述の通り手数が増えて道中の安定度が増す。
ただ、編成にはもう少し改善の余地があるかもしれない。
仮に大鳳&熊野にダメコン積む余地が生まれれば更にボス到達率は上がるだろうし、
瑞雲系が必要なくなれば航巡である必要は無く羽黒摩耶等を投入する事もできる。


支援艦隊
支援艦隊の編成&装備
戦艦x2、正規空母x2、駆逐x2(太字は必須)
決戦支援も道中支援も基本的には同じような編成&装備
同時に両方出す場合は道中支援を戦2&駆逐2など消費資源軽め



装備に関してはいろいろ突っ込みどころ満載だと思うので後ほど解説します(笑)

戦艦x2



金剛型の主砲は戦艦主砲の命中補正仕様に対応して35.6cmを基本線で

正規空母x2(軽空母x2でも可)

正規空母もう1隻も同じ装備なので省略
「なんで爆戦?」と言われても彗星十二甲よりなぜかダメが多かったから…としか。
試行回数が数回程度なので要検証ではあるけども。

駆逐x2(必須)

駆逐艦もう1隻も同じ装備なので省略
電探ガン積みも考えたが艦隊全体に効果が波及するか不明なのでこれにした。
あとそもそも良質の小型電探はそんなに余ってないというのもある

決戦支援艦隊編成の補足など
突っ込みどころ満載なのは重々承知なのだが、
これでもそれなりの火力が安定して出ているのでそのまま採用し続けている。
コンセプトは単純に「命中命
駆逐艦の電探は33号がベストだけど他で使っていたのと装備変更が面倒。
32号電探の数が足りないので余ってた観測機を載せている。
また運営の公式Twitter発言から、戦艦の主砲の火力や個数を少なめにしている。

「こんな糞編成で火力出るわけねえだろwww」
とお考えの方も多いと思うので次のコラムをご参照頂きたい。


コラム「支援艦隊の火力」
やや本題からは逸れるのだけど、下記の画像を見て欲しい。
(注)ここで紹介する画像の画質が荒いのは、
  「配信を録画した画面をキャプチャ」しているせいです。
  通常のSSと比べリサイズが掛かっている分画質が悪くなります。ご了承ください


E-1緒戦、複縦陣、同航戦の道中支援


E-1緒戦、複縦陣、反航戦の道中支援


E-2-2、複縦陣、反航戦道中支援


E-2-2、単縦陣、同航戦の道中支援



上記画像はどれも、先ほど紹介した決戦支援編成と似たような構成。
詳しくは以下の通り
★長門Lv89 46cm砲 15.2cm砲 観測機 33号電探
★霧島Lv92 41cm砲 試製35.6 観測機 32号電探
★赤城Lv90 スツーカ 二式偵察 爆戦 33号電探
★加賀Lv92 九九艦爆(熟練) 二式偵察 爆戦 33号電探
★綾波Lv90 10cm高角砲 10cm高角砲 22号電探
★夕立Lv75 10cm高角砲 10cm高角砲 22号電探
このダメージが「たまたま出た大当たりの支援結果」ではなく、
割と安定してこれに近い数字を毎回出していた
自分でも理屈はよくわからないのだけど、他所からほぼ丸パクりのこの編成が
なかなかの支援火力を叩き出していたのでそのまま採用し続けた。

以前は「主砲4積みの火力最優先支援」でやっていたのだけど
その場合「支援は来たけどmiss6個で敵艦隊への与ダメ0」なんてのもよく見かけたが
この命中命支援だと全missというのはイベ海域通して一度も起きなかった。

個人的に気になるのは陣形が複縦陣になっている場合、
単縦陣の時よりも与ダメージにバラつきが少なかった。
一方、梯形陣を選んだ場合には与える平均ダメージは大きく減少した(下記画像参照)
・E-2-1 梯形陣、反航戦の支援攻撃

有志の検証により「複縦陣には命中+ボーナス」があるらしいので
もしかしたら「命中命支援+複縦陣」で安定した支援高火力が出るのかもしれない。
(ただし道中支援は全キラでも確実に来るわけはないのが困りもの)

もちろん、E-1緒戦なので敵が弱い点は考慮すべきだし
トータルの試行回数もせいぜい80戦程度と少ないが、
もう少し突っ込んで調べてみたらいろいろ面白いのかもしれない。

参考までにE-6での決戦支援は以下の通り。

E-6、単縦陣、同航戦の決戦支援


E-6最終形態、単縦陣、同航戦の決戦支援


このE-6決戦支援艦隊は上の方で紹介した画像付きの支援編成がそれである。
敵が強くなっている分E-1やE-2よりも派手な戦果ではないものの
こちらもそれなりに安定した支援結果が出ていた。

もし「熟練提督の間では常識」レベルのお話だったら
私が知らなかっただけなので笑って許していただきたい。

道中の陣形や補足

・道中陣形は主に単縦陣か梯形陣
・潜水艦と夜戦マスは梯形陣を選んだが夜戦陣形は正直宗教レベルなのでお好みで
戦艦タ級の1パン目はキラキラで交わす(重要)
潜水艦の魚雷はキラキラで交わす(重要)
夜戦はキラキラでなんとかする(重要)
ボス昼戦はキラキラで交わす(重要)
・道中支援に「戦2、駆逐2」ぐらいの軽い支援を入れると、
 緒戦の戦艦タ級でのワンパン大破率がグッと減る
・夜戦は案外抜けられる。もちろんダメな時はダメだが。
・空母棲姫マスもキラ付けしていれば2~3回に1回ぐらいは抜けられる
 軽空母2入りで北ルート固定するのと夜戦ルートはお祈り度合いとしては大差無い
・キラ付けに関しては
 「3戦目で大破撤退した消費資源があれば6隻全部に3重キラ付けできた
 の精神で私は付けている。
・キラ付けは常に3重維持ではなく、最初に3重掛けて、キラが切れた艦だけ付け直す
・資源効率と引き換えに手間と時間を費やすのがキラ付けなので
 資源が有り余っているのなら疲労抜きのみの試行回数で押し切るのも有効な手
 
何よりも「夜戦ルートを想定した編成だが、(ハズレの)空母棲姫マスを踏んでも
ボスにさえ辿り着けば殆どS勝利(削り段階では)」というのがこの編成の強み。

おさらい

テキストのみになるが最後にもう一度。

●E-6主力艦隊
妙高 Lv84 20.3cm(3号) 20.3cm(3号) 観測機 照明弾
大和 Lv97 46cm砲 46cm砲 観測機 32号電探
武蔵 Lv95 46cm砲 46cm砲 観測機 観測機
霧島 Lv95 試製41cm砲 試製35.6cm砲 観測機 夜偵
熊野 Lv82 20.3cm(3号)砲 瑞雲六三四 20.3cm(2号) 中型バルジ
大鳳 Lv93 烈風改 烈風 爆戦 彩雲

●E-6決戦支援艦隊
長門 Lv89 46cm砲 15.2cm砲 観測機 32号電探
金剛 Lv90 試製35.6cm砲 35.6ダズル迷彩 観測機 32号電探
瑞鶴 Lv86 スツーカ 爆戦 二式偵察 22号電探改四
翔鶴 Lv86 スツーカ 爆戦 二式偵察 33号電探
島風 Lv80 10cm高角砲 10cm高角砲 22号電探
綾波 Lv80 10cm高角砲 10cm高角砲 22号電探

●E-6道中支援艦隊
伊勢 Lv87 41cm砲 35.6cm砲 14号電探 徹甲弾
陸奥 Lv74 41cm砲 41cm砲 徹甲弾 14号電探
ヴェールヌイ Lv72 12.7cm連装高角砲(後期型) 10cm高角砲 33号電探
天津風 Lv70 12.7cm単装砲 12.7cm単装砲 33号電探
(最終形態時のみ軽空母2隻追加。装備は↑の決戦支援とほぼ同一)

キラ付け必須
・支援艦隊は決戦支援は必須。道中支援は推奨ぐらい。
・道中は単縦陣か梯形陣。道中支援に期待して複縦陣もありかも
・ウリはとにかくボス戦時の火力。辿り着けば撃ち漏らす事は殆ど無いだろう
夜戦を過度に恐れるなかれ。夜戦用装備がある今は以前よりはどうにかなる


まとめ&御礼

ボス最終形態を初挑戦で勝てたのはかなり運に恵まれたところはあったが、
それ以外の戦闘は決して幸運に恵まれたとは言いきれない内容で
(唯一の中破艦が集中攻撃されカスダメ蓄積して大破撤退とか、
緒戦のタ級が2回とも同艦を狙ってクリティカル連発して他無傷なのに大破撤退とか)
運がもう少し良い人であれば同じ編成でもっと早く突破できるはず。
実際、同じような夜戦突破艦隊でE-6に挑み、
ボス到達率7割強で駆け抜けた提督も見かけた。

仮に残り資源やバケツが足りなくてE-6を諦めたり挑戦を迷っている提督も、
最終形態クリアには至らなくても途中のボスS勝利でレアドロップが望めたり
空母棲姫マスのS勝利でもレアドロップが期待できるので挑む価値はあると思う。
バケツも頑張れば一日で10個以上溜められる。
資源も自然回復含めれば一日で1資源に集中すれば5000ぐらいは稼げる。
諦めるのはまだ早い。

なおこの編成は、元となる編成の発案者さんがおり
雷巡(北上)、戦艦x2、重巡x2、正規空母」という発案者さんの編成を
別な提督さんが
重巡、戦艦x3、重巡、正規空母」とアレンジをして、
それを更に私がパクって多少いじったのがこの編成。

先方の諸事情を踏まえ、お名前を伏せた方が適切と判断しましたが、
この編成を発案し、アレンジをして頂いた提督お二方にこの場を借りて御礼申し上げます。

イベント開催期間も残りわずか。
E-6で躓いている提督、これから挑む提督、
バケツや資源が不安で挑戦を躊躇っている提督さんたちのお役に立てれば嬉しいです。

最後に、この記事および紹介している編成は
ボス到達率5割やボス到達時の撃破率100%を保証するものではありません。

ちなみに私はこの記事で紹介した編成を使い、E-6を
出撃20回、うちボス到達10回、S勝利9回(最終形態1戦で撃破)
でクリアする事ができた。
大袈裟に言えばボス到達率5割、ボス到達時のS勝利率90%(削り時は100%)となる。
消費資源は遠征での回復分を含めて、E-6挑戦前と比べて
燃料13000、弾薬13000、鋼材13000、ボーキサイト1000
消費バケツは増加分差し引き含めて50ちょっと 
ぐらいだった。


結局は運です(キリッ





ではご武運を。

-------------------------------------------------------------------------------

『計算されたリスクを取れ。それは軽率な猪突猛進とはまったく違うのだ。』
                             --ジョージ・パットン




広告
×
参考になった、がんばらせてもらいます
81ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。