ニコ生、荒れる配信の原因と対策
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコ生、荒れる配信の原因と対策

2014-12-09 20:00
    ニコ生を見ていて思うことは…

    良くも悪くもリスナーは配信の空気を読んでいる人が多く
    ”リスナー”としてのサービス精神を持った人が多いと言うこと。

    いわゆる「プロリスナー」と言われる人達がいるのがニコ生です。


    アンチコメばかり拾う配信者

    先日、ある配信を見ていて思ったのですが…
    その配信者はアンチコメントばかりを拾っては憤り
    「なんで?」「そんなことない!」「ひどい」と反論をしていたのですが…
    もともとその時の配信でアンチコメントは2~3割しかなく
    ほとんどは肯定的なコメントだったのですが
    その配信者は機嫌が悪かったのか?図星すぎて効いていたのか?
    あえてアンチコメントばかりを拾っていました。

    こういうことをするとリスナーはどう思うのか?
    「あ!主はそっちの流れを求めてるのね」
    「アンチコメ打てばコメ読んでくれるのね」
    「擁護してるのにそっちは無視ですか…」
    「よくわかんないけど、そっち方向で加勢するか」
    「荒れて来たから、そっ閉じ…」等々
    と言った流れになり
    圧倒的にアンチコメントが占める割合が増えて来ます。

    最後まで擁護してた、常連や囲いはコメントすらしなくなります。
    そのネタが面白ければどこで嗅ぎつけるのか?
    祭り好きなリスナーが集まって来て更に荒れまくります。

    もし、最初にアンチコメントが2~3割の頃にそれらを無視して
    平常心で普通に配信をしていればアンチ勢はコメントしずらくなるし
    何よりもかまってもらえなくて面白くないので消えて行きます。
    なんなら囲いや常連に駆逐され終了です。


    配信者の一言でアンチ化する

    いつも過疎気味で平穏な放送なんだけど、

    たまたまコメントが荒れ気味に見えた放送だったとしよう
    常連の1人が「あれ?今日は荒れてるね」と言ったときに
    「そうなの、なんか荒れてるの…」と言えば
    その後、荒れる確率は高まります。

    それはなぜかと言えば、その一言で
    荒らしてるつもりがない人も「荒らしリスナー認定」してしまうからです。
    中には悪気がなく盛り上げるつもりの(主が楽しんでいると思っていた)人までも
    「荒らしリスナー」としてのレッテルを貼ってしまうからです。

    でも「そう?なんか盛り上がってるよね?w」で流せば
    その後、荒れるが⇒盛り上がるで上手く〆られることが多い。

    仮に荒れちゃった場合は頑張ってネタとして〆る
    「荒れた」ではなくて「盛り上がった」で終わらせればいい
    効いた姿を見せればそこに付け込まれるから、その姿はなるべく見せない!
    ネタで終わらせれば、次枠でネチネチ言って来た奴に
    「そのネタは終わり、くどいよ!」で一蹴できる


    美人ゆえの悲劇も…

    もう1つ、アンチを生む原因となるのが
    見た目が良いというだけで、コミュ人数が増えるような
    美人配信者、可愛い配信者は要注意!!

    踊ってみた系の可愛い配信者にはあまりないけど
    雑談系の可愛い配信者には多いトラブルだと思う。

    踊ってみた系の女の子は目的がはっきりしてるから
    色恋沙汰を配信に持ち込まないケースが多い
    げんきんな話、配信は踊ってみた動画の告知に使うので
    必要以上にリスナーとの距離が縮まらないのもその理由かも?

    しかし、身の上話をしがちな雑談系の女の子は
    リスナーとの距離を短く感じさせることが多かったりもする
    中には配信外でツイッター、LINE、スカイプ等で
    親密になっていくケースもあるのでしょう
    金品の授受をするケースもあるでしょう…
    その中で関係がこじれて結果的にアンチ化しやすいんだと思います。

    これに関しては最初からしっかりと線引きをすること!
    思わせぶりな言動をしないこと!
    これで変ないざこざはだいぶ回避できます。
    自分がヘラっているときでも必要以上にリスナーに依存しないことです。


    リスナーの思い違いによる悲劇も…

    例えば、太っていることをいじられる女性配信者が居たとしましょう
    配信上では太っていることをいじられて一見盛り上がっています。
    しかし、その「盛り上がり」は配信者も楽しめているのか?
    ここの見極めは大切です!
    ここの見極めを誤ると、それはただのアンチ活動になってしまいます。
    無意識のうちにアンチ行為をしていて「荒らしリスナー」になってしまう。

    そう言った配信を見かけたら、まず様子を見ます。
    彼女はそれをネタとして受け入れて笑いに変えられているのか?
    彼女は嫌がってるがリスナーに笑いものされているのか?
    後者であれば当然太っていることには触れません。
    配信者をいじめたって何も面白くないのでそんなことをしません。
    でも、前者であれば洒落の効いたボケやツッコミで配信はかなり盛り上がる

    配信者はネタとして受け入れているかと思い来や
    実はべっこり効いていて「ずっと嫌だった…」ってケースもある。
    そういう時は本当に申し訳なくて、二度とその枠を開けなくなったりもする。


    アンチいじりは覚悟のもとで!

    ニコ生自体がもともと毒のあるリスナーが多いので
    メンタルの弱い人は顔出しをしてまで配信をするのは控えた方がいいと思う
    常連やコミュメンバーは暖かくてもクルーズが来たらズバズバと毒を吐いて行く…
    なんてこともよくある事です。
    その度に、クルーズが去ったあとに常連や囲いがフォローしてる…
    なんてのも間々見かけますw

    ニコ生で配信をするにはある程度の毒耐性は必要だと思うけど
    だからと言ってそれに真向から立ち向かう必要もないと言うこと
    でも、毒すらもネタとして回せるゆとりと技量があるのなら
    どんどんアンチコメントをいじって、煽って自分でコントロールしたらいい

    ただ、これを繰り返すとガチアンチ勢はリアル特定を開始するので
    リアル特定される覚悟がない人にはお薦めしない!
    ネタとして楽しめているまではいいけど、必ずと言っていいほど
    ガチアンチ勢がやってきてリアル特定、リアル攻撃をされるのは時間の問題
    それで職を追われる人も間々存在します。

    なので、やはりアンチコメントはスルーをしてやり過ごすのが
    長い目で見ても安全なやり方だと思う。


    まとめ

    色々と書いてきましたが・・・ 
    配信が荒れるか、どうかは配信者の裁量が大きいということです。

    配信が荒れる原因を提供しているのは『配信者』であるということが
    非常に多いということです。

    「そういうことやめて」と言えばそれは弱点を周知してるだけで
    それが攻撃対象になるだけでネタ提供をしているようなモノ。
    効いているときこそスルーをするか配信を休むのが一番だと思います。
    それでも「弱み」を見せるのはもはや『ネタ提供』をしている
    と、リスナーは捉え、ますますお祭りは盛り上がります。

    元々のガチの荒らしリスナーなんて1割いるかどうか
    そう言う人達は荒らし祭りが盛大になるとやってきて
    リアル攻撃や執拗な攻撃をしてくるけど
    普通に配信をしていれば関わりのない人達と思って間違いない
    それよりも日頃なんでもないリスナーをアンチ化させないように
    上手くやりくりすることが配信者に問われることだと思います。

    顔出しをするか、どうか?
    アンチをいじるか、どうか?
    それぞれの技量と覚悟に合わせて選択し、配信を楽しみましょう!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。