天地を喰らう RTA6章 コメントバック(補足)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

天地を喰らう RTA6章 コメントバック(補足)

2019-05-09 01:04

    ちょっと早々になのですが…気になったコメントがいくつかあったので…

    忘れないうちにお返事しときたいなーと思います。


    ここでのげきじゅうの使用を睨んでのこのチャートとはおそろしい

    ちゃんと敵の力量を見定めてていいですねぇ!

    えっと、この辺全て私の手柄的な流れになると少々困るのではっきり話しときたいです。

    げきじゅうの流れ(袁紹でレベルアップするよう調整)だったり、
    使う場所、使わない場所の区別だったりという点は
    全て、れべるあっぷさんのチャートの時点で調整されており、そちらと全く同じです。

    なので、このあたりは私が調整したものではなく、あくまでもれべるあっぷさんが
    試行錯誤し、たどり着いた物を使わせて頂いているという事だけお話しておきます。

    私の記録は、biim兄貴 れべるあっぷさん すてふさん という歴代走者の
    チャートがあったからこそ、走れたものなので…ここはあくまで、真似をしただけです。

    確かに、使わなかったらどうかって検証はしてみましたが、間違いなくこのままの
    チャートで行くのがベストだなと私も感じました。

    素早さかな?(黄忠・趙雲の比較)
    これは、兵士数の問題です。
    兵士数3桁の強さなら趙雲が上です。しかし、黄忠は馬超戦から4桁になり、
    趙雲が4桁になるのは蜀平定後なのです。

    ただ、本当に誤差なので、わざわざ入れ替えるほどではありません。
    その為、黄忠を採用するのであれば、入れ替えるのではなく、自然な流れで仲間に
    しなければ、逆にロスになってしまう程度の差だと思います。

    要は、黄忠が4桁で火力倍になったところで、敵の攻撃1発喰らえば3桁
    そうなると、趙雲のほうが優れてるという事になるので、本当に微差なんですよね
    ただ、微差とはいえ黄忠のほうが上というのは間違いないので、
    今回、この黄忠採用チャートに踏み切りました。


    最後に、説明し忘れていたところを1つ説明。
    戦闘時の1ターン目回復について、もう1つメリットがあります。
    それは、直前の戦いでレベルアップし、兵士数4桁に到達した場合、
    その4桁まで回復し、戦えるという事です。
    特に、関羽は敵より速度が遅いことが多く、兵士数4桁で踊れる可能性が高くなります。

    とりあえず以上、取り急ぎお伝えしておきたかった内容になります。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。