• このエントリーをはてなブックマークに追加
Vijuttoke18年7月号「B'LAIVE」インタビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vijuttoke18年7月号「B'LAIVE」インタビュー

2018-07-08 18:00

    L→R ダイ(Gt.) / ジキル(Vo.) / 可憐(Gt.) / 愁(Dr.) / wayu(Ba.)



    (告知)

    ◆Release情報
    8月15日(水) B'LAIVE 2nd Mini ALBUM『ハイブリ!』2type同時Release!!
    【初回盤】GLK-062 ¥2300(税抜き)5曲入りCD+DVD (写真上)
    【通常盤】GLK-063 ¥2100(税抜き)6曲入りCD(写真下)

    660acb68c8f0d0b8d41d924e984fcd9d700335bf

    4f8f6c28b3db80b89f61ecea6d7f20302e9784e8

    ◆LIVE情報
    B'LAIVE『ハイブリ!』Release記念主催3マン トリプルスリー!!!
    (名古屋編)8月20日(月)今池GROW
    ACT:B'LAIVE / Leetspeak monsters / ゼログミ
    (東京編)8月24日(金)巣鴨獅子王
    ACT:B'LAIVE / ラッコ / ビバラッシュ
    (大阪編)9月18日(火)心斎橋JUZA
    ACT:B'LAIVE / i.Rias / ゼログミ
    企画/制作 GLK MUSIC



    2018年一月から始動した彼らがさらに加速!!!
    2 nd Mini Album「ハイブリ!」を完成させた!
    この音源を引っさげて全国をハイブリ現象へと巻き込んでいく!!

    ■まずは初めまして。B’LAIVEがどんなバンドさんなのか教えてください。

    バンド名が「熱狂的な人生=ライヴ」という意味の造語で、とにかくライヴで熱くなれる、フロアもステージも熱狂出来るようなバンドを目指しています。

    ■メンバーさんの自己紹介もよろしくお願いいたします。

    ジキル(Vo):ボーカル作詞担当のジキルです。歌うことでしか満たされないので、このバンドでステージに立ってメンバーとお客さんとB'LAIVEの音楽を共有している瞬間が何よりも大好きです。

    ダイ(Gt):上手ギターのダイです!身長が高い(187cm)のでライブハウスのフロアのどこでも見てもらえる、こちらからも見つけてあげれるのが強みです。ライブ中はずっと笑顔でいることを意識していて、お客さんにも笑顔になってもらえるように頑張ってます!

    可憐(Gt):下手ギターの可憐です。主に作曲を担当しております。ライブではお客さんとアイコンタクトをしたり、コミニュケーションすることを意識しております。

    wayu(Ba):ベースのwayuです。ライヴではこんな見た目ですがガンガン煽りつつベース弾いてます。

    愁(Dr):ドラムの愁(しゅう)です。後ろで直向きにリズム刻んでます。誰よりも熱を持ってライブに臨んでいます。

    ■結成の経緯やコンセプトなど教えてください。

    前身バンドBLaiveがメンバー脱退により昨年夏で活動休止。新たにジキル、ダイ、可憐が加入。B'LAIVEとして今年1月5日より始動しました。バンド名の由来や意味に納得、同意、それを体現するべく今のメンバーが集まり、「ビジュアルライブバンド」をコンセプトに活動しています。

    ■今年一月に始動してからどんな活動をされてきたのでしょうか?

    3月に1st mini ALBUMをリリースし、それからとにかく東名阪を中心にライヴ、ツアーをやりました。多い時で月8本くらい。インストアなども含め、名古屋大阪にはだいたい月1回は行ってます。6月1日に始動半年記念ワンマン公演を行いました。

    ■LIVEにかなり重点を置いているバンドだと伺ってます。LIVEにて一番大切にしている事ってどんな事なのでしょうか?

    ステージとフロアのテンション感が一緒であることです。それが一体感を生み、それが更に大きな渦となって周りもどんどん巻き込んでいけると思っています。

    ■2nd Mini Album「ハイブリ!」が8月15日にリリースになります。1st Mini Albumから5ヶ月でまたMini Albumをリリース。バンドの充実度が伺えますね?

    そうですね!とにかく今はがむしゃらに、ビジュアルライブバンドっていうまだハッキリと形の見えないモノを、徐々に固めていくイメージでよりライヴで闘える楽曲を育てていこうと、どんどん色々なテイストの曲を取り入れて挑戦していこうという想いですね。

    ■1st Mini AlbumでB’LAIVEをシーンに提示できたと思います。次の作品でB’LAIVEが伝えたいことって?

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。