聖剣伝説3RTA 自己ベストのラップタイム
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

聖剣伝説3RTA 自己ベストのラップタイム

2014-06-01 17:35

    プレイ環境

    キャプチャ:アマレコTV2.31 GVUSBー2
    ハード  :スーパーファミコン実機
    連射機  :ハドソン スーパージョイカード



    聖剣伝説3RTA 自己ベスト(リース編)

    フルメタルハガー  0:25:28

    マシンゴーレムR  0:34:38
    ジュエルイーター  0:44:12
    ツェンカー     1:12:18
    ビル・ベン     1:20:07
    ゴーヴァ      1:31:02
    マシンゴーレムS  1:52:16
    ビル・ベン(再)   2:01:13
    ルガー       2:10:11
    ギルダーバイン   2:21:00
    マナの剣      2:36:15
    クラスチェンジ   2:58:40
    神獣4体撃破     3:15:44
    神獣7体撃破     3:34:58
    ゼーブル・ファー  3:43:55
    邪眼の伯爵     3:47:53
    美獣        4:11:31
    アークデーモン   4:24:55
    ENDロゴ表示    4:42:06


    各区間 備考

    自己評価は青色水色緑色橙色赤色で分類

    カニ     可 いたって普通の蟹鍋
    マシンR   可 開幕ドリルミサイル2 ロケラン1 リース制限解除(+1)
    モグラ    良 左プロテクトアップ
    ツンカー   良 デレカー 制限解除(+5)
    |`・д・´|   良 旋風剣を撃たれる 制限解除(+2)
    ビルベン   良 ビルベンを制限解除に追加(+1)
    ゴーヴァ   良 船内通路チビデビル/ゾンビながら狩り
    マシンS    悪 Lv10 リースミサイル落ち・魔法1 ウィザード詠唱 6回 ポト詠唱 2回
    ビルベン2  可 Lv11 手裏剣手裏剣土遁背面斬り火遁
    ルガー    可 Lv12 デッドクラッシュ(リース) 操作キャラからの0/1復帰失敗
    ギルダー   可 Lv13 バグ1クロウラー3
    マナ剣    良 Lv15 聖域狩り後ろ2MAP
    CC完了   良 Lv16 ミスポルム優良(最速パターン)
             Lv17 ザンビエ可(ラーバウェイブ後撃破)
             Lv18 クラスチェンジ(ザンビエ撃破後)
    神獣4体   可 ランドアンバー良(全体アースクエイクカット)
             ダンガード悪(サンダーボール1)
    神獣7体   可 フィーグムンド極悪(オール舌攻撃)表撃破
             ドラン悪(セイバー遅 ガード1回追加) 
             ライトゲイザー優良(ガイズブラストカット)
    ゼーブル   可 ちから15 左不動
    邪眼伯爵   悪 朱雀飛天の舞1 分身斬0
    美獣     悪 リース蟹落ち(回復忘れ) ダイブアタックカット
             リース美獣落ち(開幕ローズハイクロー) 
             大地噴出剣0
    アークデーモン悪 パワーアップ遅 デモンスクリーム2(ケヴィン)
             カタストロフィ後ガード1回追加


    旧チャートとの比較

    序盤~中盤でのレベリングが大きく異なる
    過去チャートではマナの剣入手までのゲーム進行の安定度との兼ね合いのため
    雪原以降は全狩りもしくは8割程度の狩りを行い
    マシンSでLv12 ビルベンでLv13 ルガーでLv14 ギルダーバインでLv16
    (すべて突入時のレベル)という形を取っていた
    下記のティンクルバリア導入によってさらなる低レベル進行が可能となったため
    雪原の狩りを強制戦闘のみに抑えて補填を後ろ(ナバール~火炎の谷)に回すことで
    経験値補填の時間を差し引いても雪原のみでも平均1分~1分半程度
    CC後ダンガードまでのレベリング全体で見ると
    2分~4分程度の加速が見られた
    加速にばらつきがあるのは旧チャートに比べて防御面が不安定であり
    ボスの行動でタイムが左右されやすいからであるが
    マシンS AT完封、ビルベン分裂なし、ルガーのムーンセイバーなど
    低確率要素を引いた時の恩恵を最大限受けられるため期待値はかなり高いと感じた

    その他のメリットとしては中盤区間の危険な雑魚敵ウェアウルフ ブラックファング
    レディビー ポロビンフッド キングラビとの戦闘を極力回避する形となった為
    ボスが辛いかわりに道中の安定度が格段に増していることが挙げられる


    追加要素

    その存在は既に広く知られているがLv1必殺以外の不可解な理由で解除される為
    RTAに取り入れる事は難しいとされていたティンクルバリア
    何度か検証を重ねたところこの不可解なバリア解除は
    ケヴィンのみ殴った時点で解けるというなんともRTA泣かせな理由だった事がわかった
    よって他キャラクターならば問題なく導入できると考え
    ボス戦闘においては無敵状態のリースを盾にケヴィンは狙われない様に
    背面もしくは側面から殴るという様な戦闘スタイルに変更することで
    今回の様な低レベル進行がある程度の安定感と共に可能となった
    これなしでは被弾が大きすぎるためタイムの問題より以前に
    このチャートで完走することが非常に難しいと思われる

    ケヴィンの2連必殺を試みる場合にはコマンドの関係上
    リースまで必殺を出してしまう事が多いので
    ゲージに注意を払う必要があった


    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。