Spine→Unityのメモ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Spine→Unityのメモ

2015-04-26 01:02
  • 1
SpineがUnityのMecnaim対応したって聞いたのでやってみたけど絶対忘れるのでメモ

とりあえずをアニメつける



■JSON、Create atlasにチェック


出力されるファイル
・skeleton.png
・skeleton.atlas
skeleton.json

Unityでファイルの拡張子が分からないのでリネーム
skeleton_atlas.txt
skeleton_json.txt

■Spine公式サイトからランタイムのダウンロードしておく(Github)
http://ja.esotericsoftware.com/


■ダウンロードしたランタイムの下記をUnityのAssetsフォルダに
・spine - csharp

・spine - unity

■UnityでCreateから下記を新規作成

・Material(Spine/Skeleton)
・SpineAtlas
・SpineSkeletonData

■Materialの画像にSpineで書き出したpngを登録




■SpineAtlasにはMatrialを登録



■SpineSkeletonDataにはSpineAtlasとjsonを登録


■Bake defaultをクリックするとBakedフォルダ内にキャラクターのPrefabとAnimator Controllerが生成される。


SpriterはプロジェクトファイルそのままAssetsフォルダに持っていくだけでPrefab作ってくれるので楽だけど、アトラス化したり後でパーツ増やしたりすると面倒なことになったのでSpineの方が良いと思う。
追記:アトラス化はタグ付けしといたらビルド時にUnity側でやってくれるのね…知らんかった罠
SpriteStudioもMecnaim対応したみたいだけど高いしインターフェース可愛くないので試してみる気がおきない。


これでSpriterとはおさらばだぜ(‥ºั▽ºั‥ )<ヒャッハー

広告
×
いいね!
58ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。