• 9/24日誌

    2017-09-25 02:40
    さくらのサーバーが不具合起こしてるので本日の日記はこっちに



    やることがたくさん増えました。

    正直疲れます。負担がゲームだけ作ってる以上に増えました。

    だけど全部追いかけます。俺欲張りなんで。

    正直寝る間も惜しんで色々とやることになりそう。

    夢とか希望を持ってやるべきことをやる時は短時間睡眠でも問題ないんだけど

    今ついつい寝ちゃう時間の方が長くなるってことはまだまだ覚悟が足りてない証拠かなと。

    どうしてそこまでしてやるのって周りから言われるレベルじゃないと、全然理想の自分に追いつけそうにもないです。

    俺はなにかをやらかすために生まれてきた男なので普通の人と同じ生活送ったら駄目なんだよ。

    普通の人がやってること以上のことやらないと。そしてそれをいち早く当たり前の段階まで持って行くこと。


  • 広告
  • 2015 9/6-7東京旅行まとめ

    2015-09-09 04:53


    8月某日

    TwitterのDMにとあるメッセージが届いた。

    『まずさぁ……うち懇親会あるんだけどぉ東京来ない?』

    とあるお方からそんなお誘いを受けた私。

    返事はもちろん

    行きます!!

    9月5日

    くっそ忙しい仕事を切り抜け、その足でそのままバスへと向かう。

    そうだ、俺はこれからこのつらい仕事という現実を忘れ、ゲーム制作者の集まるユートピアへと旅立つんだ!!

    ちょっとバスの中で隣の野郎が香水臭かったり、べったりくっついてきて♂ 
    寝られなかったことは気にしないでおこう。

    6:15 新宿着







    半年振りの東京に降り立つ、天気は曇っているが心は晴れ模様。

    もう既に何度も来ている場所だし、ここは俺の庭みたいなもの。

    もう道なんて間違えない「はず」

    数分後

    「ふえぇ……ここどこぉ……」

    はい、見事に迷いました。

    こっちに行けば駅だろうと思い込み反対方向にずっと歩いていた

    どうでもいいけど“○○なはず!”って結構な死亡フラグよね。

    俺この戦争が終わったら……的な高確率な死亡フラグではないけれど

    50%ぐらいで当たるプチ死亡フラグってやつ?

    10分ぐらいさまよって、案内図でようやく気づいて慌ててUターン。

    新宿駅に着いたところで東京での最初の目的を確認。

    “新海先生作品の聖地を巡る”

    新海誠先生の作品の舞台の聖地が新宿付近にあるのを事前調査で知った自分はその足で巡礼を始めた。

    言の葉の庭からは新宿御苑、秒速五センチメートルからは参宮橋付近の交差点。

    まずは新宿御苑から行くことを決め、徒歩で十五分。

    思ったよりも早く目的地に到着。しかし、その門の前で俺は立ち尽くす。

    開苑時間 9:00

    (;゚Д゚)(゚Д゚;)(;つД⊂)ゴシゴシ


    開苑時間 9:00

    現在時刻 6:50


    (゚Д゚)え?

    マジかよ……開園閉園時間なんてものがあるのかよ聞いてねーぞ!?

    てっきりこの場所は完全に一日中解放された場所な「はず」と考えこんでたよ。

    二連続で「はず地雷」を踏み抜き幸先の悪いスタート。

    なにが50パーだよ100パーじゃねーかクソが。

    けど、園内の外から見た時計台? 





    みたいな細長いビルは新海先生作品で見たことのある風景で

    園内には入れなかったけど、これはこれでいいものだと気分が高揚。

    それじゃあ気を取り直してと、回れ右をして秒速5センチメートルの聖地へと向かった。

    7:50





    うおおおおおおおおおおおおおおおついたあああああああああああああああああああ

    『ねぇ知ってる? 秒速5センチメートルなんだって』のシーンだあああああああああああああ。





    劇中冒頭のシーンと同じ場所に立って超興奮した汗かきメン。

    脳内で映像が頭をよぎり、ああ来たなぁと感傷に浸っていると

    俺に感化されたのか興奮した散歩中の犬が俺に襲いかかってきました。

    危うく噛まれそうになり、マジでびびった。







    うおおおおおおおおおおお一話の踏切だ!!













    うおおおおおおおおおおおおおEDの踏切だ!!


    アニメで出て来たシーンを見る度に感動&興奮のラッシュ。

    これだけで既に来て良かった……東京最高や。新海先生最高や。

    写真や! 写真を撮るんや!

    と、アニメではどんな構図だったかなとカメラをうろうろ動かしていると

    じとーっとまるで不審者でも見るような視線が突き刺さる。

    あ、警察のおじさんだ!

    どういうわけか線路の調査をしている警察のおじさん達が僕を怪しい目で見てる!!

    上等だよ! こちとら善良な一般市民だぞ!? 
    徹底的にやりあおうじゃねーか!!

    なーんてことは言えるはずもなく、めんどくさいことにならないうちに退散することに。

    その後二時間ぐらい迷子になって歩き回ったことは恥ずかしいから言わなくていいよね。

    11:00 秋葉原着






    着いたー半年ぶりの秋葉原だーっとテンションが上がってつかの間

    持っていたポケットWi-Fiの電池が切れ、解約済みの元iPhoneがただの音楽プレーヤーに成り下がる。

    連絡手段としてネットは繋いでおかないといけない、どこか充電できる場所を……。

    結果、マックに二時間の軟禁。

    暇つぶし道具もなく、ただ電池がたまる時間を過ごす苦痛。

    ただじっとしているという行為が大嫌いな俺にとってはまさに地獄だった。

    一体YOUはなにしにアキバへ?状態で、底にたまった溶けたマックシェイクをすすっていた。

    13:00

    だがそんな雌伏の時も終わり、充電を完了させた状態で外に出る!!

    ひゃっほう!! アキバ最高や!!

    家電、アニメ、漫画、フィギュア、ゲーム、エロゲエロゲエロゲエロゲ




    この町は宝の宝庫や!!

    天「おまえうるさい、少し静まるやで」

    テンションが上がっている俺に頭でも冷やせと言わんばかりに大ぶりの雨。

    ずぶ濡れになりながら慌てて屋内に避難。

    これで俺のテンションも急降下……するわけないwwwwww

    避難先のエロゲショップで安いエロゲコーナーでお宝探し第二ラウンド再開!!






    さすがアキバどこに入っても楽しい!!

    しかし、それでも行く場所が分からなくなり仕方なく駅でひとりこっそりと

    火垂るの墓ごっこして遊んでたりしてたのは内緒なの-^^




    17:00

    懇親会場に一時間も早く到着!!

    なんだか、受付からしておしゃれなお店で田舎者なワイいきなり困惑。

    少し経って主催者の、Hさん登場!!

    普段からTwitterで懇意にしていただいてるHさん。実際にお話してもめっちゃくちゃいい人でした。

    待っている間に、Hさんから参加者のリストを見せてもらってワイ(゜Д゜)

    あれ? 
    あの有名サークル!? 
    あの有名メーカー!?
    有名ショップ!?

    ずらーっと並んだ有名な名前の数々にワイ困惑。

    Hさんは『話したい人がいたら言ってくださいね!』と、ニコニコと言ってくれるものの

    リストを見ただけで、俺もしかして場違いなんじゃと苦笑いをするしかなかった。




    不安と期待と緊張が入り交じりながら会場に入る。

    おしゃれや

    これまたキレイな室内に人をダメにしそうなふかふかなイス、軽く4,50は越える席の数。

    一体なにが始まるというんです!?

    先に席に座って待っていると続々と入ってくる参加者の方々。

    それに伴って始まる名刺交換。

    よ、よし俺も名刺の交換を……

    名刺ケースをパカーっと開けてフリーズすること1,2,3秒。

    あ、名刺6枚しかない。

    前回東京に来た時に配ってから補充してなかった。

    マジでYOUはなにしに懇親会来たんだよ……

    軽く凹んだが、まぁやっちまったことはしょうがない。

    いつまでも引きずってないでパーティーを楽しもう。

    グラスを取り、Hさんの乾杯の音頭でパーリースタート!!

    あれこれウダウダ書いてきてなんだけどいきなり結論書いちゃおう。

    クッソ楽しかったwwww

    周りにいるのはノベルゲーム作ってる人や、それに携わるプロの方ばかりでそんな人達と話をしていて楽しくないはずがない。

    なんていうか普段他人に合わせて会話を選ぶんじゃなくて、ここでは自分の好きな話をしていいんだって

    どこか心が許されるような気がした。

    あんまり具体的なことは書けないけど、みんな面白すぎなうえにレベルがたかかった。

    会の途中で、どんどん自分の宣伝をしてくださいねっていう時間が始まり

    続々とみんなゲームや、企画の宣伝を始めた。そこで初めて

    いわゆる制作の中の人というのを知った。


    あんなマッチョな人があのゲームを!?

    あんなイケメンがあのゲームを!?


    なーんて中の人に対しての驚きもあったww

    けど、真面目な話をしちゃうとあの場で宣伝できるのは

    “今作品がある人間だけ”なんだと思った。俺がいつまでもウダウダやってるとあの場には昇れないし

    なによりも自分が嫌な見ている側だけの人間になるよ?

    時間が経つのはあっという間で、二時間なんてあっという間だった。

    二次会にも誘っていただき、自分は少人数なグループについて行った。

    その場では、主催者のひとりであるスタッフさんが中心のグループだったらしい。

    最初、新参者な自分は会話に入れずとりあえずどんな会話をするのだろうと様子見をすることに。

    内輪ネタで盛り上がってはいるものの、やはり新参者のサダメというもので

    うなずくことしかできないのが悔しかった、ぐぬぬ。

    こういう機会に参加して同じ話題で盛り上がってみたい。

    それでも自己紹介をさせてもらったおかげで、ちょっとずつ会話に参加できるようになった。

    そして気になったのが、制作者、プレイヤーとはちょっと違ったレビュアーとしての視点の話。

    本当にゲームが好きだから誰よりも早くそのゲームのレビューを書いてやりたいとか

    ゲームを埋もれさせたくない、制作者を応援したい。

    繰り返すようだけど、本当にこの人達はゲームを好きでいてくれてるんだなって。

    誰のためにゲームを作るのかを悩んだら、レビュアーさんの為に書いてますっていうのもありかもしれないね。

    普段誰に話しても分からない、eufonius、riyaさん果てはrefio時代の話まで出来た。

    自分の好きな話をしていい人間はどこにいるんだろうって考えたことあったけど

    ここにいたんだなって嬉しくなった。

    二次会の主催者さんが

    「今日は素敵な出会いがありましたか?」

    と、聞いてくれたことにし対して、上手く返事できなかったような気がするけど

    あの日あの場所にいた人すべてと素敵な出会いをしたと本気で思えた。

    解散後

    もうずぶ濡れになっても笑っていられるぐらい楽しく、雨の中渋谷のネカフェまで歩いた。

    しかし、そんな楽しさブーストもネカフェに着くのと同時に切れて

    ずっと寝ていなかったこともあり、ちょっとしたら糸が切れたようにぐっすりと眠った。

    9/7

    ネカフェを出発!! 田舎者でもよく分かる山の手線に乗って渋谷からアキバまで移動。

    この日はツイッターの相互フォロワーさんのグループに同行させてもらう予定だった。

    アキバの駅で、多分この人かなーっとお互い牽制すること5分ぐらい経ってからようやく確認が取れて合流できた。

    結論から言おう。

    くっそ楽しかったwwwwwww

    レトロゲーム屋で昔のゲームの話したり、育児クイズゲームで意地になって2000円溶かしたことも

    フィギュアショップ見て回ったことも、神田神社でラブライブ!の階段ダッシュをしたことも

    性癖の話題で盛り上がったことも全部楽しかったwwwwww

    あの町ってカオスで本当に楽しいな。また遊びに来たいって何でも思っちゃうしな。

    でも、本当に大事なのは場所じゃなくて誰といるかだと俺は思う。

    楽しめたってことは、一緒に遊んでくれたふたりが楽しかったからなんだよね。

    ふたりの経歴聞いたり、作品の心構えとか聞いてると勉強になったし

    俺まだまだ甘過ぎだろって猛省してたりね。

    初めて会った人達だけど、気軽に話させてくれてありがとうございます。

    この日も素敵な出会いありましたよ。

    一時期、仕事するのが怖くてちょっと家から出ないようなことがあったけれど

    家を出るとこんなに素敵な出会いってたくさん待ってるもんだね。

    バイタリティが持ち味なんだから、部屋に引きこもってないで素敵な出会いをもっと探してみよう。

    あと作品は早めに作ろう。

    宝物になった今回の経験を忘れないうちに作品に落とし込むために今後もひたすらカタカタしていくぞ。

    最後になりますが

    今回お会いしてくださった皆様本当にありがとうございました。

    次回はもっと成長した姿で今の制作した作品をひっさげて素敵な出会いが出来るように楽しんで頑張ります。

    2015/9/9 あんざい





  • 第二回ゲームフェス勉強会 感想 

    2015-03-07 02:04

    良かった点

    ・普段中々出会えないクリエイター仲間と出会えたこと

    ・実況者の立場や気持ちというものを理解できたこと

    ・今後の方向性を考えさせられた

    ・プロジェクト全体の動かし方というものを少し触れられた。

    ・ノベルゲームには新しい仕掛けを考えないといけないと知れたこと

    ・バグから新たなネタが発生することがあるという認識ができると知れたこと

    ・貴重なプロの話を聞けた点

    物足りなかった点

    ・正直前回と比べて制作の細部に踏み込んだ内容でなかったこと

    ・生放送の視聴者に配慮したせいなのか、誰向けの何のための勉強会か少し理解できなかった。

    ・他の製作者の作品を遊ぶことも大事ではあるけれども、もう少しお互い制作の話しなどをしたかった。

    ・この内容であるのならば、実際に会場に赴くのと生放送を見るのと大きな差がないのではと感じた。

    ・実況体験をするのであれば、例えば視聴者に向けて最低どういうことを伝えるべきかなど
    そういう具体的なことにもっと踏み込んで欲しかった。

    総評

    自分自身今回の勉強会で頂いた意見を作品にフィードバックして

    様々なことに挑戦してノベルゲームというジャンルで新しい道を切り開いていこうと思いました。

    簡素ではありますがこれを今回の勉強会の感想とさせていただきます。