ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

レジドラゴ技大全~ダイフェアリー持ち一覧を添えて~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

レジドラゴ技大全~ダイフェアリー持ち一覧を添えて~

2020-12-08 00:00

    こちらの記事はぐんそー氏(@sergeant118)主催の企画、種族統一アドベントカレンダーの8日目の記事です。種族統一アドベントカレンダーとは、2020年12月1日から25日まで、ポケモン種族統一戦を愛する者たちが毎日交代しながら記事や漫画等を繋いでいく企画となっております。
    この記事を読んで、興味を持った方は是非他の記事等にもアクセスしてみてください。
    https://adventar.org/calendars/5646

    初めての方は初めまして。らくとせと申します。冠の雪原発売から1ヶ月強。皆様いかがお過ごしでしょうか。
    私は相も変わらず種族統一対戦をメインに冠環境をエンジョイしております。ポケモン剣盾において、リピートボール級と言う文化が根付いて本当に良かったですね。
    さて、冠の雪原では一部のフォルム違いを除くほとんどの伝説ポケモンが解禁されたことで、どの対戦環境にも多大な影響を与えていますね。今回のDLCでは過去作伝説だけに留まらず、新規伝説ポケモン達まで登場しました。
    バドレックスと2匹の愛馬、ガラルの姿の3鳥、レジエレキ・・・。そして、

    \ざっくっど/


    今回の記事の主役、レジドラゴです!
    私はレジドラゴ統一をリピートボール級で使っているのですが、程良い硬さとぶっ飛び火力がとても癖になるポケモンです。本記事ではレジドラゴの能力に軽くふれつつ、全ての技を大解剖していきたいと思います。
    型例は敢えて載せませんので、皆様、この記事を参考に自分だけのレジドラゴを育成してみましょう!
    ※本記事中で252振りと書いた場合は性格補正無とします。
    特化とは性格補正有252振りのことを指すものとします。
    DMはダイマックスを指します。
    その他、一般的な略称を多用しますが、ご了承下さい。


    目次
    1.レジドラゴ基礎
    2.レジドラゴ技大全
    3.終わりに
    (付録1)フェアリータイプ以外でダイフェアリーが使える最終進化ポケモン50音順リスト
    (付録2)フェアリーポケモンのダイフェアリー物理・特殊どっちリスト
    (参考動画・文献)


    1.レジドラゴ基礎
    まずレジドラゴの基本(種族値、特性)を確認していきましょう。

    特性:りゅうのあぎと・・・ドラゴンタイプの攻撃技を使う時、攻撃・特攻を1.5倍にして計算する(詳しい特性の仕様はとも湯氏のりゅうのあぎと検証動画より。リンクは記事ラストにあります)
    H200-A100-B50-C100-D50-S80

    つまり特性を考慮に入れ、A252(C252)振りした時の種族値は

    H200-A176(160)-B50-C160(176)-D50-S80

    となり、なんと合計種族値716。一般的な禁伝すら超える恐ろしい数値です。
    ちなみにH種族値200は禁伝を含めても上から5番目。その割りに、BDが低いので無駄が多いですが、逆に言えばBDに振ればそれなりの耐久を確保出来ます。参考程度にHBD無振りの場合と、H無振りでBDに252振った場合の硬さを比較すると、それぞれ

    ガブリアスのA252振りげきりん:
    無→確1(128.7-151.2%)
    振→31.2%の乱1(88.0-104.7%)

    ラティオスのC252振りりゅうせいぐん:
    無→確1(138.1-163.6%)
    振→75.0%の乱1(96.0-113.4%)

    となり、かなり差が出るのが分かります。ACSに極振りだけでなく仮想敵を決めて、BDに割り振るのも楽しいですね。

    次に火力を見ていきましょう。

    Aに252振り
    ・ハチマキげきりん→HB特化クレセリア確2(54.1-63.8%)
    ・珠げきりん→同72.6%の乱2(47.1-55.5%)
    Cに252振り
    ・メガネドラゴンエナジー→HD特化クレセリア確2(63.4-75.3%)

    このように特性のお陰で物理・特殊共に相当クレイジーな火力が出ているのが分かります。
    どちらも高火力と言うのは種族統一において大変大きなメリットで、積み耐久型で詰ませてくるタイプの種族統一に対して外したら辛いジャンケンを仕掛けることが出来ます。

    さて、基本スペックはあくまで前置きのお話。
    次の章からこの記事の本題のである技大全に移りたいと思います。


    2.レジドラゴ技大全
    なんとたったの36個しか技がありません。(技の後の数字は威力)
    <物理>
    ・・・げきりん120、ドラゴンクロー80、ワイドブレイカー60、スケイルショット25×2-5
    無・・・だいばくはつ250、じばく200、ギガインパクト150、あばれる120、のしかかり85
    からげんき70(140)、はさむ55
    ・・・ほのおのキバ65
    ・・・かみなりのキバ65
    ・・・アームハンマー100、きしかいせい20-200
    悪・・・かみくだく80、かみつく60

    <特殊>
    ・・・ドラゴンエナジー最大150、りゅうせいぐん130、りゅうのはどう85、りゅうのいぶき60、たつまき40
    無・・・はかいこうせん150、りんしょう60、いびき50
    ・・・げんしのちから60

    <変化技>
    (積み技)・・・りゅうのまい、きあいだめ
    (その他)・・・ひかりのかべ、リフレクター、とぎすます、こらえる、ねむる、ねごと、みがわり、まもる

    では早速、DM技編、メインウェポン編、サブウェポン編、変化技編に分けて、全技を紹介していきたいと思います。

    <DM技編>
    各タイプ、物理・特殊の最大威力と共にご紹介。

    ・・・げきりん(140)、ドラゴンエナジー(150)
    無・・・だいばくはつ(150)、はかいこうせん(150)
    ・・・ほのおのキバ(120)、(特殊なし)
    ・・・かみなりのキバ(120)、(特殊なし)
    ・・・きしかいせい(100)、(特殊なし)
    ・・・(物理なし)、げんしのちから(110)
    悪・・・かみくだく(130)、(特殊なし)

    ダイドラグーン 相手のA1段階下降
    仮にりゅうのあぎとの補正が技威力に掛かるものとした時、
    タイプ一致補正も加味すると、げきりんは威力315、ドラゴンエナジーは威力337となる。その為、半端に抜群を突くくらいなら、これを撃つ方が強い。
    追加効果も強力で物理攻撃主体の種族統一には滅法強い。
    レジドラゴはこの技ありきな部分があるので、「まけんき」、「かちき」、「あまのじゃく」と言った特性を持つ相手に撃ち辛いのが難点。

    ダイアタック 相手のS1段階下降
    ダイジェットがないのでDM中唯一のS操作手段。
    レジドラゴはDMせずとも十分な火力が出るので、この技で後続サポートした方が状況を有利に出来ないかは常に考える必要がある。
    また大体のフェアリーに対して、これが最高打点となるので、「きあいだめ」や「りゅうのまい」をなんとか積んで乱射しよう(つまりトリックルーム持ちフェアリーはとても辛い)。

    ダイバーン 天候をにほんばれ状態にする
    はれ状態の2倍ダイバーンの威力は360となる為、ダイドラグーンの威力を超える。竜技を半減する鋼に対しての打点になるのでとても重要な技。
    また天候を上書き出来るのも重要な要素。
    レジドラゴのSは80なので、最速のバイバニラ(S79)とアマルルガ(S58)の「オーロラベール」や「ふぶき」を妨害することが出来る。S確保をすいすい、すなかき、ゆきかきに頼っているポケモンの妨害も出来るのでDM型には積極的に採用しよう。
    レジドラゴは天候技を一切覚えないので、天候上書きはこの技か「げんしのちから」に頼るより他ないのである。
    ※余談だが、第6世代まで「ひざしがつよい」と公式に書かれていたのが、第7世代からは「にほんばれ」と対戦中に表示されていること、皆様はお気付きだっただろうか?

    ダイサンダー 場をエレキフィールド状態にする
    エレキフィールド状態で威力156となる。
    つまり
    DMげきりん(315)>2倍フィールドダイサンダー(312)>DMドラゴンクローorスケイルショット(292)
    と言う威力関係になる。
    しかし、この技において特に重要なのはフィールドを書き換えられると言う点である。
    用途は主に3つ。
    ミストフィールド上書き
    レジドラゴ最大の弱点の一つはミストフィールド展開による竜技半減。
    それを上書き出来るんだから、当然有用である。
    ただ後攻で「ダイフェアリー」を撃たれ続けたらどうしようもないので、DMタイミングはよく考えよう。
    催眠技、「あくび」の予防
    レジドラゴは相手の補助技をかわす術に乏しいので、「かみなりのキバ」で催眠技、「あくび」対策が出来ることは覚えておこう。
    エレキシード発動
    副次的要素だが、上記2つを満たしながらBを上げる手段があると言うことを覚えておくと、メタ有りの種族統一戦をする時に有利にはたらく場合がある。

    これ程有用な技だが、地面タイプと電気無効特性持ちに通らないことが辛い。そう言ったポケモンのフェアリー技持ち、催眠技持ちには十分注意しよう。具体的には
    ・フェアリー技持ち
    ゼラオラ、ネンドール、Ktライチュウ、ランターン
    ・「さいみんじゅつ」持ち
    シロデスナ
    ・「あくび」持ち
    カバルドン、サンダース、トリトドン、ヌオー、I&Gマッギョ、ライチュウ(配布)、ラグラージ

    ダイナックル 自らのA1段階上昇
    鋼対策その2。自分の能力を上げるDM技はこれしかないので、トドメに使っていきたい。

    ダイロック 天候をすなあらし状態にする
    「ダイバーン」の項で書いたような天候妨害に加えて、相手のタスキ潰しをすることも出来る。レジドラゴ統一における実質「ステルスロック」である。

    ★ダイアーク 相手のD1段階下降
    悪技が接触技しかないので、キングシールドのA下降を回避出来る点は評価できる。
    追加効果を活用出来る場面はほぼない。

    <メインウェポン編>
    ※特性とタイプ一致補正を加味した実質威力を括弧内に記す。
    ☆物理

    げきりん 威力120(270) 命中100 PP10 DM威力140(315)
    効果:2-3ターン連続で攻撃した後、自身がこんらん状態になる

    物理型の基本技。主に全抜き要員となるりゅうのまい型、DM型、みがわりorこらえる木の実型、こだわり型に搭載する。
    HB特化積み耐久型の相手にキャッチされると途端に辛くなるので、それだけは常に意識して使おう。


    ドラゴンクロー 威力80(180) 命中100 PP15 DM威力130(292)
    効果:通常攻撃

    癖の無い技。「げきりん」のデメリットを嫌う場合に採用。
    例えば、行動不能が痛い耐久型、物理・特殊の撃ち分けがしたい両刀型、変化技を多数採用した型などで。
    またこだわり型に「げきりん」と共に採用し、耐久型への急所狙いをする場合の選択肢とする使い方もあるだろう。


    スケイルショット 威力25(56) 命中90 PP20 DM威力130(292)
    効果:2-5回の連続攻撃した後、自身のB1段階下降、S1段階上昇

    レジドラゴの生命線となる技その1。1発の威力が56、全弾命中で実質280のとんでも火力となる。用途は主に3つ。
    確実なS上げ手段
     種族統一と言うルールは一部のフォルム違いを持つポケモン以外は、タイプ耐性が一貫する。その為、相手が抜けないSになった後にDMし高火力をぶつけることは一般ルール以上に重要な勝ち筋の一つになる。
    レジドラゴが技により確実にSを上げる手段はこれと「りゅうのまい」しかないので、自然と多用することになるだろう。尚、Bが下がる問題点は、この技の使用後に「ダイドラグーン」で相手のAを下げることで解決可能だ。結構、便利なテクニック。
    タスキで変化技を撃とうとするポケモンに対する「ちょうはつ」の代わり
     タスキを持たせSに振ることで行動回数を確保し、「ステルスロック」、両壁、「おいかぜ」等で場作りを行う種族統一PTは比較的多い。
    それを高火力連続技で潰すか、おうじゃのしるしを持たせて怯ませようと言う使い方だ。「ちょうはつ」も「トリック」も持たないレジドラゴとしてはこれに頼るしかない時は多々ある。
    ちなみに、おうじゃのしるしを持たせた場合の怯み率だが、
    2発は1/3の確率で起き、怯み率は19.00%
    3発は1/3の確率で起き、怯み率は27.10%
    4発は1/6の確率で起き、怯み率は34.39%
    5発は1/6の確率で起き、怯み率は40.95%
    よって期待値的には、技が命中した際に約27.92%の確率で怯ませられることになる。大体3割で怯ませられると考えると結構強い。
    身代わり持ちに対する有効打
     ぐんそー氏のリピボ級レンタルPTでの技採用率をまとめたランキング記事(https://note.com/sergeant118/n/n64e5d145798e)によると、最も採用されている技は「みがわり」で、採用率は9.68%と判明した。つまり「みがわり」貫通出来るこの技も重要と言えよう。


    ワイドブレイカー 威力60(135) 命中100 PP15 DM威力110(247)
    効果:相手全体が対象。100%の確率で相手のA段階下降

    物理耐久型のメイン火力、及び他の型にサブとして忍ばせて後続サポートに使ったり。
    相手2体に当たるのでダブルバトルやマルチバトル用のレジドラゴには積極採用したい。

    ☆特殊

    ドラゴンエナジー 最大威力150(337) 命中100 PP5 DM威力150(337)
    効果:相手全体が対象。ダメージ計算式は150×自分の残HP÷自分の最大HP

    レジドラゴが使う技の中で最大威力の技。しかし同時に最も警戒される技でもあるので相手のスカーフ奇襲や先制技の存在に最大限注意を払って使おう。
    性質上こだわり型での採用がメインになるが、「ダイドラグーン」にした際の火力も最大である為、「スケイルショット」からダイドラゴンエナジーに繋ぐことも考えられる。
    ちなみにHPが57%以上残っていれば、「りゅうのはどう」以上の威力が出る。


    りゅうせいぐん 威力140(315) 命中90 PP5 DM威力140(315)
    効果:攻撃後、自身のC2段階下降

    自身のHPを気にせず撃てるので「ドラゴンエナジー」より使いやすい。ただC2段階下降の隙をどうするかが課題となる。課題解決には両刀型での採用、だっしゅつパックの利用、「きあいだめ」or「とぎすます」との併用をオススメしたい。
    まさかの物理受けが多発する種族統一戦においては両刀にすることで有効にはたらいてくれることも多い。
    DM特殊型のメインウェポンとしても有用(「ドラゴンエナジー」はDM解除後に使いづらい為)。


    りゅうのはどう 威力85(191) 命中100 PP10 DM威力130(292)
    効果:通常攻撃

    他の特殊技の癖が強いので「ドラゴンクロー」よりは有効にはたらく場面が多いだろう。
    特にこだわり型の場合は上記2つの特殊技との併用を強くオススメする。
    他には耐久型、みがわりorこらえる木の実型、両刀型などで。サブウェポンが乏しい為気軽に入れられる。


    りゅうのいぶき 威力60(135) 命中100 PP20 DM威力110(247)
    効果:30%の確率で相手をまひ状態にする

    メイン編に書いたが、どちらかと言うとサブに入れたほうが良い技。
    あらゆる型にサブとして入る余地がある、まひによる無限の勝ち筋を得られる技。
    レジドラゴは怯み効果のある技を5種(+王者の印スケイルショット)覚えるので好きな技と組み合わせて使おう。
    後述の「たつまき」と合わせると特殊竜技のみによるまひるみが可能。


    たつまき 威力40(90) 命中100 PP20 DM威力90(202)
    効果:相手全体が対象。20%の確率で相手を怯ませる

    「りゅうのいぶき」と共にサブウェポン的な使用をする技。レジドラゴは変化技に乏しい為、この技の怯みに最後の望みを賭けるような場面もある。
    ただ威力が相当低いのと、苦戦する状況は主に対フェアリー(ミストフィールド)が多いので有効に使える場面は少なかった。
    相手全体に当たる怯み技と言う性質上、種族統一マルチバトルやダブルバトルでの役割が主かも知れない。ちなみに相手2体の内、最低1体が怯む確率は36%である。

    <サブウェポン編>
    ☆物理

    だいばくはつ(ノーマル) 威力250 命中100 PP5 DM威力150
    効果:自分以外全員が対象。使った後、自身がひんし状態になる

    対フェアリー最終兵器。困ったら爆発しよう。
    A252振り且つハチマキを持つ(orA1段階上昇)ことで、H252振りマリルリが確1になる火力は出る。
    他にはDM物理型や壁張り型に入れると有用だろう。相手のDM技を透かす動きも出来る。
    撃った時の文章の表示速度が外した時と一緒なので毎度びくびくしてしまうのは、筆者だけだろうか。


    あばれる(ノーマル) 威力120 命中100 PP10 DM威力140
    効果:2-3ターン連続で攻撃した後、自身がこんらん状態になる

    対フェアリーメインウェポン。困ったらあばれよう。
    A252振り且つハチマキを持つ(orA1段階上昇)ことで、H252振りマリルリが99.6%の乱2になる火力は出る。
    相手がミストフィールドを張ってくれれば混乱せずに済むと言う地味なシナジーもある。
    「だいばくはつ」と違って「りゅうのまい」やピンチ木の実と合わせやすい。


    からげんき(ノーマル) 威力70 命中100 PP20 DM威力120
    効果:自身がどく、まひ、やけど状態の時、技の威力が2倍になる

    対フェアリーになり切れていない技。理由はミストフィールドを張られると状態異常になれないから。ちなみにねむねご「からげんき」をしても「からげんき」の威力は上がらないので気を付けよう。
    サブウェポンとして見た時、火傷げきりんの威力が135で、2倍からげんきが140なので採用する場合は変化技との兼ね合いで考えよう。


    のしかかり(ノーマル) 威力85 命中100 PP15 DM威力130
    効果:30%の確率で相手をまひ状態にする。「ちいさくなる」を使用した相手には威力2倍

    まひ技としては「りゅうのいぶき」と選択。
    対フェアリーをまひるみしようとすると「のしかかり」+のどスプレー「いびき」でもしなければいけなくなる(キバ技は怯み率が心許ない)。ちいさくなるピクシーやプクリンにこの技を当てられたら爽快かも知れない(わざわざちいさくなる戦法をするだろうか・・・)。


    はさむ(ノーマル) 威力55 命中100 PP30 DM威力110
    効果:通常攻撃

    レジドラゴ最弱の攻撃技。最弱であることに意味があり、例えば、マルチバトルの際に、
    「きあいだめ」or「とぎすます」をして、特性いかりのつぼ持ちの味方をフルパワーにすると言った使い方がある。
    また最弱のダイアタックで相手のDMアタッカーのS上げを阻害しつつ、その後、壁張りして起点にする使い方も。
    ノーマル技はじゃくてんほけんと絡められないのが残念である(弱点を突ける中で最弱は「かみつく」か「げんしのちから」)。


    ほのおのキバ(ほのお) 威力65 命中95 PP15 DM威力120
    効果:10%の確率で相手をやけど状態にする。10%の確率で相手を怯ませる

    「ダイバーン」としての利用法は当該項目参照。
    レジドラゴで唯一やけど状態に出来る技なので、HB型にでも・・・いや、さすがに10%は運ゲー過ぎるか・・・。2倍晴れほのおのキバは威力194となる為、等倍ドラゴンクロー(180)より威力が高くなる。


    かみなりのキバ(でんき) 威力65 命中95 PP15 DM威力120
    効果:10%の確率で相手をまひ状態にする。10%の確率で相手を怯ませる

    「ダイサンダー」としての利用法は当該項目参照。
    単体でまひるみ効果が完結していることにはロマンを感じる。2倍フィールドかみなりのキバは威力168となり、等倍ドラゴンクローより威力が低いことには注意。


    アームハンマー(かくとう) 威力100 命中90 PP10 DM威力90
    効果:攻撃後、自身のS1段階下降

    きしかいせい(かくとう) 威力20-200 命中100 PP15 DM威力100
    効果:威力不定(後述)

    鋼対策や「ダイナックル」に活用出来る優秀なサブウェポン。
    尚、DM威力を見て分かるようにDM全抜き型には「きしかいせい」の方が良い。
    ちなみにH無振り時(最大HP275)のきしかいせいダメージ表は以下の通り
    残りHP1≦威力200≦10
      11≦威力150≦28
      29≦威力100≦57
      58≦威力80≦97
      98≦威力40≦189
      189≦威力20


    かみつく(あく) 威力60 命中100 PP25 DM威力110
    効果:3割の確率で相手を怯ませる

    かみくだく(あく) 威力80 命中100 PP15 DM威力130
    効果:20%の確率で相手のB1段階下降

    鋼/エスパー、鋼/ゴースト、ゴースト/フェアリーに対して最も威力の高い物理技が「かみくだく」である。
    「かみつく」はレジドラゴのもつ怯み技の中で最も怯み率が高いので、戦い辛い相手へのお祈りねこだまし感覚で使おう。


    ギガインパクト 省略

    上述したノーマル技と比較して中途半端感が否めない。
    見た目は格好良い。


    じばく 省略
    「だいばくはつ」の劣化で使い道無し。
    エフェクトも劣化っぽい(※筆者の感想)。

    ☆特殊

    はかいこうせん 威力150 命中90 PP5 DM威力150
    効果:使用した次のターンは行動できない

    まともな威力の特殊サブウェポンはこれだけ(ゲームフリークの露骨な調整)。
    DM特殊型には必ず入るだろう。
    「どうせフェアリーに通る技は物理技しかないんでしょ」とBを積んでくるフェアリータイプに対しては、「きあいだめ」後にDMしてこの技を乱射するより他ないであろう。


    りんしょう 威力60 命中100 PP15 DM威力110
    効果:省略

    種族統一戦においては、のどスプレーと併用して攻撃しながらCを上げる積み技として扱われている。ただ、レジドラゴは特殊技の撃ち分けをしたい場面が少ないので、基本はこだわりメガネで事足りてしまう。
    相手を倒しながらCを上げた後、DMに繋げられれば、しっかりメガネとの差別化が出来る。


    いびき 威力50 命中100 PP15 DM威力100
    効果:自身がねむり状態の時のみ使える。30%の確率で相手を怯ませる

    のどスプレー発動に使えなくもないが、レジドラゴがこの技に頼らざるを得ない対戦は、おそらく勝機が薄いと思う。


    げんしのちから 威力60 命中100 PP5 DM威力110
    効果:10%の確率で自身のABCDS1段階上昇

    「ダイロック」としての利用法は当該項目参照。
    貧弱な特殊サブウェポンの中で輝いて見える技。あらゆる技の中でこの技の追加効果程ロマンを感じるものも無いだろう。
    ねむねご型に採用したり、アタッカー型に忍ばせておいて、相手が隙を見せようものなら積極的におみくじをしていこう。

    <変化技編>


    ひかりのかべ PP30 効果:5ターンの間、相手の特殊攻撃ダメージを半分にする
    リフレクター PP20 効果:5ターンの間、相手の物理攻撃ダメージを半分にする
    両壁張れるのはとてもありがたい。りゅうのまい型やじゃくてんほけんDM型のサポートに。
    壁を張ったらそのまま攻撃に転ずるなり、「だいばくはつ」で後続に繋ぐなり。


    りゅうのまい PP20 効果:自分のAS1段階上昇
    レジドラゴの生命線その2。今作はまひの効果がS半減のお陰で2回舞えば元のSに戻れるのがありがたい。壁、ねむねご、「みがわり」などと併用して詰めていこう。


    きあいだめ PP30 効果:自身の急所ランクが2段階上昇
    とぎすます PP30 効果:自身の次のターンの攻撃技が急所に当たる
    相手の積み耐久型を崩す手段となる。PT全体にどちらか採用しておいて損はない。
    特に「りゅうせいぐん」との相性は抜群である。
    ちなみに「きあいだめ」1回で急所率5割。それにピントレンズorサンのみ発動で確定急所となる。レジドラゴには急所に当たりやすい技がないのが残念。


    こらえる PP10 効果:先制(+4)、そのターンにひんしになる攻撃を受けても自身のHPが1残る
    ピンチ木の実(主にカムラのみ、ヤタピのみ、イバンのみ)発動や相手のDMターン枯らしに利用できる技。こらえた後に、先攻で「だいばくはつ」が出来れば、DM技透かしも出来る。


    ねむる PP10 効果:自身をねむり状態にし、HPと状態異常を全て回復する。その後、ねむり状態は2ターン続く
    ねごと PP10 効果:自分がねむり状態の時のみ使用可能。自分が持っている「ねごと」以外の技の内1つをランダムで使う
    レジドラゴの唯一の回復技だが、ミストフィールドを張られると使えないのが痛い。
    エレキフィールドが張られづらいのは助かるところ。
    ねむねご耐久型をしたい時に一緒に使えそうな技は「ワイドブレイカー」、「りゅうのいぶき」、「げんしのちから」、「りゅうのまい」など。
    BDを上げたければアッキのみやタラプのみを活用すると良いだろう。
    運に自信があれば、スターのみを使うと言う選択肢も?


    みがわり PP10 効果:自分のHPを最大HPの1/4だけ減らして自分の分身を作り出す
    ありとあらゆる用途に使える万能技。レジドラゴのH無振り時の最大HPは275もある為、みがわりのHPは68にもなる。その為、耐久に振れば相手の耐久型の攻撃を耐えてくれたりしてとても便利。
    「みがわり」の活用法は各人既にノウハウがあると思うので今回は省略させていただこう。


    まもる PP10 効果:先制(+4)、そのターン全ての相手の技を受けない(一部例外あり)。DM技は貫通し、1/4のダメージを受ける
    レジドラゴにおいては採用優先度が低い。使うのは、相手のDM技を1/4で受けてじゃくてんほけんを発動させたい時くらいだろう。


    3.終わりに

    ご覧の通り、技は少ないながらも押さえるところはしっかり押さえられており、楽しい性能のポケモンです。
    勿論、フェアリータイプを中心に苦手なポケモンは多いですが、その分得意なポケモンも多いです。火力狂には堪らないポケモンだと思うので是非とも使ってみてください!
    現在、リピートボール級においては私を含めた2名のレジドラゴ統一トレーナーがおりますが、これを読んでいる方の中に、ストーリー周回して、レジドラゴをまずは3匹集めて、リピートボール級に潜ってみたいと言う方が現れたら幸いであります。


    (付録1)フェアリータイプ以外でダイフェアリーが使える最終進化ポケモン50音順リスト
    ※括弧内は物理・特殊の別。基本的に威力130だがそれ以外の場合は威力を付す。
    ア行・・・アグノム(物特)、アブソル(物)、アマージョ(物特)、イエッサン♂♀(物特)、ウインディ(物)、ウツロイド(特)、エーフィ(特)、エムリット(物特)、エルレイド(特)

    カ行・・・ガチゴラス(物)、Ktギャロップ(物)、キレイハナ(物特)、クレセリア(特)、ゲンガー(特130)

    サ行・・・ザマゼンタ通常・王(物特)、ジジーロン(物)、ジラーチ(物特)、シンボラー(特)、スカタンク(物)、スターミー(特)、ゼラオラ(物)、セレビィ(特)

    タ行・・・ダイオウドウ(物)、タブンネ(特)、チェリム(物特)、チラチーノ(物特)、チルタリス(物特)、ツンベアー(物)、デンジュモク(特)、ドククラゲ(特)、トゲデマル(特90)、ドラミドロ(物)

    ナ行・・・ニャイキング(物)、ニャオニクス♂♀(物特90)、ネイティオ(特)、ネンドール(特)

    ハ行・・・バクオング(特90)、バタフリー(特100)、バドレックス(特100)、ハピナス(特)、バリコオル(特)、パルスワン(物)、パンプジン(特)、ビクティニ(特)、フーディン(特)、フォクスライ(物)、ブルンゲル(特)、Kt&Aペルシアン(物)

    マ行・・・Hマッスグマ(物)、ミミロップ(物)、ミュウ(物特)、ミルタンク(物)、ミロカロス(特90)、ムーランド(物)、ムシャーナ(特)、モスノウ(物特)

    ヤ行・・・ヤミラミ(特)、ユキメノコ(特100)、ユクシー(物特)、ヨルノズク(特)

    ラ行・・・Kt&Aライチュウ(物特100)、ラフレシア(特)、ランターン(特)、ルージュラ(特100)、ルガルガン昼夜黄昏(物)、ルナアーラ(特)、ルナトーン(特)、レパルダス(物)、レントラー(物)、ロズレイド(特)、ロトム(特90(配布のみ))

    ワ行・・・なし


    (付録2)フェアリーポケモンのダイフェアリー物理・特殊どっちリスト
    ※括弧内の書式は上表と同じ。
    ア行・・・アシレーヌ(物特)、アブリボン(物特)、オーロンゲ(物特)
    カ行・・・カプ・コケコ(特)、カプ・テテフ(物特)、カプ・ブルル(特)、カプ・レヒレ(物特)、Aキュウコン(特)、Gギャロップ(物特)、キュワワー(物特)、クチート(物特100)、クレッフィ(物特)
    サ行・・・サーナイト(特)、ザシアン通常・王(物特)、ゼルネアス(物特)
    タ行・・・デデンネ(物特)、ディアンシー(物特)、トゲキッス(物特)
    ナ行・・・ニンフィア(物特)
    ハ行・・・Ktバリヤード(特)、ピクシー(物特)、プクリン(物特)、ブリムオン(物特)、フレフワン(特)、ペロリーム(物特)
    マ行・・・マギアナ(特140)、マシェード(特)、Gマタドガス(物特)、マホイップ(物特)、マリルリ(物特)、ミミッキュ(物特)、メレシー(特)
    ヤラワ行・・・なし

    (参考動画・文献)

    ・とも湯さん:【小話】トランジスタ&りゅうのあぎとを検証(https://www.youtube.com/watch?v=q3gS624CPJk
    ・ぐんそーさん:リピボ級レンタルランキング(https://note.com/sergeant118/n/n64e5d145798e
    ・ポケモン徹底攻略さん(https://yakkun.com/


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。