ニコニコ超会議で展示してみた 5of5
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコニコ超会議で展示してみた 5of5

2016-04-13 02:20
    5of5 エピローグ
    ⦁ abst.
    感謝。準備。反省。心構え。
    ⦁ 謝辞
     ニコニコ超会議に3回参加して、その間にとても多くの方にお世話になった。直接、行動を共にした方でも十数人になるし、お会いした方・間接的にお世話になった方は3~4桁に上るだろう。そうでなければここまで来れなかった。改めてお礼申し上げます。少しでもお礼の足しなればと思ってここまで述べてきたが、最後にまとめておきたいと思う。もっともここに書いてある事は全てではないし、読者に当てはまるかもわからない。参考程度にしてほしい。
    ⦁ 下準備
     企画を考え始めてから前日まで、自分の場合は半年くらい見積もっている。半年前に思い付きを固めて、4か月前くらいに主なメンバーにオファーをかける。2か月前までに企画の概要を決定して微調整を終わらせておき、1週間前までに手続きは済ませる。当日はただ、スケジュールに従って動くだけで済むようにする、というのが定石だ。本当は当日、僕はただ立って質問に答えるだけというのが理想だ。が、そこまで大人数になることもないのでこだわってはいない。手続きを僕が一括して行い、「自分にいつでも(いちいちどこにいるか探さずに)質問できて、即答できる体制を整える」のが役割だからだ。もちろんイベントの流れは全員に伝えるが、伝えきれない部分もでてしまう。
     5W1Hに沿って考える、というのも前に述べた。イベントというのは多岐にわたるルールや考え事がある。それを整理しておかないと混乱するし、必要な伝達事項が漏れる可能性も高くなる。加えて言うなら、頭の中で時系列の表にして「~までにこれを(5W1Hで)しておく」というのを把握できるようにしておくと良い。
     たびたび述べている通り、トラブルは起きるものだ。「手続きができていない」「荷物・展示物に不備がある」「参加者の扱いで壊れる」のはしょっちゅうだ。最終手段として紙だけで説明できるよう準備しておく、というのはいつも感じている。あとは養生テープ。DIY店やホームセンターで売っているものだが、梱包から展示品の固定、破損部分の補修まである程度使える。適度な粘着力で扱いやすいので、常に一本忍ばせている。もちろんガラス面など、貼る場所によって跡がつくこともあるので注意が必要だ。
    ⦁ 当日の注意
     当日、注意することはそこまで多くない。強いて言うなら自分の体調管理と、来場者のケガなどだ。しかし超会議2・3で大きな企画をした時は、自分のブースの目の前で人の滞留が起きて立ち入り禁止にしている場所に入りこみそうになり、非常に神経を使った。できればスタッフの増員をしたいところだが、確たる必要もないのに増やすわけにもいかない。そうなると必要なのは「起きそうになるのを察知する」だろう。立ち止まっている人(写真を撮る人)がいたり、集団(グループで回っている人)が通り過ぎると「壁」ができやすい。その前に声をかけるのがベストだが、できた直後なら「立ち止まらないでください」とはっきり声を出せば何とかなることが多い。これは人に向かって言う必要はない。駅員のように「場」に向かって声を投げかけるだけだ。ここまでは応援企画の話。一般に、自分のブース外に手を出すのはやめておく。そこでトラブルになるとややこしいからだ。自分のブースと周りだけ守っておいて、それ以外は責任者に問い合わせよう。一つアドバイス。周りの人や管理者へ、到着したらすぐに挨拶する。いざという時に声をかけやすいからだ。
     トラブルの回避手段は用意しておく。それでも歯が立たないこともある。そういう時でも、壊れたものでもいいから展示する。技術部などつくってみた系を見に来る来場者は「わかっている人」がほとんどなので、反省は必要でも心配する必要はない。直前まで何も問題がなかったのに、始まると動かなくなるのはロボコンでも超会議でもステージでも同じだ。壊れたものでも、僕はその原因を知りたいと思うし、壊れることが悪いことだとも思わない。

     失敗したとき、嘲笑う人は必ずいる。確かに的を得ていることも多いし反省する必要はあるが、それを気に病む必要は全くない。

     あなたは素晴らしいものを展示しているのだから。
     
     伝えたいことはざっとこんなものだろう。全5回に渡る長文を読んで頂きありがとうございました。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。