1/1空挺戦闘車の紹介。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

1/1空挺戦闘車の紹介。

2014-03-25 10:00

    はじめまして。(超会議2でお会いした方はこんにちは。)verdeと申します。
    ニコニコ超会議3まで、残すところ1か月となりました。超会議でブースをより楽しんでいただくために、何回かに分けて、展示物の紹介をしたいと思います。
    一回目は、「プラモデルを1/1で作る会」ふじもとさんにお願いしました。


    プラモデルを
    1/1で作る会の作品第3

    ドイツ連邦陸軍現用の空挺戦闘車両、"Waffentrager WieselⅡ Ozelot"1/1模型の紹介。


    「プラモデルを1/1で作る会」という名前からよく誤解されるが、

    決して「1/1のプラモデル」を作っているワケではなく、

    プラモデルを基に、スケールを1/1にした金属模型を製作。


    ただ形を作るだけでは面白くないので、可動ギミックは可能な限り採用。

    農業機械(コンバイン)1.5Lディーゼルエンジンと油圧式無段変速機を移植して、自走&超信地旋回(*1)が可能・・・

    だが、自作の足回りが弱いので何回も破損。 今後の改良が必要。


    ヘッドライトやテールランプなどの灯火類も全て点灯可能。

    一部を除いてドイツから取り寄せた本物の部品を使用している。


    後部のランチャー(ミサイル発射器)はラジコンで作動。

    ニコニコ超会議3では、臨時の射的用ランチャーを搭載。

    将来的にはペットボトルロケットを発射できる仕様で、

    ランチャー展開~発射までのシークェンスのデモをやってみたい。


    製作の発端は2011年の冬。

    本来は戦車大好きな当会主宰の大橋が、

    1/1模型としてはガンダムジープしか作って作っていないことに飽き足らなかったのか、

    「履帯(=キャタピラ)を手作りしたい。」と言い出した。 

    どうやら四国の方が作られたドイツの3号戦車模型が某TV番組で紹介されたのを観たらしい。

    ただし、自宅ガレージで作業できるサイズでないと1/1で作れないことから、

    ヴィーゼル空挺戦闘車を選択した次第。

    以後、一家総動員法による家内制重工業がスタート。今日に至る・・・

    *1:左右の履帯を逆方向に回して、その場で方向転換をすること。


    文責:ふじもと@プラモデルを1/1で作る会


    参考動画





    ニコニコ運営支援企画|ニコニコ超会議3 http://www.chokaigi.jp/2014/booth/nicounei_shien.html


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。