大型連休~レイヤーさん撮影に挑む(その2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大型連休~レイヤーさん撮影に挑む(その2)

2018-05-09 00:28
    こんにちは。
    ということで、前回の続きとなります。

    ■サンライズクリエイション
    東京ビッグサイトでの同人誌即売会で、連休最終日の5月6日(日)に東4ホールだけを使って行われた合同イベント(対象は「砲雷撃戦!よーい!」「ぱんっあ☆ふぉー!」「蒼月祭」「フレンズチホー」「アズレン学園購買部」など)です。ちなみにこの日は東方の「博麗神社例大祭」が東1~3・5・6ホールを使って行われていました。
    このイベントのコスプレ撮影は登録制で、カタログ購入を通じた入場料金とは別に撮影登録時に1,000円の料金が発生します。登録時に付与される許可証を携行し、退出時に返却する必要があります。
    ※珍龍オルタ様のtweetより、右手を伸ばすポーズの写真が当方撮影のものです。【2018.05.09追加】
    ※撮影場所の関係から、カメラ本体内蔵のストロボを使用しました。

    撮影に使用した機材は以下の通りです。その1の時と同じです。
    ●カメラ:Canon EOS 7D Mark II
    ●レンズ:SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

    APS-Cクラスの一眼レフデジカメに装着するレンズとして超広域レンズがあり、このレンズ1本で様々なシーンの撮影ができます。超広域レンズはSIGMAやTAMRONから比較的手頃な価格帯で複数リリースされていることもあり、こうしたレンズが威力を発揮します。
    フルサイズのデジカメだとボケが強く出せたりして醍醐味が広がりますが、反面で超広域レンズがラインナップに乏しく、一般的に70-200mmや70-300mm、100-400mmというように中~望遠系のレンズを使用することとなり機動性が落ちるデメリットを持っています。
    またストロボ関係ですが、本体内蔵のものを使用していますがなるべく使用しない範囲で撮影しました。

    撮影にご協力頂いたレイヤーの皆様、誠にありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。