Canon EOS Kiss X7を購入してみた その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Canon EOS Kiss X7を購入してみた その1

2014-01-20 23:22
    皆様こんにちは。
    今回は久しぶりにデジカメのお話です。

    ニコニコ動画では車載動画をメインにしながら、2011年の段階で動画撮影をビデオカメラから一眼デジカメに乗り換えて以降、デジカメを4台持っているのですが、「この1台はボディーだけでも良いから欲しい」という物欲熱からCanon EOS Kiss X7を購入してしまいました。

    最も筆者はCanon EOS 7Dを持っているのでボディーだけの購入です。しかし比較してみるとホントに小型軽量であることがわかりますね。


    ボディーは一回りも二回りも小さく、重量も約370g。EOS 7Dのボディー単体重量が約820gですから半分以下の軽さです。では車載撮影のメインとして使っているPanasonic DMC-GH3と比較するとどうでしょうか。並べてみました。

    シャッターボタンなどのグリップの位置がGH3よりも低い位置にまとめられていますが、外見上の大きさは同じ塩梅という所でしょう。ただGH3の重量は約470gとマイクロフォーサーズのカメラでは重い部類に入るので判断は難しい所でしょうが、このGH3よりも軽量に仕上げた所にデジタル一眼レフカメラの置かれた立場を物語っているのかも知れません。

    マイクロフォーサーズなどの「ミラーレス一眼デジカメ」はカメラ内部のレフ板を省略したことで小型・軽量化が計られ、レンズも合わせて小型軽量となったものがメインになっています。ミラーレスカメラのシェアは決して上向きではないと報じられているものの、CanonもNikonもデジタル一眼レフカメラだけでなくミラーレス一眼をリリースしている所を見ても、関心無しではいられない所に来ているのです。

    重量約370g。ボディーの軽量化が達成できても装着するCanon EF/EF-Sマウントレンズは軽量なものでも200g以上はありますし、TAMRONやSIGMAなどのレンズになれば普通に400~600gの重量となるので、軽さをアピールするには迫力不足かもしれません。しかしこうしたレンズ資産が使える強みは計り知れないものがあると思います。

    次回はこのEOS Kiss X7で車載撮影に挑むにあたってのお話を書こうかと思っています。
    それでは、また。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。