Dev 情報提供文書/HEAT&HESH
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Dev 情報提供文書/HEAT&HESH

2015-12-18 04:21


    http://www.fromthedepthsgame.com/forum/showthread.php?tid=13617&pid=143972#pid143972 ここの画像の必要な部分を適当に訳 HEAT弾にはPenetration(貫通効果)とFragmentation(破片効果)の二つがある Penetration(貫通効果) HEAT弾が爆発するとジェットがARMOUR CLASS METERS(ACM:装甲侵徹距離と呼ぶことにする)分の装甲と空間装甲を通り抜ける HEAT弾頭はいくらかの装甲侵徹距離をもつ 装甲侵徹距離はarmourが1の装甲を通り抜けられる距離のこと 装甲侵徹距離が10ならばarmourが1のブロックを10m通り抜けることが出来るし、armourが10のブロックを1m通り抜けることができる しかしHEAT弾の場合は特別で、armourの代わりに√armourを使う つまり装甲侵徹距離が10ならばarmourが10のMetalブロックを3.16m通り抜けることができる 空間装甲とは2枚の装甲の間の空間のこと ジェットが既に装甲を通り抜けた後なら、armourを20として計算し、そうでないならarmourを1とする つまり3枚重ねた装甲よりも2枚の間に空間を設けたほうが実際強い HEATは慣性信管を使えばシールドで起爆できる ジェットは機体に達し奥まで通り抜ける ジェットが通り抜けたブロック自体へのダメージもある インベントリで確認できるが基本は5% Fragmentation(破片効果) 装甲を通り抜けたHEATのジェットはいくつもの破片をつくる 正確な数はTotalFragments*FractionPenetrationUsedUpInThatLayerとなる 元の破片数×装甲を通り抜けた破片の割合(ここだけ自信なし、Penetration Damageと関係あるのか?) 破片1つはAP10 ダメージ100 60m/s ---- HESH弾にはThump(衝撃効果)とSpalling(破片効果)の二つがある Thump(衝撃効果) HESH弾が表面に命中すると衝撃効果が発生する これは繋がっているブロックにkinetic damageを使い切るまで効果を及ぼす Spalling(破片効果) HESH弾が爆発すると衝撃波が装甲侵徹距離分の装甲と空間装甲を通り抜ける HESH弾頭はいくらかの装甲侵徹距離をもつ 装甲侵徹距離はarmourが1の装甲を通り抜けられる距離のこと 装甲侵徹距離が10ならばarmourが1のブロックを10m通り抜けることが出来るし、armourが10のブロックを1m通り抜けることができる 空間装甲とは2枚の装甲の間の空間のこと 衝撃波は最初の空間装甲に達した時点で止まる HESHがシールドで爆発すると機体にはダメージは全く通らない 衝撃波が最初の空間に達したとき、通り抜けた装甲のarmourの2倍のAPを持つ破片を作る ダメージは100、個数は元の装甲侵徹距離/実際に装甲を通り抜けた距離

    ---------------------------------------------------


    とある人物から今後重要な弾頭(ミサイルにも搭載される予定がある!)に関してのHelp訳文を入手。
    一先ず今日は時間が時間の為一旦検証は保留。

    HEATの謎やHESHの不遇具合は明日・・・いや今日か、の夜にでも。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。