【SM5】対面+ビビペッタ【最高1934/最終1910】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【SM5】対面+ビビペッタ【最高1934/最終1910】

2017-09-12 20:38




    どうもこんにちは。TNよいちでレート対戦をやっております、よいちと申します。
    今回、初めて構築記事を書きます。
    2000達成できていない弱小トレーナーの記事ですが、
    自身の最高レートを更新できた記念に書かせていただきます。
    拙い・読みにくい文章かとは思いますが、ご容赦ください。


    【構築経緯】
    普段から仲良くさせていただいているskypeのメンバーと
    「S5はメガジュペッタを開拓しよう」という話になっていたので、ジュペッタ入りは確定。
    ジュペッタを使う場合、裏に強力な嵌めポケを置いておくのが強いと考えました。
    ジュペッタで1:1もしくは1:2交換し相手の頭数を減らし、嵌めポケで悠々と嵌めることで
    勝っていくというムーブですね。
    何より対戦相手に不快感を与える戦術が好きなので嵌め戦術で行こうと決めました。
    ということで、上から眠らせられる相手なら大体嵌められる+弱体化したとはいえ
    混乱の勝ち筋も拾えるビビヨンを採用。
    ビビヨンはS2,S4で2000越えした志摩さんのブログに感銘を受け、
    S3で私自身少し使っていたのもあり、嵌めポケとしては手になじんでいました。
    次にビビヨンの起点作りもでき、対面性能の高さから自分でも殴りに行ける
    封じガルーラを採用。
    ジュペッタ+起点要員+ビビヨン or 封じガルーラ+ビビヨン
    をコンセプトに、対面寄りの選出もできるように調整していきました。


    【PTメンバー】※9/26追記あり


    NN:あずまりん
    ジュペッタ@ジュペッタナイト
    特性:おみとおし → いたずらごころ
    性格:いじっぱり
    ステ(メガ後):171(252)-210(44)-96(4)-x-129(204)-96(4)
    技:みちづれ/ダストシュート/シャドークロー/ちょうはつ

    基本的には初手で投げて1:1もしくは1:2交換で相手の頭数を減らす要員。
    起点構築っぽい相手に投げて展開阻害に使ったりもしました。
    お見通しによってざっくりですがポケモンの型を予想したり、
    後々の展開を考えたりできるのも強かったです。
    CSメガゲンのシャドボを耐えてシャドクロで刈り取る調整ですが、
    改めて計算したらCSメガゲンのシャドボが43.8%の中乱数でした。失礼しました。
    一発で沈んだことなかったのでHSだったか運が良かったんですかねぇ・・・
    初陣で素催眠されたのでその後はちょうはつから入ることが多かったです。
    影打ちが欲しい時もありましたが難しいところ。
    道連れメガゲンとの違いとしては、スカーフ奴相手でも道連れできる点でしょうか。
    逆にジュペッタの場合、道連れする相手を選びにくいというのが難しい点だと感じました。



    NN:ZZビビアンZZ(ZZは睡眠マーク)
    ビビヨン@たべのこし
    特性:ふくがん
    性格:おくびょう
    ステ:177(172)-52-99(228)-110-70-135(108)
    技:ねむりごな/みがわり/ちょうのまい/ぼうふう

    相棒枠。でも配置は右上。
    眠り粉や蝶の舞を使った時の紙吹雪的なふぁさー的な何か(おそらく鱗粉)がとても綺麗。
    ジュペッタで頭数を減らした後の嵌め要員。
    最速70族抜きかつ身代わりが意地ミミッキュの影打ち確定耐え、
    不一致イカサマ高乱数2耐えの調整。
    前述の志摩さんがS4で使っていた調整をお借りしました。
    呪いを持っていないミミッキュには基本的に負けません。
    Z電磁波プレッシャーサンダーや毒まもドランを激戦の末起点にして突破した神ビビヨン。



    NN:Sacred Alma
    ゲッコウガ@きあいのタスキ
    特性:げきりゅう
    性格:おくびょう
    ステ:147-x-87-155(252)-92(4)-191(252)
    技:ねっとう/こごえるかぜ/みずしゅりけん/ちょうはつ

    起点作り要員としての性能と対面性能を両立できないかと思案して誕生した個体。
    激流状態での水技の火力は熱湯だとしても馬鹿になりませんでした。
    挑発は全く読まれませんでしたね。
    熱湯火傷がビビヨンの動きを阻害しないかとも思ったのですが、
    ビビヨンを通す選出の場合は、ゲッコウガでどうしても処理したい相手以外には
    基本的にこご風連打だったので問題ありませんでした。
    むしろ火傷が後述のウルガモスの起点作成に役立ったこともあったので、
    これで良かったと思います。
    対戦相手のゲッコウガの特性が発動したか、何タイプになったかはちゃんと確認しましょう。
    おかげでスカーフテテフにサイキネ撃たれてアドだったり、クレセを何もさせずに
    突破したりしました。



    NN:アレグリア
    ウルガモス@ノーマルZ
    特性:ほのおのからだ
    性格:おだやか
    ステ:191(244)-x-99(108)-156(4)-143(36)-135(116)
    技:ちょうのまい/ほのおのまい/はかいこうせん/はねやすめ

    耐久に割いたウルガモス。
    この調整も志摩さんがS4で使っていたものをお借りしました。
    ナットレイ、テッカグヤがとても多かったのでビビヨンよりも
    この子を通す選出をすることが多かった気がします。
    シンプルに強かったのですが、HDボーマンダが流行っていたらしく、
    +2Z破壊光線が耐えられた時は絶望しました。



    NN:Raven'n Yang
    ガルーラ@ガルーラナイト
    特性:きもったま → おやこあい
    性格:いじっぱり
    ステ(メガ後):209(228)-189(212)-121(4)-x-122(12)-127(52)
    技:すてみタックル/ほのおのパンチ/グロウパンチ/がんせきふうじ

    パワー系母娘。
    本来この技構成の場合だと岩石封じの枠が不意打ちである場合がほとんどだと思いますが、
    当初のコンセプト通り岩石封じを採用。
    実際はガルーラで起点を作ってビビヨンを通す動きはあまりありませんでしたが()、
    自身の対面性能が上がっていたのでそれはそれで良かったです。S2段階下降が強すぎる。
    意地メガマンダの+1捨て身耐え、S-1最速メガマンダ抜きの調整。
    威嚇が入っていなければ岩石封じ+捨て身でそんなに耐久に振ってないマンダに勝てます。
    特殊方面ではコケコのEF下Z10万まで耐えます。
    グロパンを見せていると不意打ち透かしのムーブを取られることがありましたが、
    それ読みの岩石封じで次ターンに上から殴り倒せたので、騙し要素としてもなかなかでした。



    NN:どうけし
    ミミッキュ@フェアリーZ
    特性:ばけのかわ
    性格:いじっぱり
    ステ:151(164)-140(140)-125(196)-x-126(4)-117(4)
    技:じゃれつく/かげうち/つるぎのまい/のろい

    レートが上の方の界隈で流行っていたと噂のABミミッキュ。
    意地メガバシャのフレドラやら意地メガマンダの恩返しやらを耐えつつ、
    DL対策もできている素晴らしい調整。
    その分火力が陽気ミミッキュ並みに落ちてますが、やることは大体剣舞+Zじゃれだったので
    倒したい奴は倒せました。鋼がゲロいので呪いをシャドクロにするのも一考ですが、
    呪い自体も使い勝手は良かったのでどっちもどっちですね。


    【選出・立ち回り】
    基本的には初手ジュペッタで無理やり相手の頭数を減らし、
    ゲッコウガで起点を作ってビビヨンで嵌めるかウルガかミミッキュで舞って詰める。
    対面選出が通しやすそうなときはゲッコガルミミッキュorウルガ。
    ナットがいない低速サイクル相手にはゲッコガルビビヨン。
    やることが決まってるのでシンプルで大変よろしいですね。

    きつかったのは、
    ミミロップ入り
    ガルクレセドラン(というかガルーラ)
    ヒードラン入り全般
    ポリクチミミッキュ
    ジャローダ展開
    雨パ
    吠えてくる奴ら
    霊獣ランドロス
    辺りです。
    ヤミラミもしくはヌメルゴン入りの受けルも苦しいですが1回しか当たりませんでした。
    ポリクチミミッキュには本来なら勝ててもおかしくないと思うんですが、
    私自身の立ち回りの甘さが際立つ対戦になってました。

    【感想】
    今期は自身の最高レートを更新できたり、終盤に1800帯に長く居座ることができ、
    初心者の私にとってはとても有意義なシーズンでした。
    もちろん2000に乗せられなかったのは悔しいですが、
    今期の対戦経験は確実に今後に活きると思います。
    また、ビビヨン使いの方々とtwitterで繋がることができたのもとても嬉しかったですね。
    皆さんでビビヨンの輪を広げていきましょう。

    来期もビビヨンは使おうと思っていますが、ジュペッタはまだわかりませんね。
    とはいえビビペッタ自体は相性悪くないと感じたのでアリだと思います。

    来期はSM単環境のレート対戦としては最終シーズンになるんでしょうね。
    2000に乗せてすがすがしい気持ちでUSUM環境に移れるよう、がんばります。


    一応最高/最終画像貼っておきますね。(写真綺麗に取れてないですが許してください)









    スペシャルサンクス
    ビビヨンのすばらしさを教えてくれた志摩さん
    構築の知恵を貸してくれるskypeのメンバー

    何かあればtwitterかコメントでどうぞ。
    @yoichi_vivi


    ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
    それでは。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。