• 本日の映画「ザ・ミッドナイトマン」

    2019-06-21 06:001時間前
    おはようございます。本日の映画「ザ・ミッドナイトマン」
    2017年、アメリカのホラー映画になります。

    アレックスは幼き頃に母親を亡くして1人祖母の世話をしながら
    生活をしていました。しかし、祖母は事あることにアレックスに当たり散らす
    ようになる。ある日、屋根裏部屋でとある箱を見つける。それはゲームで
    アレックスとマイルズは始めてしまう。ミッドナイトマンとの恐怖のゲームが
    始まる。

    この手の作品はルールが定められていてそれがあるからこそ面白く
    なります。でもミッドナイトマンは負けず嫌いな性格で容易に曲げてしまう。
    何でもありのゲームとはつまらないものである。そもそも主催側は自由に
    出来る訳だから卑怯とかないんですよね~。冒頭の最初のゲームの時は
    かなり怖い雰囲気で期待値が高かったのですが...下降気味になっている。
    でもグロ描写、ルール破りのミッドナイトマンは普通に悪くないかな。
    ぶっちゃけ一番怖かったのは祖母ですね。(サイコ臭が漂う

    ミッドナイトマンはどう攻めるかと言うとその人の精神的な恐怖
    を知り崩壊させようとするのだ。つまりは過去のトラウマ利用して
    精神攻撃を与えてくる。非常にエグい、加えてグロ描写が入るので
    演出的には素晴らしいと思う。上記にも書いたけどそれ以上に
    祖母の心の闇がマジでやばかった。都市伝説の怪物ミッドナイトマンよりも
    身近に居る狂った人間が一番怖いのは当然ではあります。
    この作品は雰囲気は抜群に良いのですが、緩いテンポや終始暗い映像で
    何が起こっているか分からないシーンがあるので惜しい映画だな
    と思いました。それじゃあ~
  • 広告
  • 本日の映画「絶海9000m」

    2019-06-20 07:00
    おはようございます。本日の映画「絶海9000m」
    2017年、ポルトガルのシチュエーションスリラー映画になります。

    友人のヨットセーリングに招待された人々は海の航海を
    楽しんでいたが...うっかり梯子を下ろさずに全員海に飛び込んでしまう。
    当然ながらヨットに上がることが出来なくなる。パニックに陥ってしまう。

    何処かで?似た話あったよなと見覚えがある人も居るでしょう。
    「オープンウォーター2」と殆ど同じですね。もしかしたら?リメイク版
    なのかもしれません。その作品にも言える事は観ててイライラしてしまう
    事かな。そもそも馬鹿なノリで身勝手な行為をするヨットの持ち主はクズ
    ですよ。加えて梯子を下ろさずに海に飛び込むんだからフォローのしようも無い。
    話の展開も似たような感じでこのシーンは過去の記憶が蘇りました。
    確かに?海に投げ込まれた状態でヨットに上がれず低体温、体力低下、精神不安定
    とパニックになりどんだけ仲良しでも些細な事から喧嘩をしてしまう恐怖は
    あるけど共感は出来ないんだよなぁ~。(自業自得だし...。

    「オープンウォーター」は2作目までしか知りません。1作目はサメが現れる
    とかでしたが、2作目は「サメかも?」とパニックになるけど全く出てこないw
    基本的に海の恐怖を描いている作品になります。段々と精神が狂ってきて
    喧嘩をして1人ずつ居なくなる様は怖い。でも教訓としてはあまり活用できない
    事ではある。①どんなに仲が良くても馬鹿とは海に行かない②海に飛び込む前には
    梯子を下ろしましょう。②に関しては基本的な事であるからね~w
    終始イライラが収まらない映画ではある。ただこんな事で命を棒に振りたくない
    のでちゃんと確認して生きようと教えてくれます。
    それじゃあ~
  • 本日の映画「ザ・メガロドン」

    2019-06-19 16:00
    こんにちは、本日の映画「ザ・メガロドン」
    2018年、アメリカのサメ映画になります。

    ハワイ沖を哨戒中のアメリカ海軍駆逐艦は沈没したロシア潜水鑑
    を発見し潜水艇で救助に向かうが...海底で巨大なサメと遭遇する。
    海軍VSメガロドンの戦いの火蓋が切られた。

    「MEG・ザ・モンスター」の時期に近い事を察すると分かりますけどw
    完全にメガロドンの波に乗ろうとしたパクリ映画です。
    でも映画の出来はと聞かれればよくあるB級サメ映画のクオリ
    ティをしています。最初からクソ映画だろうなと分かってて
    観たので色々とツッコミを入れながらもそこそこ楽しめた。
    物語はチープでサメのCGは適当で大きい、小さいなどのサイズの
    ぶれがあり過ぎて面白かったw(サメの出番は数分)

    低予算映画でサメをあまり映せないとは言え下手過ぎる。
    サメ映画なのにサメはおまけ程度で基本的にアメリカVSロシアの人間同士の
    戦いやヒューマンドラマがメインになってて終盤にサメは出てくるけど
    どうでもよくなりましたw(オチもチープ過ぎやしないかい)
    B級でも1つでも尖った面白い点があれば良いのにと思えました。
    まぁ、よくあるタイプでしょう。個人的に海軍の大将の生き様が
    めっちゃカッコ良くて痺れました。ヒューマンドラマ性は良い点、
    悪い点はサメ映画としてはそれを求めてないですね。
    アルバトロスのサメ映画マニアなら暇つぶしに騙されたと思って
    観てあげて下さい。それじゃあ~