本日の映画「神様メール」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本日の映画「神様メール」

2017-03-31 06:37
    おはようございます。本日の映画「神様メール」
    フランスの癒し系ファンタジードラマです。

    とあるアパートに暮らしている神とその家族が居ます。
    神は慈悲深いとゆう人々のイメージとは真逆な嫌な性格
    だったのです。自室にあるパソコンで事故、悪戯を起こして
    楽しんでいました。たとえばジャムのぬった食パンは必ずジャム側
    から地面に落ちるとパソコンに書けば下界(人間界)で実際起きるのです。

    そんなある日、神の娘のエアはその父に怒りを覚えて
    居ない間に忍び込みパソコンでリストの人物に死期を知らせる
    メールを送ります。これで神の評価もだだ下がりになる。
    それで家に居れなくなったエアは自分を救ってくれる6人の使徒
    を探す旅に出るのでした。そして、遺言を書かせ新約聖書を作る
    事を目的にしました。

    この作品は新約聖書を書かせる事はあまり意味も無く
    エアが死期を知った人間を探し会いに行って救うのを
    会話、笑い等でユーモアに描いています。映画的に「アメリ」
    のノリに近いですね。

    普通は死期を知ったら人間は絶望して自暴自棄になると
    思うのですが...逆に人生を最高に楽しんでやろうと行動するのです。
    出てくる6人のショートストーリーは合間にコメディ要素も入れていて面白いし
    個々のキャラ、話のオチもユーモアで楽しい。それにエアの癒し感が
    合わさる事でより良くなっています。

    神も下界に下りてエアを探しにくるのですが
    神なのに不運な事に巻き込まれまくるwww
    「俺は神だぞ」と言っても信じられずに今までの悪事に対する
    対価を払っている感じでそれを見るのもまた楽しいっす。
    パッケージはハッピーなイメージですけど...内容は
    全く違うとそのギャップも良いです。それじゃあ~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。