本日の映画「カーゴ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本日の映画「カーゴ」

2019-07-19 16:00
    こんにちは、本日の映画「カーゴ」
    2017年、オーストラリアのネトフリ配信のゾンビ映画になります。

    ウイルスが蔓延し世界崩壊をむかえたオーストラリアが舞台で
    主人公の男は妻と暮らしていたが...妻がゾンビに噛まれゾンビ化してしまう。
    ゾンビ化した妻に噛まれゾンビになるまで48時間とゆうタイムリミット、最愛の娘
    を背負いオーストラリアの荒野を旅をする。ゾンビになるまで何をするべきか?

    一応、ゾンビ映画でホラーのジャンルになりますけどゾンビはおまけ程度で
    殆どヒューマンドラマと言えるでしょう。この作品の伝えたいメッセージは
    「ゾンビになるまで48時間で人間として大切な時間を何に費やすのか?」
    全体を通して観ると世界崩壊をむかえても人の持つ愛とゆう感情は無くなる事は無い。
    彼は愛情で守り続けます。共に過ごした妻を失い、最愛の娘まで失うわけにはいかない。
    自分の人としての命が尽きても愛とゆう感情で守り抜き命を繋いでくれる誰かに送り届ける。
    愛に溢れたヒューマンドラマになってて心にグッとくるものがあります。

    ストーリー展開はゆっくり流れて父と娘の旅路を淡々と描いていく。
    世界崩壊後なので普通に生きている人間も珍しいのです。彼の出会う人達は必ずしも
    良い人ばかりではなく心の奥で闇を抱えている者もいる。
    幸せに暮らしているようで同じようにゾンビに噛まれたら...家族を失う事になる。
    現世では無く皆で死んで共に暮らす事も幸せかもしれない?でも...。
    民族も絡んできてゾンビのあり方の考え方が人間とは違うんですよね。
    この要素が必要だったか?はあるかもしれません。兎も角、娘を愛している
    父親の最後の生き様は素晴らしい。人間味と愛情に溢れる作品に
    なっています。それじゃあ~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。