本日の映画「デジモンアドベンチャー-tri- 第6章「ぼくらの未来」」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本日の映画「デジモンアドベンチャー-tri- 第6章「ぼくらの未来」」

2020-05-29 06:00
    おはようございます。本日の映画「デジモンアドベンチャー-tri- 第6章「ぼくらの未来」」
    2018年、日本のアニメ映画になります。

    現実世界がデジタルワールドにのみこもうとしていた。
    そんな絶望が迫る中、子供達はイグドラシルの支配を食い止めるべく
    必死に戦いを続けていたのです。現実世界とデジタルワールドの関係性、
    彼らの描く未来はどうなるのか?

    ずっと気になってたのが...何故に?ゲンナイさんが一乗寺の姿をして
    いたのかやっと分かりました。一応、02との繋がりもあるみたいです。
    今更ながら02の選ばれし子供達の戦いから3年経った時間軸のようだ。
    観てて何で?と不思議に思っていました。02後ならデジモンカイザーは消えている
    はずなんですよね。インペリアルドラモンが出て来たり、ムゲンドラモン、メタルシードラモン等のダークマスターズと言い若干混乱はしてたw

    世界の危機はデビモン、ヴァンデモン、ピエモン(ダークマスターズ)、アポカリモン?
    だったか...と子供達は数々の強敵と戦ってはきたけど今回はそれ以上の強さ(暗黒面)
    を持っています。何故?メイクーモンが暗黒に染まったのか...。以前に書いたけど
    「光もあれば闇もある」同様に「希望もあれば絶望もある」その存在(メイクーモン)は
    パートナーと居れば希望の存在になるけど今回の様に暗黒に堕ちたら倒さねばならぬ
    敵である。どんな思いをしていた?と考えると心が辛いですね。
    そして...大人になり見えなかった色々な物が見えるようになった子供達は
    昔の様な行動を取ることが間違いにもなる。大人に成長するとゆうことは
    そうゆう事だと思う。デジモンと人間の共存も難しいよなぁ~とね。
    彼らの目指す先に希望の光は見えているのか?戦い後に何が残るか?
    とゆう感じ。それじゃあ~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。