ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

本日の映画「荒野のみな殺し」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本日の映画「荒野のみな殺し」

2021-05-14 06:00
    おはようございます。本日の映画「荒野のみな殺し」
    1966年、イタリアの西部劇になります。

    メキシコに近いアメリカ西部の小さな農場で暮らしていた主人公(息子)、デイビット老人
    はある日、友人のサムが馬で何者かに追われて流れ着く。サムは殺され、親を殺された
    主人公は謎を調べるたら山賊ラモン一味の仕業と判明する。


    良きマカロニウエスタン映画に仕上がっています。音楽が古くさく映像美も良い。
    主人公と仲間達VS山賊ラモン一味の激しい戦いになり激しい銃撃戦が繰り広げられる。
    若干?主人公がパッとしない感はあるもストーリーが終盤に向かうほど謎が判明して
    面白みが充分あります。まさか...とゆうどんでん返しがあり観賞してて驚きである。
    てか?少年が勇敢すぎる。

    タイトルが「荒野の皆殺し」とまぁ、そのままの感じですね。
    山賊ラモン一味が目的の為に積みもない人々を捕らえ必要あらば残虐な殺し
    をします。山賊を倒すために住民の力を貸すパターンで王道のストーリーでしょう。
    マカロニウエスタンとして良く出来ているので古き西部劇が好きな人はハマる
    かもしれません。ワンチャン?60年以前の作品にも思えるかな。
    それじゃあ~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。