ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

本日の映画「アヴェ・マリアのガンマン」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本日の映画「アヴェ・マリアのガンマン」

2021-05-19 06:00
    おはようございます。本日の映画「アヴェ・マリアのガンマン」
    1969年、イタリアの西部劇になります。

    孤独なガンマン、セバスチャンは山賊に襲われているラファエルを助け介護する。
    ある日、セバスチャンはラファエルから家系に秘密を知るのだ。
    死んだはずの母親は父親殺しの男と大農場で今も暮らしていることを...。
    それを知りセバスチャンと下働き出会ったラファエルは秘密を求めてメキシコに向かう。

    今までに観たことが無い西部劇です。ジャンルとしてはマカロニウエスタンでありながら
    ストーリーが割と複雑である。セバスチャンの真の身分、それを知るラファエルで山賊は
    父親殺しに一味とゆうかなりしっかりした内容である。風変わりな西部劇として
    面白いのは↓
    ①セバスチャンとラファエルの友情物語
    ②ラファエルの身分を超えた純愛物語
    ③西部劇によくある復讐劇
    と斬新な構成のストーリーである事でしょう。

    当然ながら、山賊(父親殺しの一味)と言ったメキシコの人々の私生活、自然などの
    美しい世界観に相反する小汚い小悪投との銃撃戦もあります。
    それもまた良さの1つ、他には不幸な展開なのにバックで流れる心地よい音楽のギャップ
    かな。(起きてる出来事の裏でこう来るのか!?w
    主人公のセバスチャンはカッコ良く銃の腕が立ちます。
    殴っても強い、早撃ちも負けないと濃いめのガンマンっぷりも素晴らしい。
    メキシコの世界観全開の西部劇ファン必見のマカロニウエスタンかもしれません。
    それじゃあ~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。