ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

本日の映画「処刑軍団ザップ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本日の映画「処刑軍団ザップ」

2021-06-20 06:00
    おはようございます。本日の映画「処刑軍団ザップ」
    1970年、アメリカのホラー映画になります。

    ニューヨーク州北部の小さな町に「サタンの息子たち」となのるヒッピー集団が
    やってくる。少年ピートは痛めつけられた報復に狂犬病で死んだ犬の血入りの
    ミートパイを売りつけ食べさせる。彼らはそれを食べる事で狂人に目覚めて
    仲間、町の人々を襲いだした。

    単純ながらも古き良きカルト映画になっています。ヒッピーたちの傍若無人っぷり
    は平和に暮らしていた人々にとっては迷惑である。やってる事も儀式的な感じも
    あり、そもそも「サタンの息子」と名乗ってる時点で頭が狂ってます。
    とは言えwピートの狂犬病の犬の血入りのミートパイもかなりやばいw
    「キャビンフィーバー」で言えばレモネードに匹敵するんだよな。

    終盤では狂人化したヒッピーの群れ、関わり感染した人々がまるでゾンビの
    様に人に襲いかかる思考のパニックは見応えあります。
    明確にはゾンビでは無いけど?感染パンデミック的な意味ではゾンビ映画かな。
    武器を持ち襲いかかり頭がぶった切ったり、四肢が飛び、殺傷しまくる。
    グロさは抜群なのでスプラッタ好きは楽しめます。(血しぶきもある。
    テーマとしては人は何が原因で狂人化する?カルト集団に入る事や
    単純に狂犬病に発症する等根本的な理由はあるけど、同じでは無い
    と思います。この作品では病原体が原因ではあるかな。
    それじゃあ~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。