ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ボーカルミックスダウン講座 vol.10 〜 オートメーションを利用する 〜
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ボーカルミックスダウン講座 vol.10 〜 オートメーションを利用する 〜

2013-02-24 11:22
  • 2

リバーブの回でも少し触れましたが、
ボーカルトラックにおいてオートメーション
非常に重要なポイントです。

■ オートメーションのポイント                    

コンプレッサーを使いある程度音量のバラつきが無くなったとはいえ、
聞いていると気になるところが出てくるかもしれません。
コンプレッサーを使ってレベルが平均化されたことにより、
逆にサビでの音量が足りない、という事もありえます。

そういった部分をオートメーションを使って
細かく音量調整し、仕上がりを聞きやすいものにしていきます。

気をつけなければいけないポイントは、

・歌が聴き取りづらいポイントが無いか
・力んで歌ったところなど、不自然に音量が大きいところが無いか
・ブレスが大きすぎたりしないか
・曲の各パートごとに音量は適正か

といった部分です。

かなり細かい作業ですが、こういうところをしっかりやっておくことで、
ボーカルトラックの聞きやすさにだいぶ違いが出てきます。

■ 自動化プラグインを使った修正                   

先ほど述べた注意点のうち、最初の2つについては
このプラグインを使うことでかなり簡単に修正が可能です。

● Waves Vocal Rider

このプラグインは、トラックにインサートすることで
ボーカルのレベルを監視し、常に指定したレベルに揃えるよう、
勝手に音量調整をしてくれるというプラグインです。

手作業で修正するとかなり細かい作業になるのですが、
これを使うと自動でやってくれるだけでなく、
オートメーションに書き出してそれを修正する、
などといった事もできます。

一度使うと、もう無かった頃には戻れないほどの
非常に便利プラグインですので、是非チェックしてみてください。

■ ブレスの調整                           

私自身は、ブレスは生々しさを出すため、
ボーカルトラックには必要なものだと思っています。
しかし、あまりにもうるさいとちょっと気になるのも事実。
特に、コンプレッサーを使っていると、
ブレスの音量まで必要以上に大きくなってしまいがちです。

特に、息を吸い込んだ際に
「ヒュッ」というような音が鳴ってしまっている場合、
耳障りになることが多いです。

そういった必要のないノイズや、
ブレスが大きいな、と思うところがあれば
そこはオートメーションでちょっと音量を下げましょう。

ちなみに、先ほどの自動調整プラグインのように、
ブレスに特化して調整をしてくれるものもあるようです。
私はもっていませんが…w

●Waves DeBreath


■ パートごとの調整                         

一般的に、サビの部分ではオケも盛り上がり、
音量が大きくなっています。
と言うことは、ボーカルの音量が一定過ぎると、
サビでは小さくて聞こえづらくなってしまうわけです。

サビの前の盛り上がりとか、ドラムのフィルに
隠れてしまったりすることも多いパターンですので、
そういった部分も気をつけて聞いてみてください。

オケとボーカルのバランスをみながら、
必要以上に目立っている・埋もれているところがないか、
確認しながらオートメーションを書いていきましょう。
パートによって音量差が大きい、ドラマチックな曲ならばなおさらです。

また、先ほど紹介した『Vocal Rider』を使えば、
そういったオケとのバランスまで含めて、
調整する事もできたりします。

■ エフェクトのオートメーション                   

オートメーションを使い、
リバーブなどのかかり方を調整するのもひとつの手法です。

リバーブの回でちょっとだけ説明しましたが、
ロングトーンの最後だけリバーブ・ディレイを強調したり、
ここぞ!というところで逆にリバーブを切ってしまったり…。

データを切り分け、トラックごと設定を変えてしまう方法もありますが、
オートメーションでやるのもひとつのやり方です。

あまり小手先の技にとらわれるのはよくありませんが、
いろいろな手法を試してみましょう!


さて、だいぶ完成に近づいてきました。
一見すると地味な作業ですが、
こういうことの積み重ねでいいミックスは生まれます。

次回はついに最終回!
オケの調整とマスタリングについてです。
それでは、最後までおつきあいください!


広告
×
vocal rider便利ですよね。オケに流しこむって考えは殆ど無かったのですが、その方法はvocal riderにオケをサイドチェインで流しこむ感じなのでしょうか?

その方法を知りたいです
104ヶ月前
×
>>1
ぐおぉ、最終回アップしたと思ったらしてなかった orz
そしてコメントも返してないし!!w

そう、オケをサイドチェインで流し込めば、
オケの音量に合わせて基準の音量を変えてくれる、という感じですね。
103ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。