ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

『東方耽美郷 後編』付属CD、『境界線上の狂想曲』全曲解説!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『東方耽美郷 後編』付属CD、『境界線上の狂想曲』全曲解説!

2013-06-05 19:47
  • 8
 ■ 注 意 ! ■ 

このエントリーは、例大祭10で頒布した
NiceTeaさんの作品『東方耽美郷 後編』の付属東方アレンジCD、
『境界線上の狂想曲』についての解説をしています。

できるだけ本編のネタバレはしないように心がけていますが、
そのあたりが気になる方は本編読了後にお楽しみください。





一曲抜粋の動画、および本編の予告・クロスフェードはコチラ。



■ 全曲解説だとおォォォーーーッッッ!?               

M-01:狂気の優曇華院

先行公開したクロスフェードでは、
あえてこの曲の本編部分は隠させて頂きましたw
あの部分で期待されて欺された方、ごめんなさい。
そして、私のサークル名は『釣師』なので諦めてくださいw

イントロの綺麗な部分は、中編1の裏表紙、綺麗な鈴仙のイメージ。
それが、異変によるノイズ(?)によって変調され、
正気を失い、狂気に犯されていく。
そんな雰囲気を意識してアレンジを作ってみました。

個人的にバイオリンを歪ませたメインメロディの音がお気に入り。

あとで気付いたんですが、このタイトル、
某有名東方アレンジのサブタイトルとかぶってましたね・・・orz


M-02:メフィストーフェレスの図書館

今回の作品の中で、一番気合いを入れて作ったアレンジ。

イメージについては、NiceTeaさんが作ってくれた動画がすべて。
俺の中では、まさに『劇場版耽美郷』を意識して制作しました。
例の見開きのシーンとか、CGでグワァーーっとなってる感じですね。
クレイアニメみたいに街がはえてきたりとか。
空にFFばりに巨大な魔方陣が浮かんでたりとか。

だれかCGとかであそこのシーンを動画化してくれませんかねぇ(チラチラッ


M-03:La classe d'ESUPURI de Koishi.

訳:こいし君のエスプリ教室。

この曲については『東方耽美郷』作品内だけでなく、
NiceTeaさんの作品全体でのこいし君をイメージしてます。
なぜこういう曲調かは、作品を見て頂いている方には
よくわかってくれるんじゃないかな、と思ってますw

思い浮かべてみてください。
キスメにエスプリ教室を開いているこいし君を。


 ※参考URL『キスヤマンガ』(NiceTea Pixiv内での公開作品)


そのシーンのBGMが、コレです。

実は東方原曲の他にもう一つ元ネタがありまして。
俺の大好きなアニメ、シュタインズ・ゲートの劇中曲、
『厨二病のタンゴ』という曲のオマージュでもありますw


M-04:少女恋談

後編7ページあたりから、この曲が流れてくる感じ。
図らずも、原曲のタイトルである『東方妖恋談』を少し変えただけで、
該当の場面にもぴったりくるタイトルとなりました。

哀愁漂うちょっと民族チックな雰囲気ですが、
幻想郷の雰囲気にはぴったりくるんじゃないかなぁ、と。

ちなみに間奏のアコギソロはLine6 Variaxのアコギモデル、
後半の民族チックなギターのようなバンジョーのような音も、
Variaxのモデリングギターを使ってます。
一つのギターでこんないろんな音が出せるとか、
便利な世の中になったもんだ・・・。


M-05:祭りの跡

後編28ページから、この曲。

祭りの後のもの悲しさ、かすかに感じる祭りの余韻。
異変が終わっても、交差した人々の想いは残り、
この先も様々な物語のきっかけとなっていく。
祭りの後に残された、祭りの跡。

そんなイメージでしょうか。

この曲とともに物語がエンディングを迎えて、
音と画面がフェードアウト、そして次の
『境界線上の狂想曲』がはじまってエンドロールが流れる。

そんな映像を思い浮かべて作りました。


M-06:境界線上の狂想曲

自分の中で、『東方耽美郷』を象徴する曲。
イントロのフレーズはNiceTeaさんの動画でお馴染み、
サカナクションの『ネイティブダンサー』のオマージュです。

歌詞と照らし合わせて最初から作品を読み直して頂ければ、
すべての歌詞に対応したシーンがある事をわかって頂けると思います。

自分が考える『耽美郷』の霊夢は、
『幻想郷』という世界そのものとイコールの存在です。
幻想郷と同じく、すべてを受け入れる存在でもあり、
残酷そのものと言える存在であったりもする。
だから今回のような異変が起こってしまうし、
慕う人は多くても、ある意味では非常に孤独な存在。

2番の歌詞とかは、その辺の解釈と本編を混ぜ合わせ、
できあがってきた歌詞となっています。

そして、絶対に「あの台詞」は使いたかったので、
一番大事なところに使わせてもらいました。
店番帳を見ている人達が、ニヤリとしてくれれば
あの作品の大ファンである私も嬉しい限りですw


ボーナストラックについてはそのままなので、
あえて解説はしないでおきます・・・
というか、その必要が無いですね、アレはw



いかがでしたでしょうか?
耽美郷を読みながら、BGMとしてでも聞いて頂ければ幸いです。

最後に、本を手に取ってくれた方、曲を聞いてくれた方、
今回のブックレットCDという試みを承諾してくれた
りょうちゃんことNiceTeaさん、すべての方に感謝を。

本当にありがとうございました!!


そして、これからも耽美郷の物語が続いていくことを願って。


あ、コメント欄やTwitterで感想待ってるよ!ww


広告
×
幻想狂想曲と境界線上の狂想曲共に聴きながら同人誌読ませていただきました
良茶さんと漫画とぼいじゃあさんのBGM見事にマッチしてて至福の一時を過ごせました
本当に買えて良かった!
96ヶ月前
×
前回と今回のCDを流しながら、「東方耽美郷」全編を読み返しました。
BGMはまさにこれだって感じでぴったり!特に「境界線上の狂想曲」は、感動しました。
ラスト2曲も動画に合ってていいですね~
すばらしい曲をありがとうございます!!
96ヶ月前
×
>>1
ありがとうございます!!
前作もそうですが、いかに物語とマッチした音を作れるか、
という部分を念頭において制作したので、そう言ってもらえると
ありがたい限りです!!
96ヶ月前
×
>>2
『境界線上の狂想曲』は、自分でもお気に入りの作品になりました!
耽美郷全体を象徴する感じの曲に仕上げられたんじゃないかと自負してますw
ラジオの2曲はだいぶ本編との落差が激しいですが、
そこはボーナストラックという事で・・・ww
96ヶ月前
×
耽美郷読みながら聴かせていただきました。
まさに『耽美郷』でしたね!素晴らしい曲ばかりで聴き惚れました。
一番のお気に入りは祭りの跡です。読後も1時間ほどずっと余韻に浸りながら聴いてましたw
まさに祭りの跡の、あのなんともいえない切なさとか終わった感じがすごくよく表現されてて心地よかったです。

素晴らしい作品をありがとうございます!これからの作品も期待してます!
96ヶ月前
×
>>5
ありがとうございます!
あのラストシーンだと、多分BGMはこんな感じだろうな・・・と
勝手にイメージしながら作ってみましたw
これからもいろんな形で作品は作っていきたいので、
よろしくお願いします〜!!
96ヶ月前
×
今回、初例大祭だったものです。
サークルチェック中に偶然この記事冒頭の動画を拝見、曲と物語のマッチングに何がしかの電流が走りました。
前編から後編まで衝動買いしてしまいましたw
その分、お釣りが出るほどいい楽曲に出会えたと思うので後悔など微塵もありませんが!
これからもより良い楽曲作りができるよう、応援いたしております。

いや、いい曲ですわ、これ。
96ヶ月前
×
>>7
おお、そう言ってもらえると本当に嬉しいですね!
しかも、初見の方にそう思って頂けたなら、本望ですw

今後もこういうサントラっぽい曲風のものもいろいろやっていきたいところなので、
応援よろしくお願いいたします!!!
96ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。