ニコニコ言論 共産主義の失敗とビックデータの関係
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコニコ言論 共産主義の失敗とビックデータの関係

2016-10-14 22:30
    ・中国における原始資本主義

    長い間中国は、世界に占めるGDPの割合が高い
    国だった。1900~2000年のGDPは例外的に低い。
    理由は機械化に乗り遅れた事と経済的な独立を
    失った事による。

    しかし、それ以外の時期は人口が多い事を除い
    ても他の地域に比べて経済は活発だった。それ
    は中国の資本主義のシステムが世界の最先端だ
    ったからだ。


    春秋戦国時代の斉という国に管仲という宰相が
    いた。管仲や後の人が残したと思われる「菅子」
    という書物が現代でも残っている。

    公共事業が物価に及ぼす影響、貨幣の価値の意
    味、貨幣の価値を自由に変えて国に有利な状況
    を作り出す方法などが書かれている。西洋で生
    まれた銀行や株式や債券などを除けば、現代の
    資本主義に近い事がすでに考え出されていた。


    菅子は政治学が中心の眠たい本だ。明治書院が
    上・中・下巻一冊約6000円で発行している。

    春秋戦国時代の諸子百家は、「論語」「老子」
    「孟子」「旬子」「墨子」「韓非子」「荘子」
    「戦国策」「孫子」、漢王朝以後の時代の司馬
    遷の「史記」「漢誌」「後漢誌」「三国志」な
    どが有名。「史記」や「三国志」は金があるな
    ら横山光輝の漫画版からが入りやすい。



    ・資本主義の問題点と共産主義の出現


    マルクスとエンゲルスが1850年前後に共産主義
    を唱える。その頃の資本主義は好況と不況を繰
    り返しながらも順調に発展していた。

    しかし、企業や工場が大規模化するにつれて、
    労働者は何々家の次男の何々ちゃんから、労働
    を提供する幾らでも替えがいる人間というもの
    に変っていった。


    企業が厳しい競争にさらされている中で、労働
    者を物語のある人間だと認識しない一部の経営
    者は、労働者の人間性を無視するようになった。

    当時の先進国のイギリスやドイツは、通貨高に
    よる相対的な賃金の上昇で外国人の流入、通貨
    高で農作物が周辺国に比べて高くなる、食べて
    いけない田舎の労働者が都市近郊に集まるとい
    うどこかで聞いたことのある状態になっていた。


    企業は労働者を低賃金で働かせるか長時間労働
    をさせることで、ライバル企業より製品を安く
    売れるので利益が上がる。労働者は幾らでも確
    保できるので必然的に使い捨てになる。

    先進国にも関わらず労働者の権利が守られない
    ことに怒った一部の知識人は、賃上げと待遇の
    改善のための労働組合の結成や各国間の労働者
    の連携などを呼びかけた。



    ・共産主義の失敗

    共産主義と言ってもマルクスやエンゲルスの考
    えた共産主義とスターリンが推し進めた共産主
    義は違うと思う。

    スターリンは資本主義と共産主義が対立構造で
    どちらが勝つかという競争を行ってしまった。
    しかし、共産主義の基本的な目的は資本主義の
    修正であった。皮肉にも戦後の資本主義国は労
    働環境の改善などの資本主義の修正を行った。


    共産主義の失敗の理由を上げると、1つは通貨
    高の国以外は共産主義を採用する意味は無い。
    そういう意味ではイギリスやアメリカが共産主
    義に、ソ連や中国は資本主義に相応しかった。

    2つ目は労働者の賃金や物の価値などは第3者の
    官僚では計測できないという問題がある。計測
    すること自体コストが掛かるし、値段が先に決
    まっているならアイデアを出す必要が無くなる。



    ・原子資本主義の公平性の確保とその限界

    「菅子」には労働者の生活を守る方法が書かれ
    ている。衣服に刺繍をしない・大きな建物を造
    る時は暇な時にする・建物に彫刻をしない・食
    料を備蓄し飢饉備えるなど富裕層が華美な生活
    を止めれば労働者は困らないと書いてある。

    他には優秀な人材と誠実な人材を集めて、最優
    秀者を大臣にする事とも書いてある。


    つまり、「菅子」には共産主義の理想郷的な世
    界観が書かれている。しかし、この世界観は現
    代には通じない。

    人口増加と生活水準の上昇で、食糧問題、環境
    汚染と環境を汚染しない技術の開発、エネルギ
    ーや鉱物資源の限界とリサイクルと省資源技術
    の開発など個人や集団の能力を最大限発揮しな
    ければ克服できない課題が山積みだからだ。



    ・ビックデータが注目されている理由


    人口増加と一人あたりのエネルギー消費量の増
    加は地球に致命的な影響を及ぼす。そのために
    個人や組織の能力を限界まで引き出して問題を
    解決する必要があるので封建主義や共産主義に
    はもう戻れない。

    労働者を信じて経営者から労働者を守れば労働
    者は能力を限界まで出さない。経営者を信じて
    会社を守れば労働者の待遇は悪くなる。


    物理的に集めるデータは、データ量が少ない・
    入力分析が困難・データの関係性が把握できな
    いという問題がある。これでは政府は経営者と
    労働者のどちらを信じればいいのか分からない。

    もし、個人データを低コストで集める事が出来
    るなら、年代・地域・性別ごとの収入や貯蓄が
    分かるから支援しやすい。企業データがあれば
    倒産の可能性のある企業に補助金を出しやすい。



    ・結論

    工場の機械化が進むことでブルーカラーがホワ
    イトカラーや店の店員に転職した。しかし、イ
    ンターネットの普及で書店やCDショップやゲー
    ムショップが沢山潰れた。

    今後インターネットの活用で生活コストは劇的
    に下がる。通貨高は政府紙幣の発行で、田舎か
    ら都会への移住はインターネットで、労働者の
    待遇はビックデータでそれぞれ解決する。


    インターネットの普及で個人情報が漏れると訴
    訟になるので、思ったよりビックデータは活用
    されない。しかし、企業の取引データ・個人の
    資産や給与のデータは国に提出され福祉や政策
    に活用される可能性が高い。

    ビックデータの活用と個人背番号制が話題にな
    っているが、理由は何だろうと考えると偉い人
    達の考える事だからこんなもんだろうと思う。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。