マリウスさん のコメント

勇者やなwww
No.27
50ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
今回我々(一人)”笑てたええねんホールディングス検証部”は 新たなる検証を行った!! 今回の検証内容は 「あまり会わない友人に、わけわからないメールを送るとどうなるか」 というものだ。 そこでまず「わけわからないメール」の内容はどうするか ということだが 再考に再考を重ね、熟慮した上 適当に 決めた!! 内容はこちらだ! ちなみにTwitterでは数分と立たずにたくさんのツイートが寄せられ ・君が代 ・なんでもええ ・口ずさんでたら変な目で見られた などのコメントが目立つ中 なんと 正解を答えるフォロワー様が続出 そう、答えは 「If I Only Knew」(トム・ジョーンズ) まさか答えが出るとは思わなかったが そうなんだ。と思って聞いてみた ら最初以外は全く聞いたことがなかった 。 さてではいきなりこの文章を送られた友人は果たして まともに返すのか? 因みに今回の検証で該当する ”友人” とは以下の条件を満たした者を指す。 ・3か月に一回も会わない程度の友人 ・半年以上連絡を取っていない友人 また、今回は友人がすべて男性だったため 同僚女性にもコンタクトを取った。 <検証結果1> 友人Aの場合 正攻法。 一度わかるわけないやん で区切りながらも 後に(笑)で2通目を繰り出し 返信のめんどくささを感じさせない 上手な切り抜け方である。 同級生である友人Aは現在店を開いており そこで培われたコミュニケーション能力が ここで解き放たれたのだろうか。 <検証結果2> 友人Cの場合 いわゆる一回り上をいく回答。 全く連絡をしていなかったにもかかわらず この普遍的な感じを漂わせているところが 関西の血なのだろうか。 相手の努力をねぎらいながらも そこに続く文章が打ちやすいような相槌。 これもまた一つの攻略法か。 <検証結果3> (特別枠)なるの場合 完全に間違い。 間違っているにもかかわらず、まるで教えるかのような 「やで」という言葉が印象的。 白をも黒にしてしまいそうな 人を引っ張っていく彼の人望のようなものがうかがえる。 <検証結果4> 同僚女性Bの場合 ストレート。 目に見えないレベルのスピードで駆け抜けた直球。 そして何よりその返信時間を見てほしい。 開封が18:41に対して返信が18:42。 考える間もなく キャッチャーの示すストレートに首を縦に振った。 あくる日職場で一緒になった時は 何事もなかったように接したのは言うまでもない。 <検証結果5> 友人Dの場合 返信なし。 まさかもはや友人ではなかったというのか。 それとも友人でなくなってしまったのか。 真意のほどは知る由もないが わいわいにとって大きな事実を突きつけられる結果となった。 今回の検証、その後の対応を含め 以下のことが判明した ・後で説明する際にイマイチどう説明したらいいかわからない ・間違って送ったのかと思われる ・電話帳の名前を友人Aとかにするのが結構手間 ・まず送るべきではない ということだ。 実生活では小・中学生の携帯取得率が80%近い現代 LINEなどのコミュニケーション方法が充実する中で 皆様もぜひ気を付けていただきたい。 ※メール受信者には検証後ネタとして知らせ  笑い話にした後、許可をとっています。  また、友人Dは後日連絡が取れました。 著者:わいわい (あ、そういえば著者:わいわい っている? というコメントが前にありましたがいらないです。 書くだけで”ぽく”なるかなという甘えです。)
わいわいのブロマガ
ゲーム実況、歌、イラスト等の活動をする”わいわい”のブログマガジン