春売りの声
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

春売りの声

2020-06-13 09:19
    2016.02.09


    『春は いらんかね~?春は いらんかね~?』

    そんな呼び声が どこからともなく聞こえてきたので若葉は、冬の間
    しまいこんでいた『まぐろ号』をとりだして走り出しました。

    どこから聞こえるんだろう?

    大通りの交差点を 右に曲がった所で 昨日までは気付かなかった梅の
    木にポップコーンが 弾けるように
               白い花が 咲いていました。



    わお!
    帰ったら ポップコーンを つくろっかな♪

    ・・・・・・・若ちゃん、若ちゃん、
       冬の間に 少し重くなったんじゃない・・・?

    そんな『まぐろ号』のつぶやきも
     その時 吹いてきた強風のせいで若葉の耳には 届きません。

    いつもなら 張り倒されてしまうのに☆

    『春はいらんかね~?』
    その声は だんだんと近づいている気が します。
    だけど その正体は わかりません。

    春って なんだろ?
    おいしいのかな?
    甘いのかな?
    色は、やっぱりピンクかな?

    あ!そうだ
    若葉 お財布に300円しか 入ってないんだったぁ~。
    300円で 買えるかなぁ・・・・。

    ・・・・・・・若ちゃん、若ちゃん、
          売春っていうのはね、女の人が・・・・・

    ☆☆☆☆☆☆☆☆  ボカッ☆  ☆☆☆☆☆☆☆☆

    今度は 聞こえてしまったようです。

    どんな人が売ってるんだろう。
    春は 何に入ってるんだろう。
    やっぱり 桶にはいってて
        棒で かついで、エッサ、ホイサッ かな♪

    長い坂を 登りきったところで 一面のれんげ畑が目に入ってきました。



    反対側には 黄色いたんぽぽのじゅうたんです。



    ひやっほぉ~♪
    若葉は 『まぐろ号』と一緒に 一気に坂を 下ります。

    ・・・・・若ちゃん!若ちゃん!
              たんぽぽが 歩いてるよぉ!?

    ええっ??

    急ブレーキを かけた目の前に
            たんぽぽが・・・・?って あれ?



    たんぽぽじゃないよぉ、ひよこだよぉぉ~!
    あ~びっくりした!

    ・・・・・でもさぁ なんで こんなところに
     ひよこがいるんだろうね。

    あれ?まぐろ号ってば 聞いたことなぁい?
    多分 あれは 風見鶏の子供だよ。
    ほら 羽の先に 青いラインが 見えるでしょ?
    あれは ちっちゃくても 飛べるのよ。

    ・・・・・あいつらも 春を 買いにきたのかなぁ?

    そうかもね♪
    あ! そういえば
     あの春売りの声が 聞こえなくなっちゃった!

    あれれれぇ~?

    ・・・・・もしかして
         今ので 売りきれちゃったんじゃない?

    あ~んっ、そうかもぉぉぉぉ~
    春売りさぁ~~~~~~~~~~~~~ん、
         もう 売りきれなのぉぉぉぉ~~~?

    pppppppp・・・・ピチュ ピチュ ピチュ・・・・
    ・・・・・・・小鳥の声しか聞こえてきません・・・

    なぁ~んも 聞こえなぁ~い~。
    あ~んっ 春、欲しかったのに~
    ジタバタ ジタバタ・・・

    ・・・・・若ちゃん 若ちゃん、
    そんなにあばれたら 花が 散っちゃうよぉ。

    あ、ごめん☆ ごめん☆

    ・・・・・・きっとさ、明日も 売りに来るよ。
          そしたらさ、朝1番で 買いに行こうよ。
          ぼく、超~特急で 走るからさ。
          ね?

    うん・・・。
    スピード違反で つかまらないくらいで いいわ。
    あ~・・なんか おなかすいちゃった。


    ・・・・・・ねぇ、若ちゃん、さっきから この草、
    すっごくいい匂いがするんだけど

          なんだろう??



    あん?
    それはね、よもぎ。
    おばあちゃんは もち草って 言ってたけど・・・・
    そっか!
    まぐろ!君のおしりのポケットに入ってる袋だして!
    それに この草、摘んで帰るじょ!
    あと、帰りに イオンで
     上新粉を 買うのを忘れないでね。

    うむ。あれなら 200円くらいだったから
                お財布も大丈夫だもんね。

    ・・・・・・・・・若ちゃん 何するの?

    ん?
    草もちだよぉ。
    この草の香りがして お~いし~の♪
    若葉ね、おばあちゃんの秘伝の作り方を 知ってるんだ♪
    帰って 作ろう♪



    ぽてぽてぽて・・・・・・・(まぐろ号の走る音)

    ・・・・・・・・若ちゃ~ん。
          おいしーのは いいけど・・・
               ・・・今以上に 重くなったら
          ぼく、乗せてあげないからね・・・

    はぁぁぁ~~~~~~~~~~~~っぃい♪

    ・・・・・・・まったく、ぼくの苦労も
     少しは わかってよね・・・ぶつぶつ・・・

    こうして 春売りの人には 会えませんでしたが
      なんだか あったかいものを たくさんお土産で
        持って帰ってきた気がする1日でした。


    明日こそ、春売りを 探すぞぉ。
                        おしまい♪




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。