スジという名のおさかな
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

スジという名のおさかな

2020-06-14 16:17
    2016.04.01

    その日、若葉はゆうゆ(仮名)ンちに遊びに行っていました。
    ゆうゆは小学校からのお友達で、いなせな関西出身の女の子。
    彼女は真顔で冗談を言える、詐欺師的な部分があって、いたずら好きで、若葉は
    彼女の影響をとても受けています。

    さて、夜までゆうゆのお部屋でだらだら過ごしていた若葉は、手巻き寿司をしよ
    うっていう、ゆうゆのお母さまの暖かいお言葉にお呼ばれすることにしました(笑)。

    細く切った出汁巻き卵に、マグロの赤身、細切りのキュウリやイカ、辛子ハム
    (ハムの細切りを辛子マヨネーズであえた物)、ツナマヨネーズ。
    そして、見慣れないエイリアンの内臓が出てきました。

    ▼うっわーーーキモチワル。ゆうゆ、なにこれ?▲

    そのぶよぶよした、赤い物体は細長く、薄っぺらく、まさにエイリアンの内臓でした。

    ▼若葉ちゃん、スジコも見たことないん?▲

    そういってゆうちゃんは、そのスジコとやらの表面を浅く包丁で切れ目を入れると、
    中から、卵がたくさん出てきました。
    お嬢ちゃまに育った(笑)若葉は、生まれてこの方、食卓の上にこんな、こんな、
    こんなーーーーーっっ、病院の手術後の銀のトレイに載っていそうな物が出てきた
    風景を見たことがありませんでした。

    ▼ゆうゆ、なにこれ、何のタマゴ?▲

    それは、ぷちぷちしていて、生臭く、食べ物の雰囲気がまるでありません。

    ▼若葉ちゃんは、お嬢ちゃんやね。
      タラコは鱈の子、スジコはスジの子に決まってるやんか。▲

    ナルホド、とすると、これは、イクラやカズノコのお仲間で、おさかなのタマゴ
    なわけね。うんうん、それならだいじょーぶ。

    ▼福島にはスジ、いてへんの?▲

    はぁ~、見たことない。
    でも、スジコという言葉は聞いたことがある気がする。
    なにしろお嬢ちゃんなので(笑)、サンマと鯛ぐらいしかお魚の格好をしている
    食品は見たことがない若葉なのです。
    アジだってマグロだって、サイズが違う以外は見分けがつきません。

    ▼……見たことない…。だってスーパーとか、お魚の格好で
       売っているの、あんまりないよ。みんな切り身だもん。▲

    スジか…。覚えとこ。
    大人に 物知らずを笑われるのは許せるけど、同世代に馬鹿にされるのは、
    ちょっとしゃくにさわるもん。

    ▼大人になったときに、若葉ちゃん困るやん、そんなんじゃ(笑)▲

    そぉかー。そうだね。
    ちょっと勇気を出して、そのエイリアンの内臓の中身を巻いて食べてみる。
    おさかなの卵だと思うと、そんなに怖くない。

    すると、この味は…、たしかお寿司の軍艦巻きがこんな味だった気がする。
    そっかー、イクラみたいな味がするんだ。

    若葉は、ちょっと大人になった気分でエイリアンの内臓の中身をつつきまくる。
    この味は結構好き。
    クチコとかホヤの卵なんてものだととても食べられそうもないけど、この味は
    ぜんぜん大丈夫。

    ▼足、あんねんで。▲

    がたんーーーーーっっ★   

    テーブルから2mくらい飛びはなれてしまいましたっ☆

    ▼足? 足って? 足って?▲

    足? なに、足って? おさかななんじゃないの?

    ▼見た目はちっこいけどな、象みたいな足してるん、こいつ。▲

    ▼いやーーーーぁ 食べちゃったようっ 食べちゃったようっ▲

    もう、頭の中には、すっかり、子供の頃に見た恐竜図鑑の最初の方のページ、
    海から陸にはい上がってくる、足の生えたおさかなの絵でいっぱいになって
    しまいました。



    足の生えたおさかなっ 足の生えたおさかなっ

    ▼しかも、こいつ、しっぽに毒持ってん。毎年6人くらい死による。▲

    そんな、ふぐみたいなおさかな、まだほかにいたんだっ。
    だから福島じゃぁ、あんまり見ないんだわっ、きっとっ☆

    ▼ボラボラ漁でつかまえねんで。▲

    ▼ぼっ、ボラボラ漁??▲

    それは、初めて聞く単語。
    毒のあるおさかなだから、網でつかまえるわけにはいかないんだわ、きっと。
    そうとう危険なおさかななのか。

    ▼ボラボラ漁って、カバティっていうスポーツあるやん、あんな感じで
     船の上から海面に向かって、漁師が「ボラボラボラ」ってつぶやくんや。
     そーすると、スジが「おっなんやろ?」って興味持って浮かんでくるんや。
          「うちはボラあらへん、スジやっ」って感じなんやろね(笑)▲

    この歳で初めて知る驚異の現実っ☆
    この日本で、そんなすっとんきょうな漁があったなんて。
    物を知らないってなんて恥ずかしいのかしらっ。
    これは勉強になったわっ。
    今度、お友達に知ったかぶりをして、説明して、いいとこ見せよう。

    あっ、もしかしてこれは常識な現実で、知らなかったのは日本全国で若葉だけ
    だったのかもっ。

    でも、これは覚えとこ。
    今度水上バスに乗ったら、海に向かって”ボラボラ”ってつぶやいてみよう。
    運が良ければ水面に来てくれるかもしれない。

    そうかんがえると、そのスジっておさかな、ずいぶん人になれてる。
    きっとすぐに見分けはつくでしょう。象足のおさかななんて、他に知らないし。

    でも、その足の部分は食べられるのかな。う~ん、もっと知りたいっ。
    き~に~な~る~☆

    おしまい。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。