• どのコンテンツも「優しさと理想」を売る時代が来ているというお話。

    2019-10-03 07:0021


    この前、ワイドナショーで‬指原莉乃さんが‬
    ‪「最近の芸人さんとかって
    貶し合う関係より、仲良い方が人気ある。‬
    ‪あれなんでですかね?」‬
    ‪的な事をおっしゃってました。‬

    前から書こうと思っていた
    「テレビ離れした世代が求めているコンテンツ」
    に対する自分の答えと重なる部分があったので
    良い機会だと思いPCに向かっている次第です。

    なお、僕の勝手な推測によるものなので
    めちゃくちゃ見当違いかもしれません。
    ご了承ください。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ①SNS×スマホが作った「監視社会」
    ②日常に疲弊する世代が求める「理想体験」
    ③「テレビ世代」と「ネット世代」の違い
    ④エゴをさらに求めない若者たち
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    SNS×スマホが作った「監視社会」

    2010年以降。SNSやスマホの普及により
    僕らは簡単に「情報」を
    手に入れる事ができるようになりました。

    それは「美味しいお店を探す事」や
    「より安く商品を買う事」などを簡単にすると同時に、
    「いけないことをしている人」を晒し上げて
    社会的に制裁を加える事、を可能にしました。

    冷蔵庫に入る店員、七味の容器を鼻に入れる学生。
    炎上の例は多岐に渡り、あっという間に社会は
    「監視し合う環境」
    へと様変わりしました。

    どれだけ些細な「いけないこと」でも叩かれるようになり
    これ以降、芸能人の不倫などが炎上するようになりました。
    また人々も気を使うようになっていきます。

    自転車の2人乗り、未成年飲酒、浮気
    空き地などへの不法侵入、信号無視…

    誰もが人生で1度はやりかねないような事でも
    やらないように、バレないように、写真を撮らないように。

    生きていく日々自体に気を使うようになった人々は
    確実にストレスを感じ、精神的に疲れていきます。

    日常に疲弊する世代が求める「理想体験」

    ‪インスタで映える写真を撮る人たちが増えました。‬

    カラフルな食べ物、キラキラしたアクセサリー、
    ランドマークを背景にポーズを決める自分。

    スマホが撮影する写真は
    画質の高さと加工による幻想的な雰囲気で
    理想的な生活を自分が送っている、かのように
    一瞬でも錯覚させてくれます。

    「いいね」の数は、自分の人生を肯定させてくれます。


    異世界転生モノの本がヒットし始めました。

    普段は冴えない会社員が事故死…
    するとゲームで見たような冒険の世界へと転生。
    皆が持つような「一般常識や勤勉な性格」等で
    「無双できる」ような物語が人気です。

    死ぬ前は自分と似たような一般人。
    しかし、異世界の登場人物からは
    主人公が絶賛、尊敬される。
    もしかすると冴えない主人公に
    自分を重ねて夢を見ている、のかもしれません。

    この生活を離れて「自分に優しい環境」へ行きたい。
    言い換えれば現実では夢を持てないのかもしれません。

    「テレビ世代」と「ネット世代」の違い


    年金問題、少子高齢化、増税…
    未来とお金に不安を抱えて育った世代に
    監視社会という環境がぶつかった結果、
    日々触れるコンテンツだけでも
    現実を忘れて「理想的な自分」になれるよう、
    一瞬でも「自分に優しい世界」へと身を置けるもの。
    それを無意識で求める世代になっていきました。

    一昔前の世代、
    欲求に素直で今よりも自信があった親から上の世代。
    あの頃の消費者がテレビやコンテンツに求めたのは
    「刺激的なもの」「非日常」でした。
    欲求に従順で、いわば「正」を求める世代です。

    対して今の若い世代は、なるだけストレスから離れたい
    「負」を求めない世代です。
    リスクがあるものには触れようとしません。
    特に人間関係の不仲なんてのは
    「負そのもの」かつ「現実そのもの」です。
    ゆえにコンテンツには、なるだけその側面を求めません。

    最初に書いた所へ戻ってきますが、
    ゆえに芸人コンビも仲が良い人達を見たいのです。
    選択肢が多様にある中でわざわざ不仲を見る必要がないのです。

    エゴをさらに求めない若者たち

    シリーズ作品、小説の映画化、漫画の実写化。
    ネットで評判が見える昨今、
    「作品愛が無い」と炎上する作品が多々ありますが
    それを生んでいるのはクリエイター達のエゴです。

    「前回とは全く違う展開にしよう」
    「10周年作品だから裏切ったものにしよう」
    「映画の尺に合わせて原作からこのキャラ消そう」

    全国のクリエイターさん。
    今の時代、フルでエゴを発揮していいのは
    「オリジナル」「初回」だけです。
    作品を見に来る人達の中で1番、熱量が高いのは
    「原作ファン・シリーズファン」です。
    そこを第一に考えて作るのが最優先です。

    昔も叩かれたでしょう。
    しかし今叩く若者の層は前述の通り「負」を嫌う層です。
    SNS効果も相まって更に叩かれます。

    本当に作品でエゴやりたいだけなら
    ネットへの動画投稿で欲求を済ませましょう。
    それを見るのは「あなたのファン」ですから。
    「原作のファン」はあなたのエゴを見に来たんじゃありません。

    ーーーーーーーーーーあとがきーーーーーーーーーー


    この前、風邪を引いた時に近くの病院を検索すると
    「A病院★4.4 B病院★2.9」
    みたいな評価が出ていて
    「病院すらコンテンツとして評価されてきていて、
    優しさを装ったり、誠実な対応をしないといけないのか」
    と思うと同時に、
    「そこで働く人々って昔より疲れるよね…」
    と、息苦しさが倍でのしかかってるのだなぁと感じました。

    ネット監視されるこの環境になってまだ数年。
    これが向こう20年、30年と続いていくと
    僕らはどういう限界を迎えるのでしょうか。

    そしてその時代に求められるコンテンツは
    どういうものに変化しているのでしょうか。


    倭寇(わこう)


  • 広告
  • 賽ポケ3期 基本原則

    2019-07-02 18:294


    1・
    選択肢がある所ではサイコロを振る


     選択肢が 2つ  → 1 2 3 、4 5 6         【6面ダイス】
      〃   3つ  → 1 2 、3 4、5 6         【6面ダイス】
      〃   4つ  → 1 2 、3 4、5 6 、7 8      【8面ダイス】
      〃   5つ  → 1 2 、3 4、5 6 、7 8 、9 10 【10面ダイス】
      〃   6つ  → 1 、2 、3 、4 、5 、6     【6面ダイス】
      〃  7つ以上 → 都度説明

    - 例外 -
    ・フィールド上におけるメニュー画面の操作や、
     「いあいぎり」の使用時などの片方を選ばなければ永遠と問答を繰り返す時。
    ・ポケセンでの回復やパソコンの操作
    ・戦闘中の「たたかう、どうぐ、ポケモン、にげる」のどのコマンドを使うか

    ※なので主にサイコロを振るのは

    「戦闘中に使う技」 
    1~4択
    「道具の使用」   
    そのターンに使用していいかどうか  ※フィールド上は自由
    「ポケモンの交代」 
    自分含めて誰に交代するか
    「進化キャンセル」 4,5,6が出たらキャンセルしないといけない
    「技覚え」     
    技を覚えていいか&どの技を忘れるか
    「買い物」     
    どの道具を、何個買うか ※所持金オーバーは罰則、売却禁止
    「ニックネーム」  
    文字数を決める→50音表を賽子で割り振って決める


    2・野生ポケモンを倒しての経験値取得禁止


    レベル上げまくってクリアしたら元も子もない為。
    やってしまったら「罰則」

    ※捕獲もあるので倒さなければ弱らせて良い。
    ふしぎなアメやトレーナー戦、イベント戦闘はok。

    但し、何度も再戦可能なトレーナーは再戦不可とする。


    3・罰則とは

    ルールを破った時、破った瞬間の手持ちの中から1匹を逃がす。


    4・ボーナスLvアップ

    1. ポケモンを手に入れた時
    2. ジム戦をクリアした時のパーティ全員
    はそれぞれに6面サイコロを振って
    出た目の数だけレベルを上げてよい
    (この時だけ野生ポケモン倒してok、サイコロ振らなくていい)
    これにより運が良い子ほど強くなる。


    5・サイコロの振り忘れ

    サイコロを振る必要があったのに
    振らずに選択した場合は、罰則とします。
    気付いた段階ですみやかに執行する。


    6・技忘れの人利用禁止

    何度も使える秘伝マシン等と組み合わせる事で
    「なみのり」だけを覚えている水ポケモン…のような
    サイコロの意味が無いポケモンを作れてしまう為。


    7・同じポケモンは2匹目以降の捕獲禁止

    技覚えが悪いと同じポケモンを捕まえなおす、
    みたいな愛の無い厳選を防ぐ為。


    8・詰んだら最初から

    最後の1匹のポケモンを罰則で逃がす…etc



    ① PP回復アイテムの使用

    どの技を回復させるか、をフィールド上でも
    サイコロを振って決める。


    ② 技の思い出しの制限

    各ポケモン毎に、人生1回のみとする。


    ③ 通信交換は進化させる時のみ利用

    貰ったポケモンは使わない。


    ④ 毎日やれるイベント

    日付が変われば無限にやれるイベントは
    最初の1回のみやってよいものとする。
    (どうぐくれる人やトレーナー戦)


    ⑤ 技マシンの制限

    この世代から技マシンが無限に使える仕様。
    強すぎるので各種、1回のみ使えるものとする。
    秘伝マシンは何度でも使ってよい。


    ⑥ 休業システム


    ジム戦をクリアした時、そのパーティの中から
    サイコロで1匹を選んで、次のジム戦クリアまでパソコンに預ける。
    (強キャラ1匹無双や固定パーティ化を防ぐ)
    (レベルアップボーナスを行った後)


  • ついにニコニコのランキングが変わったよ

    2019-06-28 04:2020

    ランキングについて話した記事(ar1720210)
    から約半年が経ちまして。

    先日の6/26。
    ついに広告が反映されない
    ランキングへと仕様が変わりました。


    ※仕様変更後1日くらいの、
    あるタイミングのランキング
    (一応モザイクかけといた)


    昔のような、再生数やコメントが評価されやすい、
    コンテンツの純度が重要になる
    ランキングへと変わりました。

    まぁ…広告ポイントは反映されなくなったものの
    順位は表示せず(画像でいう所の1位の上、5位の下)
    にあたかもランキング上位感出して存在しとるけど、
    まぁ前に比べたら屁みたいなもんなのでいっか


    ここからまたニコニコが
    昔のような活気を取り戻していったら
    嬉しいなぁ、と思う所存でございます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    視聴者のみんな。

    1月から今の今まで
    動画に対する広告ありがとうございました。

    毎日チケットでやってくれた人も
    思い出したタイミングでやってくれた人もありがとう。
    助かったし、応援も届きました。

    システムも変わったこのタイミングから、
    もう広告は必要ないです。

    普通に動画を見て、コメント打って、マイリスして…
    今まで通りのニコニコ動画で大丈夫です。

    だから僕も普通に
    みんなが見たくなる、コメントしたくなる。
    そんな動画作りを再度心掛けて
    やっていきたいと思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    生きがいになるほどじゃなくていいので、
    皆の生活でのストレスや嫌な事が、
    僕の作るもの、やること、喋る事で
    笑って少しでも忘れて貰えるなら本望です。


    2019.6/28 倭寇(わこう)