• このエントリーをはてなブックマークに追加

PLANETSチャンネルでできること

宇野常寛が主宰するPLANETSのウェブマガジンです。政治からサブカルチャーまで独自の角度と既存のメディアにはできない深度で情報発信しています。
▶メールマガジン(Daily PLANETS)
毎平日の朝7時に新規記事を配信しています。さらに、これまで配信した1800本以上の記事もすべて読み放題です。

▶動画配信
対談番組「遅いインターネット会議」をはじめ、実況配信や感想戦など、幅広いジャンルの番組を(ほぼ)毎週お届けしています。さらに、これまでに放送した1400本以上の動画も見放題です。

  • 4日後

    放送予定 12/03 20:00 - 

    タイムシフト予約 47

    この番組では、毎月話題作を一つ取り上げて語り合う座談会を行っています。 年末最後の放送になる今回は、2021年のアニメ(などの)総特集です! 鬼滅の刃 無限列車編・遊郭編、劇場版 呪術廻戦 0、進撃の巨人、 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ、シン・エ...

  • 1週間後

    放送予定 12/09 19:25 - 

    タイムシフト予約 11

    昭和の終焉を象徴する、美空ひばり「川の流れのように」から、 令和の幕を開けた米津玄師「Lemon」まで、 30のヒット曲から「平成」という時代の深層心理をさぐった 新著『平成のヒット曲』が話題の柴那典さん。 「歌は世につれ世は歌につれ」の決まり文...

メルマガ

  • 男と酒器2|井上敏樹

    平成仮面ライダーシリーズなどでおなじみ、脚本家・井上敏樹先生のエッセイ『 男と××× 』。贋作を買わされたという友人の体験談から、こだわりのお酒の注ぎ方まで、前回に引き続き骨董にまつわる敏樹先生のエピソードが語られます。 「平成仮面ライダー」シリーズなどで知られる脚本家・井上敏樹先生による、初のエッセイ集『男と遊び』、好評発売中です! PLANETS公式オンラインストアでご購入いただくと、著者・井上敏樹が特撮ドラマ脚本家としての半生を振り返る特別インタビュー冊子『男と男たち』が付属します。  詳細・ご購入は こちら から。 脚本家・井上敏樹エッセイ『 男と××× 』第68回 男 と 酒 器 2     井上敏樹  私の友人にKという骨董好きがいる。私同様、酒器を中心に蒐集しているのだが、大きな狐に憑かれている。狐に憑かれる、とは物に執するあまり頭が変になる状態を言う。恋愛と同じだ。私もKもお互いに相手が唯一の骨董仲間であり、なんとか相手を出し抜き佳品珍品を手に入れようと骨董屋通いに余念がない。 そのKがやってしまった。贋物を掴まされたのである。しかも相手は確信犯。タチが悪い。その日、ちょっとした用...

    2時間前

  • 12/19(日)リアル開催!2021年をまるごと振り返るトークショー「Hikarie + PLANETS 渋谷セカンドステージSPECIAL PLANETS大忘年会2021」

    毎年恒例で開催の「PLANETS大忘年会」、今年はコロナ禍を経て、渋谷ヒカリエにて約2年ぶりのリアル開催です! 世間やSNSのタイムラインの空気に流されないPLANETSならではの切り口で、社会・文化・政治の垣根をこえて1年を総括する「PLANETS大忘年会」。 昨年以来のコロナ禍のもと、東京オリンピックの決行やアフガニスタン情勢、衆院選と岸田政権の成立など、国内外で歴史的な変化が続いた2021年。「エヴァンゲリオン」や「進撃の巨人」の完結など、文化の面でも大きな節目となる動きが目立った今年の重大ニュースを振り返りながら、これからの私たちの暮らしがどう変わっていくのか、改めて考えていく1日です。 感染症対策も油断なく続けつつ、たくさんの方のご参加をお待ちしています! PLANETSチャンネルでは生中継もありますが、会場でのリアル参加も募集中です。 ぜひこちらからお申し込みください。 通し券(出入り自由)ほか、各部のみの参加券もあります。 ▼イベント概要 Hikarie + PLANETS 渋谷セカンドステージSPECIAL PLANETS大忘年会2021 ▼タイムテーブル&出演者 14:00〜15:00 【第1部】パンデミックは僕たちの生...

    2日前

  • 大西洋沿岸のインフォーマルマーケットとレバノン人ネットワーク

    おはようございます。 今日はWebマガジン「遅いインターネット」の最新記事と、併せて読んでほしいおすすめ記事をご紹介します。 先日公開されたのは、国際コンサルタントの佐藤翔さんによる連載「インフォーマルマーケットから見る世界──七つの海をこえる非正規市場たち」。 中南米地域では地中海東岸・レバノンからの移民ネットワークがこの1世紀あまりで拡大しているなか、ブラジル出身のカルロス・ゴーンやメキシコの富豪カルロス・スリムなど、国際ビジネスの表舞台でも存在感を発揮するレバノン人たちの活動が、いかに大西洋西岸のインフォーマルマーケットを牽引しているかにスポットを当てます。 今回の記事と併せて、こちらの記事も(もういちど)読んでみませんか? この国の未来のために「ほんとうに大事なこと」は、どのように決められているのでしょうか。Government Curation略して「GQ」では、現役官僚の橘宏樹さんが、メディアが報じない重要政策の動向を、折々の「官報」などから読み解きます。第1回のテーマは「スーパーシティ」。人工知能やビッグデータの活用で世界最先端の未来都市の実現を目指すというこの特区構想のなりたちを検...

    3日前

  • 正義を振りかざす「極端な人」から社会を守る|山口真一

    今朝のメルマガは、PLANETSのインターネット番組「遅いインターネット会議」の登壇ゲストによる自著解説をお届けします。 今回は、経済学者としてネット炎上分析に携わる山口真一さんをゲストにお迎えした「正義を振りかざす『極端な人』から社会を守る」(放送日:2020年10月27日)内で紹介された、『正義を振りかざす「極端な人」の正体』について。 ネット上の過激な世論を形成する「極端な人」の正体とは何か。「インフォデミック」としてのコロナ禍を通して、情報リテラシーの向上が生活上の課題として広く共有されるようになった今、改めて「炎上」のメカニズムを統計的に分析します。 (構成:徳田要太) 正義を振りかざす「極端な人」から社会を守る|山口真一 経済学者として、ネット炎上の分析を計量経済学的に行ってきた山口真一さん。 攻撃的なネット世論を形成する「極端な人」の影響力と実際の人数、そして「極端な人」が生まれる背景を論じた『正義を振りかざす「極端な人」の正体』(光文社新書、2020)の概略について、ご本人より詳しく解説していただきます。 山口真一 『 正義を振りかざす「極端な人」の正体 』 光文社新書...

    4日前

  • 生命と宇宙を貫く法則を体感させたい|猪子寿之

    チームラボの代表・猪子寿之さんの連載「連続するものすべては美しい」。今回は、岡山の福岡醤油ギャラリーで開催中の展覧会「 Teamlab: Tea Time in the Soy Sauce Storehouse 」をめぐる対話です。「自分自身でありながら、世界の一部にもなれる」感覚を味わえる作品、近くと遠くで見え方が変わる新しい色。不思議な感覚の先に現れる、自分と世界の「ととのう」が重なり合う体験について語り合います。(構成:小池真幸) ※「連続するものすべては美しい」の第1回~第5回はPLANETSのWebマガジン「 遅いインターネット 」にて公開されています。今回からメールマガジンでの先行配信がスタートしました。 猪子寿之 連続するものすべては美しい 第6回 ​​生命と宇宙を貫く法則を体感させたい 「個vs全体」──近代人がとらわれていた二項対立を解体する 猪子  今日、宇野さんに体験してもらった企画展は、2021年4月15日から2022年3月31日まで岡山の福岡醤油ギャラリーでやっている「 Teamlab: Tea Time in the Soy Sauce Storehouse 」。ここはもともと、醤油製造に使われていた古い建物だったんだけど、実業家で、現代アートのコレクターでもある石川康晴さ...

    5日前

  • ​​霎時施(こさめときどきふる)日の物思い|菊池昌枝

    滋賀県のとある街で、推定築130年を超える町家に住む菊池昌枝さん。ここの連載ではひょんなことから町家に住むことになった菊池さんが、「古いもの」とともに生きる、一風変わった日々のくらしを綴ります。いよいよ肌寒くなってきたなか、古民家の隙間風に悩む菊池さん。今回はそのユニークな対処法と、最近試行錯誤している「糠漬け」をめぐる実験記です 菊池昌枝 ひびのひのにっき 第5回 ​​霎時施(こさめときどきふる)日の物思い 何でも金継ぎと気候温暖化のこと  ひと雨ごとに寒くなっていよいよストーブを引っ張り出す。日もくれる頃にはじわっと寂しくなるのである。この春から金継ぎを習い始めた。友人トムのパートナーであるのり子さんが師匠だ。美大出で金継ぎ作家の活動をしている彼女の抜群のセンスに惚れて、田舎タイムでのんびり教わってこの秋の日を楽しんでいるのだ。以前に触れたが我が家の蔵には昔の器類があり、ヒビが入っていたり欠けていたりするものもある。それを捨てずにコツコツと一体どれくらいかかるのかわからないが直していくのだ。 ▲写真は金継ぎ中の5つの作品  ところで金継ぎはどういう手順で完成させるのかご存...

    2021-11-22

  • 視覚言語としてのグラフィックレコードが見せる世界

    おはようございます。 今日はWebマガジン「遅いインターネット」の最新記事と、併せて読んでほしいおすすめ記事をご紹介します。 先日公開されたのは、視覚言語研究者・デザインリサーチャーの清水淳子さんによる特別寄稿です。 言葉ではうまく伝えられないことが、イラストにするとあっさり納得できる──。こうした文字言語とイラスト表現との認知の違いはどうして生まれるのでしょうか。話し言葉を視覚言語としての「グラフィックレコード」に「翻訳」する清水淳子さんに、文字言語の外側の情報認知について論じていただきました。 今回の記事と併せて、こちらの記事も(もういちど)読んでみませんか? アート集団チームラボの代表猪子寿之さんと宇野常寛の対談「連続するものすべては美しい」。2020年8月に開始したアートプロジェクト「フラワーズ ボミング ホーム」、2019年10月より上海で実施中の常設ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」、そして2020年9月に韓国で始まった展覧会「teamLab: LIFE」がテーマに語り合いました。絵画のロジックを超えて、身体と作品の境界線が存在しない「超主観空間」が生み出す体験について、語り合いました...

    2021-11-19

  • 八王子駅から西放射ユーロード、中町、田町まで|白土晴一

    リサーチャー・白土晴一さんが、心のおもむくまま東京の街を歩き回る連載「 東京そぞろ歩き 」。今回歩いたのは八王子周辺です。 横浜や山梨のお土産が(なぜか)置かれていることから、一見土着性を欠いているように思える八王子駅からたどるこの土地の歴史とは? かつての「再現」として作られた「黒塀」と、今なお現存する「黒塀」とを見比べながら、八王子の歴史を語り歩きます。 白土晴一 東京そぞろ歩き 第8回 八王子駅から西放射ユーロード、中町、田町まで  コロナ禍はいろんな所に影響を与えたが、古書業界も相当にきつかったと思う。  古書屋さんは店舗で営業する場合もあるし、カタログやネットでの注文のみという無店舗で営業する業者さんも多い。  しかし、忘れてはいけないのは、「古本まつり」や「古書市」などのイベントでの販売である。  いろんな古書屋さんが集まって、屋内の会場や屋外の広場や通りにブース、本棚を並べて古書を販売するイベントは、いろんな地域で行われている。京都の「下鴨納涼古本まつり」なども有名だが、本の街である神田神保町では毎年10月下旬から行われる「神田古本まつり」が一番規模が大きいと思う。 ...

    2021-11-18

  • 2年ぶりにした打ち上げ|高佐一慈

    お笑いコンビ、ザ・ギースの高佐一慈さんが日常で出会うふとしたおかしみを書き留めていく連載「 誰にでもできる簡単なエッセイ 」。 今回はライブ終わりの「打ち上げ」をめぐる、とある先輩芸人とのエピソード。「売れてる芸人の基準」について議論に花を咲かせながら、彼の別れ際にこぼした「ある一言」に、高佐さんが思うことは……。 高佐一慈 誰にでもできる簡単なエッセイ 第23回 2年ぶりにした打ち上げ  先日、オードリーネタライブという、オードリーの二人が不定期で開催しているライブに出させてもらった。ネタライブという名の通り、オードリー含め数組の芸人がネタを披露するだけの至ってシンプルなライブだ。特別な企画コーナーなどはなく、ある意味ストイックなライブでもある。  僕らザ・ギースは、どういうわけか毎回このライブに呼んでもらっていて、下手したら初回から一度も欠かさずに出演しているかもしれない。若林さんが本当にどういうわけだか僕らのコントを好いてくれていて、僕らがキングオブコントの決勝に残るとか残らないとか、今上り調子だとか下り調子だとか、そんな世間の風向きなど一切お構いなしに呼んでくれるのだ。同世...

    2021-11-17

  • 【本日開催】民主主義をアップデートする シビックテックの可能性と課題|大西ラドクリフ貴士×隅屋輝佳×藤井宏一郎(リアル開催&生中継あります)

    おはようございます、PLANETS編集部です。 (ほぼ)毎週火曜日の夜に開催中の「遅いインターネット会議」。今月も有楽町のコワーキングスペース・SAAIでのリアル開催を実施しています! 本日開催のテーマは「民主主義をアップデートする シビックテックの可能性と課題」です。 PLANETSチャンネルなど各スタンドでは生中継もありますが、気になる方はぜひ会場へ遊びに来てください。 11月16日(火)19:30〜 民主主義をアップデートする シビックテックの可能性と課題|大西ラドクリフ貴士×隅屋輝佳×藤井宏一郎 今回の「遅いインターネット会議」では、シビックテックによる民主主義のアップデートの可能性について考えます。 ゲストは、リクルートを経て、国際情勢や歴史認識に関する議論を通じ国籍や人種を超えた相互理解を促すためのサービス作りや、SNSとは異なる対話プラットフォーム提供を行う大西ラドクリフ貴士さん、 市民や専門家が協働で法改正の提案をするためのオープンコラボレーションの場づくりを目指す隅屋輝佳さん、 パブリックアフェアーズの専門コンサルティング会社であるマカイラ株式会社を設立し、代表をつとめる藤井宏一...

    2021-11-16