DQ2 逃げOR対処
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

DQ2 逃げOR対処

2015-10-03 22:49
  • 1

1週間くらい前からRTAを始めました!たのしいです(^p^)
現在やっている「もょもとRTA」のエンカについて考察します




1. 逃げと対処どっちが速いのか?

予想: 単体なら狩った方が早そう

勇者の泉の洞窟で測定した結果:

逃げミス0: 4.4秒
逃げミス1: 8.6秒
逃げミス2以降はデータがほとんど取れなかったが1ミスごとに+4.2秒とする

逃げ率は常に2/3であることから、逃げミス回数期待値nescは以下の無限級数で与えられる:

nesc=2/3*0+2/9*1+2/27*2+......=0.5

よって逃げの時間期待値tescは逃げミス0.5回相当なので

tesc=4.4+4.2*0.5=6.7 秒

一方、対処の時間の測定結果tfightは8.0秒だった

結論: 単体でも逃げた方が速い




2. 逃げと対処どっちが被ダメージが小さいのか?

予想: 単体なら狩り、複数なら逃げた方が安全そう

敵の数をN, 一撃あたりの被ダメージをdとすると
逃げのダメージ期待値Descは、前述の逃げミス回数期待値nescを用いて

Desc=Ndnesc=0.5Nd


対処のダメージ期待値について、敵の数がnのターンに喰らうダメージ期待値Dn
先攻後攻が完全ランダムであることを踏まえると
・もょもとが最後攻する場合:1/(n+1)の確率でndダメージ
・それ以外の場合 :n/(n+1)の確率で(n-1)dダメージ
これらの和であらわされる:

Dn=1/(n+1)*nd+n/(n+1)*(n-1)d=n2/(n+1)*d

1ターン1キルならば、対処のダメージ期待値DfightDnn=Nからn=1までの和で与えられるので

Dfight={1/2+4/3+9/4+...+N2/(N+1)}d
≧{0.5+0.5+0.5+...+0.5 }d
=0.5Nd
=Desc


DfightDesc


結論: 単体でも逃げた方が被ダメージが小さい




直感に反して、単体エンカも逃げた方が速くて安全なことがわかった(こなみ)


広告
×
"先攻後攻が完全ランダムであることを踏まえると"(大嘘)

素早さ/2+(0~256)で判定してるらしいですね
もょもとより素早い悪魔神官、アークデーモン、はぐれメタルは戦ってしまうと先制されやすく被ダメージ回数期待値が逃げより多くなってしまうのでどう考えても逃げです

逆にもょもとより遅い有象無象の雑魚どもは戦った方が被ダメージ回数期待値が少なくなりますので、薬草消費を抑えたければ戦うのもよいと思いました
58ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。