ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

アウトドアビーフシチュー(2人前)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アウトドアビーフシチュー(2人前)

2021-01-24 21:15

     自宅で作ったビーフシチューをキャンプでも作るので、そのためのアレンジ備忘録。4人前以上で作ったほうがおいしい。参考レシピは『「ビストロ仕立てのスープと煮込み」(谷 昇)』の「ビーフシチュー」から。この本は自分にとっては煮込料理のバイブルとも言える一冊。

    【使用アウトドアギア例】

    • 焚火缶S (DUG)
    • レギュレーターストーブ ST-310(SOTO):炒め用、別ゆで用
    • 薪グリル(UNIFLAME):煮込み用

    【材料】

    • 牛肩肉:300g(大き目の一口大)
    • 玉ねぎ:1個(大き目の串切り)
    • トマト:1個(賽の目切り)
    • ジャガイモ:1個(大き目の一口大)
    • にんじん:1本(大き目の乱切り)
    • ブロッコリー:大き目4切れ
    • 無塩バター:10g
    • オリーブ油:大さじ1
    • 強力粉:小さじ1/2
    • 赤ワイン:75㏄
    • ローリエ:1枚
    • 水:250㏄+α
    • 塩:適量

    【作り方】

    1. 牛肩肉に小さじ1の塩を振り、30分寝かす。
    2. 焚火缶(本体)にオリーブオイルを入れ、牛肩肉の全面にしっかりと焼き色を付ける。
    3. 牛肩肉に強力粉をまぶし、粉が薄茶色になるまで香ばしく焼き上げる。
    4. 赤ワインを入れ、アルコールを飛ばしつつ、鍋にこびりついた旨味をこそげ取る。
    5. トマト、ローリエ、水250㏄を鍋に入れ、煮立ったら灰汁を取り除く。湯の面がゆらゆらと揺れて、時折ぼこっと泡が立つくらいの弱火にする。
    6. 焚火缶(蓋)に、バター5gと玉ねぎを入れ、柔らかく、甘みが出てくるまで炒める。
    7. 6.を5.に入れ、2時間ほど蓋をせず煮込む。水が減ればその分足す。
    8. 肉が柔らかくなったら、焚火缶(蓋)に、バター5gとにんじんを入れ、艶良く炒める。
    9. 鍋に、8.とじゃがいもを入れ、柔らかくなるまで煮込む。
    10. 別ゆでしたブロッコリーを添えたら、完成。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。