Steamサマーセールで"買わなかった"ゲーム
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Steamサマーセールで"買わなかった"ゲーム

2014-07-01 00:55
  • 6
Stalker実況はセーブデータ互換なしといわれる新パッチが出る出る詐欺を続けているので作れません。一旦お休み中です。
お休みしたからって別に面白くなるわけじゃないです。本当です。お願いですから充電中だとか勘違いして期待しないでください。

というお知らせをするために何か記事を書こうと思います。


そういえばあと4時間くらいで今年のsteamサマーセールも終了しますね。
自分が買ったものを紹介する公開オナニー記事でも書こうと思ったけど、DishonoredとかskyrimのDLCとか有名どころしか買ってないし、セール終わったら何の意味もない記事になるので、むしろ欲しいけど買わなかったゲームを紹介したいと思います。50音順。


・Age of Wonders III
http://store.steampowered.com/app/226840/
2014年4月1日発売 定価:$40  セール中最大割引:-50%($20)

戦闘、戦術に重きを置いた4x系ターンベースストラテジー。
「小規模なメーカーが」「マイナーな名作シリーズを」「時流に沿わない内容で発売し」「確かな評価を得る(Metascore&ユーザースコア8前後)」という手放しで絶賛したい背景を持ってるけど、こういうゲームは何年経っても楽しめるので時間に余裕の無い今は泣く泣く見送り。

Battle Worlds: Kronos
http://store.steampowered.com/app/237470
2013年11月5日発売 定価:$20  セール中最大割引:なし

ファミコンウォーズに代表されるマップクリア形式の戦術級ターンベースストラテジー。この昔なつかし(システムソフト・アルファー的にはナウ)なジャンルを現代に蘇らせたと製作者が息巻いていたKickstarter産のゲームだけど、ユーザー評価がどうもよろしくない。どうやら地形効果が存在しなかったりAIが平凡以下らしい。それは・・・致命的だなあ。というかまずサーマーセ―ル中に割引無かった。GOGで半額だったらしいけど見逃した。

で、なんでそんな微妙なタイトルが欲しかったのかというと、以下のトレイラーに心を惹かれたから。


上記動画の37秒くらいにある、7年前のプロトタイプ版が個人的にツボすぎた。いや多分この手のゲームに興味のある全人類のツボを突いたグラフィックに違いない。なぜこのまま出さなかったのか、私には理解に苦しむね(ペチペチ)


・Door Kickers
http://store.steampowered.com/app/248610
2013年9月4日発売(早期アクセス)定価:$15  セール中最大割引:-20%($12)

Frozen SynapseやBreach&Clearなど1ジャンルとして出来上がりつつある見下ろし型リアルタイムタクティカルストラテジー。自分でも何言ってるかわからないぞ。
SWAT隊員一人ひとりの一挙一動を細かく指定し武装した犯罪者の魔の手から人質を救出したりするゲームで、シンプルな見た目とは裏腹にオプティワンド(ドアの隙間から除く望遠鏡)を使えたり、フラッシュバンを投げる角度を決められたりとなかなか濃い内容になってるっぽい。ただ値引き率が渋いのと、早期アクセスなので早まるのはまだ早いと判断し保留。


・Enemy Front
http://store.steampowered.com/app/256190
2014年6月11日発売 定価:$30  セール中最大割引:なし

このところご無沙汰のWW2モノシューターの登場だ!アメリカ軍のコマンドーとなり、ヨーロッパ大陸を渡り歩きナチ共を破壊しつくせ!
という触れ込みだったのが、いつの間にか主人公はレジスタンスの従軍記者となり、ステルスを宣伝文句にする内容となり、プレイ動画はスクショ詐欺気味、Metascore57、ユーザースコア5.7という絶対的な凡作扱いとなってしまった。でも欲しいんだ。だってWW2だから。


・Might & Magic X - Legacy
http://store.steampowered.com/app/238750
2014年1月23日発売 定価:$25  セール中最大割引:-33%($16.74)

ねっとりの人がやってた世界三大RPGシリーズ(諸説あり)の最新作。
Age of Wondersもそうだけど、こういったネームバリューしか残っていない過去のシリーズの新作が、今の時代に合わせることなく昔のスタイルのままでリリースされるのってほんと美しい。新作と称してソーシャルゲームやF2Pにして再起不能になるまで使い潰す墓暴き商法が後を絶ちませんからね・・・
あ、Might & Magic X自体はAge of WondersIIIと同じ理由で見送りです。もうすこし大きな値引きが来ると思ったんですけどね・・・


・Quake IV
http://store.steampowered.com/app/2210
2005年10月18日発売 定価:$20 セール中最大割引:-50%($10)

かの人体改造シーンがあまりにも有名すぎるFPS。昔からずっとやりたかったけど日本から買えなくて、やっと販売されたと思ったらQUAKE Collectionには入ってなくて、全然割引もされなくて。もしかして今回のセールが歴代最安値かも。とにかくあまりにも待ちすぎて、なんで欲しかったのか忘れた。多分普通の撃ったり隠れたりして進んでいくゲームがしたかったんだと思う。


・RUNNING WITH RIFLES
http://store.steampowered.com/app/270150
2014年3月14日(早期アクセス) 定価:$10
 セール中最大割引:なし

botが沢山出てくる見下ろし型シューター。
これは昔から期待してたゲームで、ただ仲間と一緒に歩きまわってランダムリスポンする敵集団を倒すだけのアルファビルドのデモをプレイしたことがある。その時既にプレイヤーキャラがパタパタ動きまわる操作感、仲間や敵がワイワイする臨場感は完成されており、一体どんなゲームになるのか注目してたけど、まんまストレートなゲームにしたようだ。
でもレビュー見ると結構好評で、80時間くらいプレイしてる人もいるので値引き無くても買ってもいいかも。


・Ultimate General: Gettysburg
http://store.steampowered.com/app/306660
2014年6月12日(早期アクセス) 定価:$10  セール中最大割引:なし

こないだ発売されたばかりなのにセールが来るわけ無いだろ!いい加減にしろ!と言いたくなるけど、まあセール中の高揚感とかで買う機会があったかもねってことで。
本作はEmpire: Total WarのMODとして有名な「DarthMod」の作者が作ったインディーゲーム。ジャンルは見下ろし型Empire: Total War・・・また見下ろし型か壊れるなぁ。
詳しい内容はハッキリしないけど、レビューを見ると好評価なのでこちらも割引無くても買って良さそう。何より早期アクセスながら、リリース時既に完成度80%と宣言してるのがいいですね。世の中の早期アクセスは売り物レベルじゃないまま発売して、ちっとも進展がないのが結構あるから・・・。


・Unclaimed World
http://store.steampowered.com/app/284100
2014年3月27日(早期アクセス) 定価:$13  セール中最大割引:なし

売り物レベルじゃないまま発売して、ちっとも進展がない見下ろし型惑星開拓シム。現在のビルドは30分くらいで終了しセーブもできないそうだ。まだ未完成なのでなんとも言えないけど、トレイラームービーを見る限り完成したら間違いなく名作。多少ゲームバランスが悪くても雰囲気だけで満足です。ただ残念ながら、まだ買って応援という踏ん切りは着かない。


・World of Subways 2 – Berlin Line 7
http://store.steampowered.com/app/283600
2014年6月13日発売 定価$25 セール中最大割引:なし
 
販売ページにあるムービーがとても怖い。恐怖を煽るBGM、薄暗い線路、生気の無い人々、謎の早送り演出・・・いったい何が始まるんです!?
何も始まりません。だってこれ地下鉄シミュレーターだから。
近頃はシミュレート要素よりもネタ要素で勝負する作品が目立ち始めたシミュレータ界隈。プレイ動画を見るとこのゲームも自由に動けたり操作が手軽だったり色々できそうな出来。でも流石にネタのために25ドルは出せません。

そういや最近、自分のことをクソゲー好きと勘違いしていそうな方を見かけますが、私はクソゲーが好きではありません。これだけははっきりと真実を伝えたかった。面白いゲームが好きだし、つまんないゲームは嫌いです。しかし面白い動画が作れるゲームは問答無用で大好きです。


Xenonauts
http://store.steampowered.com/app/223830
2014年6月17日 定価:$25  セール中最大割引:なし

初代X-comの忠実なリメイクを目指し、5年の歳月を経て販売されたゲーム。しかし開発中にX-comのセンセーショナルなリメイク、XCOM: Enemy Unknownが発売。大抵こういう大衆向けの新作が出ると懐古厨と呼ばれかねない旧来のファンが否定するものだけど、 Enemy Unknownはそういった人たちも納得しかねない傑作だったので、Xenonautsは微妙な立ち位置でのデビューを迎えてしまった。でも個人的にはEnemy UnknownのケバケバしいSFチックが好みに合わなかったし、いかにもコンシューマ向けのUIが気に入らなかったので、Xenonautsに興味がある・・・というか書いてるとやりたくなった。セールなんていらんからこれも買おう。


なんか書いてるうちに残り1時間になってしまいました。ここまで読んでくれてる奇特な方がいたとしたら、もうサマーセールは終了してますね。速読術を持つ方なら、気になったゲームを買ってみてはどうでしょうか。というわけでsteamサマーセ―ル2014で買わなかったゲームは以上となります。


本当はthiefとかダークソウル2についても触れたかったけど、少し前のsteam批判ギャグで炎上したトラウマを思い出してやめました

広告
×
こういうレビューすき 他人の気になってたゲーム を見るの楽しい
67ヶ月前
×
いやー素晴らしかったです。
新作動画も期待しております。
67ヶ月前
×
あ、ヴェルダンがここにないって事は買ったな
だってWW1だぜ?
67ヶ月前
×
シリーズ物はいったんお休みということで
代わりに単発実況とか、どう?
67ヶ月前
×
自分でもなんでか分かんないけど、早まるのはまだ早いが頭から離れなくなった
67ヶ月前
×
>新作と称してソーシャルゲームやF2Pにして再起不能になるまで使い潰す墓暴き商法が後を絶ちませんからね・・・
許すまじDungeonKeeper 許すまじEA
67ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。