【USMSEASON2】相棒軸バナバンギカグヤ【最高1940】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【USMSEASON2】相棒軸バナバンギカグヤ【最高1940】

2018-03-14 19:14
  • 1


初めまして。航(わたる)と申します。普段はニコニコ動画で『相棒と咲かせるシングルレート』というタイトルでポケモン動画を投稿しております。

 自己最高レートを更新しましたので、こうして記事を書かせていただきます。未熟な点も多々あるとは思いますが、お付き合いいただけると幸いです。

【型紹介】



フシギバナ@メガストーン 控えめ

H252、B100、C152

187-×―116(156)-154(178)-120(140)-100

()内はメガ進化後の数値

【技構成】

ギガドレイン/ヘドロ爆弾/めざめるパワー(炎)/光合成



基本的なフシギバナ。耐久ベースでは無く火力に補正をかけることでサイクル戦での負荷をかけることが出来る。HDボーマンダに3~4割、耐久無振りのリザードンX、バシャーモに7割、ダメージを入れることが出来るため、その後のサイクルが非常に戦いやすくなる。最後の補助技は光合成を採用。後述するバンギラスとの相性が悪いと思うかもしれないが、同時選出してもそこまで困ることは無かった。あることで耐久ふりのランドロスの地震を受け続けることが出来、剣舞を持っていないリザードンXを反動だけで倒せたりと恩恵の方が大きいように感じた。炎タイプに勝て、耐性も優秀なのでこいつが居なければもっと苦戦していたと思う。ミミッキュ、ゲッコウガにも基本的に強気に出していった。(マンダ、グロスは今すぐ有給休暇取ってシベリアにでも行ってくれ)選出率は第2位



バンギラス@突撃チョッキ 意地っ張り

H252 A62 D196

207-178-130-×―145-81

【技構成】

ストーンエッジ/地震/追い討ち/冷凍パンチ


対アーゴヨン用決戦兵器。他にもボルトロスなどの等倍特殊ポケモンに強く出ることが出来た。追い討ち、地震両採用にすることでラティクチもある程度は対抗が出来るが、ラティクチ使いは読みレベルが高いので苦労することが多かった。一番多い活躍シーンはアーゴヨンに後出しし、悪巧みされたなら、Zで居座り読み地震、殴ってきたのならば、後続を予想し、技を撃つことが多かった。(地震読みで、ランドロス、リザードンが出てくることが多かった)エッジはメインウェポンで命中を嫌って雪崩にしようと思ったが、某ゴーリ使いから「リザXの乱数が変わるからエッジじゃないと駄目」と言われ、泣く泣く採用。不思議と外すことは少なかった。選出率は5位。



テッカグヤ@食べ残し→(最終日にゴツゴツメットに変更) 呑気

H252、B252、C

204-121-170-128-121-72

【技構成】

ヘビーボンバー/宿り木の種/めざめるパワー(氷)/毒々


マンダを完璧に倒すことに特化したテッカグヤ。毒々の枠には火炎放射を仕込んでいたが、マンダに対して勝てない場面もあり、(強引に積まれ、突破されるなど)毒々を仕込むことで処理速度を高めることを選んだ。ボーマンダが居れば確実に選出した一匹。反面、他のポケモンには強気に出ることが出来ず、グロパン炎のパンチ持ちのガルーラに何も出来なかったので、ゴツゴツメットに変えたところ、相討ちに持ち込めたので、可能性はまだあると感じた。ミミッキュ、ランドロスにも出していけるため、環境対応しているポケモンだなと感じた。選出率3位



アシレーヌ@アシレーヌZ 控えめ

H252、B124、C110、D4、S20

187-84-110-176-137-83

【技構成】

うたかたのアリア/ムーンフォース/めざめるパワー(炎)/アクアジェット


炎対策兼ナットドラン対策ポケモン。ナットレイをアリアZ+めざめるパワーで持って行けるため強気に出していける。耐久に多く割いたので一発耐えて、激流アリアを打ち込める場面も多かった。Zのおかげでサイクルを崩すことが出来、瞑想レヒレなどはバナで対応が出来るため、非常に相性がいいと感じた。バシャーモ、リザードン入りには積極的に選出していた。等倍の相手ならば、水技を連打するだけで押していける場面も多かったため、使いやすかった。選出率は堂々の1位。



アグノム@きあいの襷 臆病

H4 C248 D4 S252

151-×―90-176-91-183

【技構成】

サイコショック/大文字/悪巧み/ステルスロック


今季一番機能したポケモンである。悪巧みサイコショックのおかげで軒並みの受けループに勝つことが出来、高い素早さを生かしての最後の掃除、ステルスロックにより、リザードンなどにも負担をかけることが出来たため、使い勝手は良かった。ラティ兄妹との相違点は悪巧みによる火力エース、ステルスロックを撒ける、炎技を覚える。と言ったところだろうか。個人的には足りないところに手が届くナイスなポケモンだと感じた。選出率は僅差で6位



ドリュウズ@こだわりスカーフ 陽気

A252 D6 S252

185-187-80-×86-154

【技構成】

地震/アイアンヘッド/岩雪崩/角ドリル


全体的に低めなSを補うと同時に、ゲンガー、メタグロスへの対抗として参戦。初手ゲンガーと対面したときは襷読みで突っ張ってくることも多く、スカーフ地震で持って行ける場面が多々あった。型破りによる対ミミッキュ、対浮遊性能も高く、一貫を作った試合では無類の強さを発揮してくれた。電気タイプとの対面では高確率で浮いているポケモンが来るので、交換際に角ドリルを打ち込むのは楽しかった。アイへ、雪崩による怯み効果もあったが、発動することは少なく、ドリルを当てたことの方が多かったように思う。かと言ってドリルに頼ると負けるので、ポケモンは難しいなと感じた。陽気にしているのはスカーフカプテテフを抜くためなので、意地っ張りでの採用も十分に有りだと感じた。リザ対面で雪崩を打てるのは大きかった。選出率第四位。


【総括】

 今回最高レートを更新できた要因は、構築単位でメタが貼れるポケモンが多かったのではないかと考えた。自分で言うのもおかしいが、立ち回り、プレイング共に上手くいった場面もあるので一概に言えないが、バナバンギカグヤ+水枠の構築の形が見えたように思える。バナ軸の完成形を目指して、今後もこの構築をアレンジして、探ってみようと思う。



広告
×
デレマスPなのにバンドリ偽装
17ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。