ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

遥かなる喜望峰~大航海のシンデレラ~ 制作楽屋話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遥かなる喜望峰~大航海のシンデレラ~ 制作楽屋話

2020-03-23 20:37
    はじめましての方ははじめまして
    そうでないかたはこんばんは
    Wattでございます。

    この度、自作品であります卓m@s動画
    「遥かなる喜望峰~大航海のシンデレラ~」が完結しました


    1話がこちら


    1話の投稿が2019年の6月
    全7話を、およそ9ヶ月かかっての完結となりました。

    こちらのシリーズを制作に至るまで、色々ありましたので
    ちょっとだけ舞台裏のお話を書かせていただこうかと思います。

    動画の内容とも一部リンクするところがありますので、
    本編をご覧いただいてからのほうが良いかもしれません(ダイマ)


    ~・~・~・~・~・~
    時は遡って2018年12月2日。
    私はとあるところで、偶然ある方とお会いすることとなりました。
    全くボードゲームと関係のない場所で、偶然お隣さんになった方が、
    今回のボードゲーム「遥かなる喜望峰-航海の時代-」のゲームデザイナーである
    A.I.Lab.遊さんでした。
    (そのときはお名前をお伺いしなかったのですが、あとから知ってびっくりしましたw)

    A.I.Lab.遊さんのお名前は知っていたのですが、ゲームを遊んだことはありませんでした。
    そんなある日、Twitterで「公式のニコニコ生放送でA.I.Lab.遊さんのゲームが遊ばれる」ということを知りまして拝見しに行きました。
    それがこちら
     ※視聴には会員登録が必要になります

    ここで初めて「遥かなる喜望峰」を知り、面白そうなゲームだなあと思い購入。
    で、遊んでみたら想像以上に面白かったのです

    私が動画を作る上でゲームを選ぶ時は、まず実際に遊んで、面白かったらそれでお話が作れないか考える。というようにしています。
    このゲームも、面白かったので動画にしてみたい。アイドルに遊んでもらいたい。
    そう考えていたのが2019年の2月の初旬でした。

    その当時、別のシリーズを手掛けていたのと、4月頃から始まる第8回シンデレラガール総選挙にむけての合作に寄稿する動画編集をしており、手が回りませんでした。
    そして4月~5月頭は、件の総選挙向けの動画を9本投稿する暴挙をやらかしまして、
    それどころではなかったわけでw

    それらがひと段落した5月24日、
    2019年ゲームマーケット春に参加しました。
    そこで出展していたA.I.Lab.遊さんのブースに行き
    「あのときお会いした者です。あなた方が作られた遥かなる喜望峰で動画を作らせてください」(もうちょっと丁寧にお願いはしましたヨ)
    と厚顔無恥な直談判をしましたw

    今思えばなんと失礼なことを言ってるのだろうと頭を抱えたくなりますね
    ですがA.I.Lab.遊さんからは「ぜひやってください」とありがたいお言葉をいただきました。

    私はさらにもうひとつお願いをしたのですがそれは
    「貴方の好きなアイドルを教えてください。出演させたいです」
    というものです。

    そこで教えていただいたのが今回のメンバーのうちの3人です。
    私のほかの動画をご覧になった方なら、今回のメンバー選出が珍しいと思われたかもしれませんが、こういう経緯があったのです。

    その中にいたのが市原仁奈ちゃん(9歳)



    正直悩みました。
    ゲームの対象年齢が10歳以上ということもありましたが、このゲームは運の要素が非常に少ないのです。
    他の子が14~(17)歳ということを考えると、差が付き過ぎてしまい、仁奈ちゃんが楽しくないのではないか。そう考えたのです。
    そこでチームメイトがいて助言するという形にすることをにしました。
    そこから仁奈ちゃんが自分で考え成長する話を書きたい。
    そう思ったわけで。
    そこからはキャラクターと展開が勝手に動いて、話を作ってくれましたw
    未央ちゃんらしい抱え込みと仁奈ちゃんの掛け合いは、キャラクター同士が自分で作ってくれたものです。

    ただ、蘭子ちゃんの言葉(通称熊本弁)は毎回悩みました。
    1セリフごとに10~15分作業が止まるんですw
    その結果、発言が減ってしまったのが心残りではあります。

    と、話が逸れてしまいました。
    今回9か月もかかってしまったのには、間に第十次ウソm@sを挟んだり、みおあい合作に参加したりと、寄り道を多くしてしまったことも要因の一つです。
    でも作者様ご本人に直談判してまで作らせていただいているので、絶対完結させるんだという
    思いで作らせていただきました。

    自分の力不足を感じる出来になってしまったところばかりですが、「遥かなる喜望峰ー航海の時代ー」の動画を作ることができ、大変感謝しております。

    今回妙な縁から動画作成の許可をくださいましたA.I.Lab.遊様。
    そして拝見してくださいました皆様。
    本当にありがとうございます!

    支離滅裂な文章になりましたがこの辺で。
    また次回作でお会いしましょう!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。