2018オークス データ分析・各馬の印象等
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2018オークス データ分析・各馬の印象等

2018-05-18 01:30

    今年のオークスはどうなるのか、データ分析、印象などを
    記載していきます。

    桜花賞の2~5着馬が1~4番に納まるという何とも裏がありそうな枠に見えますねw
    まぁ、内枠が有利ってわけでもないので関係ないんですが(;^_^A


    まずは活用できそうなデータ(過去10年)を探してみます。

    ・10番人気以下(0-1-0-87)
    馬券になったのは前走桜花賞2着馬。この実績でそこまで人気なかった馬って
    中々いないと思いますがw

    ・単勝50倍以上(0-0-0-66)

    ・前走から乗り替わりの関西馬で当日4番人気以下(0-0-0-24)

    ローテ別では
    馬券内30頭中18頭が前走桜花賞。
    その他は前走フローラS(9頭)か忘れな草賞(2頭)と皐月賞(1頭)。

    ◎前走桜花賞で1人気(4-2-2-1)
     

    ◎前走桜花賞1着(3-1-1-4)
     

    ◎前走桜花賞2着(1-3-2-3)
     

    ○前走桜花賞(8-5-5-65)かつ前々走チューリップ賞(7-1-2-23)
     ①②③

    ○前走フローラS(1-4-4-33)で3着内(1-4-3-17)
     ⑧⑪

    前走桜花賞6着以下(2-1-1-42)
    ○馬券内に入った4頭は前々走重賞連対馬
     該当馬なし※一番近いのは③

    -つまり前々走で重賞連対していない馬は馬券外(0-0-0-42)
     

    -前走スイートピーS(0-0-0-23)
     ⑫⑭

    -前走500万下・未勝利(0-0-0-12)
     ⑦⑨⑯⑰

    -前走G2・G3で2番人気以下かつ4着以下(0-0-0-14)
     ⑮⑱

    -前走OP特別で2着以下(0-0-0-15)、前走OP特別で3番人気以下(0-0-0-21)
     


    上がり3ハロン3位以内3頭が30頭中21頭、そして残り9頭の内8頭が4角7番手以内。

    ・上がり3位以内(10-6-5-11)

    ・上がり4~5位(1-2-2-17)

    ・上がり6位以下(0-1-3-120)

    上がりデータに関しては予測していく予定ですが、今回は時間がないので省きます。


    番外編
    ◎ノーザンファーム生産馬で当日2番人気以内(3-4-2-0)
     多分②⑬


    さて、現時点では消し馬は以下となります。
    ⑦⑨⑩⑫⑭⑮⑯⑰⑱

    残り9頭の印象

    ①リリーノーブル
    桜花賞3着内馬では最も評価が低くなるが、それでもラッキーライラックとは僅差。
    まだ見限るのは早いか。

    ②ラッキーライラック
    桜花賞2着馬。無敗で桜花賞まで来て敗れた馬のオークス成績が良いし、他のデータでも
    アーモンドアイより推せるデータが多数。普通に評価すれば軸まである。
    馬番①~⑤はまるで来ていない桜花賞の不利データでも普通に来たし、
    当時のソウルスターリングより強いと思う。普通の桜花賞なら勝ち馬だったしw

    ③マウレア
    ①②とこの馬で阪神JF、チューリップ賞の3着内独占でしたね。この馬と①②との差は
    それほどないように思えるし、展開次第で①には逆転できると思う。

    ④トーセンブレス
    桜花賞4着馬。距離が伸びて良いとは思えない。NHKマイルなら充分勝負になったと思うが。
    ここは消しで。

    ⑤カンタービレ
    フラワーカップ勝ち馬。だが、適正はマイル前後だと思う。ここは消しで。

    ⑥オールフォーラヴ
    忘れな草賞1着馬。一番穴馬っぽいけど、今年のオークスのレベルは穴馬が
    刺さっていけるレベルに思えない。一応紐候補。

    ⑧サトノワルキューレ
    フローラS1着馬。後の青葉賞馬に勝っているし、実力が上位と見られる馬の中で、
    唯一距離実績を持っているのも強味。但し、減り続ける場体重が心配。

    ⑪パイオニアバイオ
    フローラS2着馬。この馬も穴っぽいが、血統背景的にG1で好走?というイメージ。

    ⑬アーモンドアイ
    皆さんご存知の桜花賞馬。後方一気で桜花賞を制した馬というと、ハープスターと
    ブエナビスタですかね。この2頭はオークスでどうだったかというと、前者は2着、
    後者は僅差の1着。これを考えるとラッキーライラック以下にもチャンスは
    ありそうな気もするが、桜花賞の上がりタイムが異常すぎるんだよなぁ(;^_^A
    この日の古馬含めて最速の上がり、そしてこの日の古馬(1600万下)で上がり1位の馬より
    上がりタイムが1.2秒早いw
    G1で上がり2位の馬に1秒近い差をつけた歴代の馬を見ると
    オルフェーヴル、ジェンティルドンナ、ディープインパクト、ナリタブライアンなど
    スゲー名馬たちが出てきちゃうんですよwww
    これは連対確定級ですかね(;^_^A


    今のところこんな感じです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。