2020天皇賞春 回顧
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2020天皇賞春 回顧

2020-05-03 19:43
    天皇賞春【外れ】

    ◎⑦ユーキャンスマイル 4着

    ○①モズベッロ 7着
    ▲⑤ミッキースワロー 3着
    △③トーセンカンビーナ 5着


    昨年の天皇賞春は例外的なドスローからの瞬発力勝負でスタミナはほぼ問われない展開に見えました。
    ↑これがそもそも記憶違い(2018菊花賞と勘違い)
    今年はそこを踏まえ、スタミナがある程度必要、かつ上がりを使える馬に焦点を当て選びました。

    感想としては
    ペース遅っ!!

    多分結果としてフィエールマンが最も得意とする展開ではないでしょうか。
    そしてスティッフェリオがまさかの好走。
    フィエールマンは強い、ということを改めて認識しました。
    過去のディープ産駒とは違う部類として考えます。
    スティッフェリオはG2までの馬だと思っていましたが、相手なりに走る馬として認識を改めます。

    今年は本命サイドを切るとそいつらが来てしまう感じですね(-_-;)

    ん~残念(´;ω;`)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。