現代金融理論「MMT」到来前夜、日本経済予習⑦現状、国内総生産
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

現代金融理論「MMT」到来前夜、日本経済予習⑦現状、国内総生産

2019-04-10 20:59
    GDP国内総生産こくないそうせいさん
    Gross 総体の、全体の
    Domestic 国内の
    Product 生産物

    ・三面等価の原則(3つの側面から見たGDPはすべて等しくなる)
    生産から見たGDPの定義は国内で1年間に生産されたモノやサービスの金額(付加価値)の総和
    所得から見たGDPの定義は生産面から見たGDPを家計、企業、政府が所得した金額の総和
    支出から見たGDPの定義は所得面から見たGDPを家計、企業、政府が支出した金額の総和

    これを式にすると以下のとおり
    生産面から見たGDP=所得面から見たGDP=支出面から見たGDP
    生産=所得=支出




    グローバルノート - 国際統計・国別統計専門サイト 統計データ配信
    https://www.globalnote.jp/

    ・GDPは現状とは違う理論値
     生産したモノ・サービスが100%消費されると仮定した理論値
     日本の国内総生産は内閣府が推計した円建て理論値で比較する

    世界経済のネタ帳
    https://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=NGDP&c1=JP&s=&e=

    実質国内総生産

     以上で説明した国内総生産(名目GDP)は、経済状況のみならず、インフレによる価格変動によっても変化してしまう、そこで価格変動の影響を排除した国内総生産も定義されており、これを実質GDPと呼ぶ。
     価格変動の影響を排除するため、実質GDPではある年(例えば2001年)を基準年として定め、基準年における最終財・サービスの価格を使って現在の国内総生産を計算する。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。