• ニコ動での活動終了のご報告

    2015-01-01 21:24
    みなさま、あけましておめでとうございます。

    syo@パパパPです。

    さて、2015年1発目のブロマガですが、最終回のご報告となります。

    まずは、ツイッターでの先行したご報告のあと、正式な文章としてのご報告が遅くなったことをお詫びします。

    ツイッターでの140文字ではお伝え出来ないため、ブロマガとしてもう少し詳細をご報告させていただきます。

    引退にいたる経緯


    先日「ある出来事」があり、その出来事がキッカケとなり、自分の今までのことの振り返り、これからの立ち振る舞いを考えた上で、

    「このままニコ動で活動することは自分にとってベターな選択ではない。」

    という結論にいたりました。

    私はこれまで数々の過ちを犯し、たくさんの方に迷惑をおかけしてきました。

    その過去のあやまちを自分の中で十字架として背負って、反省し、生きてきた”つもり”でした。

    ただ、

    「私はどこかで反省した”つもり”でいたのではないか。」

    「自分の中でもあいまいなままにして、許してもらっている”だろう”。という安易な発想の下、行動していたのではないか。」


    そのことが「ある出来事」によって、思い知らされることになりました。


    「自分は”つもり”や”だろう”といった思い込みでつけ上がっていたのではないか。」

    「私は、ちゃんととした贖罪をしていないのではないか。」


    そう考えたのです。

    どうすれば贖罪になるのか、自己のつけあがりを防止することが出来るのかを考えた結果。

    「少なくとも、このままニコ動やニコ生に残ることがベターではない。」

    という結論に至りました。

    「ある出来事」については相手があることなので、説明することができません。

    これが引退にいたった経緯です。

    THE TALKOID THEATERについて


    先日復活するといいましたが、上記の経緯による引退のため企画終了とさせていただきます。
    期待させた方々に対しては、大変申し訳ありません。
    混乱をさけるため、先日の復活動画に関しては非公開とさせていただきました。

    現在参加している声劇「ボーカロイドたちの日常」について


    先日、主催の洋画劇場P・績利氏両名に脱退することを報告し、洋画劇場Pから了承の旨の連絡をいただきました。
    途中で脱退することになり大変申し訳ありません。

    動画やアカウント、SNS等について


    niconicoのアカウントは事後管理(荒らしの標的になった場合の対処など)のためや、一視聴者としての視聴用にこのまま残します。なお、ニコレポは非公開とさせていただきます。

    SNSのアカウント
    Twitter:@whatiswebradioは残しますが、今後のログインはありません。
    Skypeも同様に今後のログインはありません。
    (共にリアルの友人と連絡をとるために新アカウントは制作・移行済)

    携帯のメールアドレス、Gmailのアドレス、LINEアカウントについては、リアルでの利用が主のためそのまま継続使用します。
    ただし、今回の活動終了についてのお問い合わせをいただいても一切お答えしませんのでご了承ください。

    最後に

    これまでのニコ動の活動を続けてこれたのは視聴者の方々のおかげだと思っています。
    感謝より先に、こういった形で突然活動終了してしまったことについて申し訳ない気持ちの方が大きいです。
    ただ、それをすべて十字架として背負い続けることで、すべての方への贖罪とすることを決意しました。

    今まで僕に関わってきたすべての方に、「ごめんなさい」の気持ちを持ったままこれから生きていきます。

    本当に今まで申し訳ありませんでした。

    2015年1月1日 syo
    パクリのパクリのパクリでパパパP
  • 広告
  • 【全組視聴済】VM-1グランプリ2014 短評

    2014-12-15 00:27
    どうもパパパPです。

    外野からではございますがVM-1グランプリをみて思ったことを書いていきたいと思います。

    シアターに出て欲しい度!
    (◎→すげぇ出て欲しい。○→出て欲しい。殿→呼べないだろうなぁという諦めを込めた最高評価 ●→すでに出場経験有)を名前の後に入れていきたいと思います。



    No.0001 重倉家 ◎
    ここのmikiちゃんは認めたくない!というのが先行しますが1番の名前にたがわず安定した面白さを発揮してきておりますね。



    No.0002 ルカちゃん&たこルカ ●
    ルカちゃんの引き出しの多さに感動しました。ボカロながら人間のネタを見ているような感覚におちいるぐらい順当に進化をつづけてきたコンビ。今回は優勝するんじゃないかな。



    No.0003 リン&レン ●
    順当に進化してきているがルカちゃん&たこルカの進化にあと一歩追いつけていないのがおしいところ。それはやっぱり人生経験かなぁ。。。本家のTHE MANZAIが博多華丸大吉に若手がかなわなかったぐらいの壁を感じる。



    No.0004 もこもこ~ず◎
    独特な世界観が癖になる人は癖になる。という感じの漫才。
    真のツッコミは視聴者であることを覚悟して、ご覧ください。シアターに出てくれたらその世界観を存分に生かしていただきたい感じ。



    No.0005 みくれれ~ず◎
    歌のチョイスが最近の曲にまた戻してきた感じ。クリスマスソングのネタそういえばやってなかったなぁと思う(というかネタやるの1年に1回のはずなのにデジャブ感はなんなんだろうなぁ笑)



    No.0006 枝豆ストライカーズ◎
    ちょっと勢い先行の漫才のため、この子たちの日常とかのコントが見たい。
    漫才よりかは、コント向きのコンビのような気がする是非ともシアター一緒にやりましょう(ダイレクトマーケティング)



    No.0007 <|><|>(目つき悪い)殿
    結論:自分の壁は分厚い。
    今年のTHE MANZAI 博多華丸大吉のネタを徹底的に分析すればチャンスあるかもしれない。



    No.0008 wellow◎
    動きがあるメリットよりかは、テンポが悪くなるデメリットの方が強く出てしまっている感じ。あと羽音はちょっと気になるかなぁ・・・・。
    ネタはいい感じなのでおしい。



    No.0009 重ね月○
    いろんなものをフラグとして詰め込み過ぎて、見た後にあれ?何のネタだったっけ?と思ってしまった。テンポ・ボリューム共に○なので、もう少し整理するとよくなるかも。



    No.0010 うつらうつら ●
    勢いだけに頼ることなく順調に優等生の漫才にしあげてきたので高評価。
    あとは、爆発力が必要かなぁ。ここからここから。



    No.0012 小なすび2○
    途中でボケとツッコミが入れ替わるタイプの漫才。でも、ひたすらマイペースを貫くユキちゃんが「あぁ・・・可愛いなぁ!もう。」という感じで見てしまう漫才です。



    No.0013 初闇◎
    イラストの低クオリティに反して漫才のクオリティはだいぶ上がっている。
    このために本気でネタ作りをしてきた気合いが伝わってくる。とにかく見よ。



    No.0014 はくしん!●
    UTAUのキャラ設定を生かして、テンポよく丁寧に組み立てていった感じの漫才に仕上がっています。UTAUであれだけの叫び声が作れるのが凄いです。大兄さんまたやりましょう。



    No.0015 特攻娘◎
    好みは分かれると思う。詰め込めばいいってもんでもないし、個性のある人達をパクればいいって言うわけでもない。もう少しそこにオリジナリティを加えていけるとネタのクオリティがあがるかも。



    No.0016 キロミターズ○
    カイトの裸マフラーで出オチしている感が最後まで残っています。
    最後はもう少し綺麗に閉めた方が漫才っぽくなるかもね。



    No.0017 カルガリーサイクロンズ◎
    まず、漫才ではない。どちらかというとコントに近い部類に入ってしまうのが惜しいところ。
    (漫才は下手な小細工とかはあまりしないからなぁ・・・)
    それを抜いてしまえば、純粋にネタ動画として見れば面白いです。がくぽマジ不憫。



    No.0018 Naphthalene◎
    大学を岐阜で過ごした身としては、岐阜バスのネタは面白かったですね。(市内便がノブナガラッピング。)ただ、このイラストの意味は岐阜だから鵜と鮎ですかね笑。
    岐阜ならではのローカルネタ(知ってる人しか笑えない感じの奴)を追求してしてくれると嬉しいです。グミちゃんの動物の鳴き声ネタは一見の価値あり。

    12月15日追加分



    No.0011 ODDs○
    ギリギリに投稿してきて40秒。仕方ない部分はあるが、もっと見たい感じ。
    来年に期待という評価にしておきましょうか。



    No.0019 ネギメシMサイズ◎
    動画も飽きさせない感じに動くので、目指すチャレンジ精神が現れた漫才動画だと思います。
    ご飯食べたあとなので、ちょっとお腹にくる感じでお米成分多めでしたね。
    ただ、某国に喧嘩売り過ぎなので消されないかどうかが心配です。



    No.0020 ドリルCooking◎
    優勝を貰いにきていると自信たっぷりにきているだけあって、正統派に面白い漫才という感じで来ています。初出場のわからない状態からこういう正統派漫才から飛び出してくると評価は爆上げですわ。スゥさんは気に入りそうだ。



    No.0021 デフォルトファミリア◎
    大人数漫才の利点「たたみかけるような展開」が発揮されている感じです。
    デフォルト音源だけでここまでの表現が出来るかぁ・・・と思わず感心していまいます。



    No.0022 ジェスた◎
    どうして、mikiさんは下方向にいくんですかねぇ・・・・・。
    そして本当に綺麗にしまっていくところが凄いですね。ゆかりさんのSAN値は如何に!



    No.0023 たこのチゲなべ◎
    ちょっと冷めたAKAITOとたこルカのコンビ。雰囲気はオードリーのそれに近い。
    パンパンパンイエーイ!で完全にやられました。ゆるーーーい雰囲気がいいですね。
    そういえばたこルカも春日もピンクだったなぁ・・・。



    No.0024 おむにばすっ☆の冬休み◎
    NNMRのネタから選挙ネタとはかなりタイムリーな感じでぶっこんできますね。
    そしてmikiちゃんがさらっと出てきました。そして、ミクちゃんの新人つぶしが恒例だったボカランを熱心に見ていた頃が懐かしい(懐古厨)



    No.0025 みくみく姉妹◎
    姉妹設定の息のあったかけあい漫才が癖になってくる感じですね。
    ボカロのパパっていったら剣持さんだろ!いいかげんにしろ!という突っ込みが俺の中で話題に!



    No.0026 手のひらの中の歌姫たち○
    露骨なまでの宣伝漫才。どっかからCM来ればいいんじゃないかな(適当
    企業ネタはすきな方の部類に入るので続けていただけるとありがたいです。



    No.0027 純米大吟醸●
    出オチからここまでネタが広げられる。そのネタの引き出しの多さが素晴らしいと思います。あまり褒めると友人補正と言われるので、ここまでで。



    No.0028 ココレキP家の愉快な子たち◎
    NNMRネタやっぱり多いなぁ。今年は。にしても「注目点がそこかぁ・・・」と思わせるところが高評価ですね。
    来年以降もこのコンビでお願いします。



    No.0029 せつやく◎
    「アニキイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ。」
    ボケ倒しておいて、逆切れのパターンいい感じです。



    No.0030 海水◎
    涼しい顔していろいろボケ倒してくるスイムちゃんに対して休みもないツッコミ。ツッコミの焦り度はおぼれたときに飲む海水をエンドレスで飲まされる感じですかね(分かりにくい例え
    ヒナちゃんのツッコミがいい感じでした。



    No.0031 ねぎゅうり◎
    毎年出場しているだけあって、クオリティが毎年上がって来ているところが評価ポイント。
    今年はすでにジャンルの概念と化したミクさんの広がりを漫才にしてみたということで笑いながらも「ミクさんすげーな」と思わせる漫才。



    No.0032 はつねぎ 殿
    本当はこんなエントリーナンバーではないと思うコンビなんですが、自分が携わった企画からデビューして、どんどん有名になっていきました。(シアターではないです。)
    ネタのチョイスは、相変わらずカオス度合いを高める方面で安定しています。



    No.0033 るかみっく◎
    終始ゆるーい感じでいくのかなぁと思ったらルカさんが最後にかけてたたみかけてきましたね。確かに年はとりたくないよねぇ・・・・(目そらし



    No.0034  きまぐれスピリッツα ◎
    なんでだろう・・・スゥ会話している気持ちになる・・・。(生放送ネタ
    彼氏が出来ない男をホモにするのはやめた方がいいと思います!!!!!(切実



    No.0036 超時空☆ミキプルーン 殿
    ちなみに車にかんしては車なごコレクションというバグ多めな新規ゲームが出ておりますよね。今年も話題をかっさらっているゲーム艦これをベースに最近のオンラインゲームをいじり倒す方面で展開されています。



    No.0037 とかち急行 殿
    修造と江頭のパンツレスリングは見たいなぁ・・・(いきなりネタバレ
    安心と安定のとかち急行という言葉が合いますね。



    No.0038 のんのん ○
    アノカノを使った漫才で、豊富なメタネタをいれてきた感じですね。
    来年以降この他のネタで真価が発揮されると思います是非とも来年出てください。

    12月16日追加分



    No.0035 スカラカチャカポコ
    (生放送引用不可設定のため、裏で視聴)
    ボーカロイドなのに歌が下手とはこれいかに。世の中をしっかり風刺しているネタなので見ていて飽きないです。



    No.0039 エルドライブ◎
    街頭インタビューネタときましたか・・・ただ、リア充って待ち合わせ最中にアンケートに捕まるんですかね。。。。(血涙
    ミクさんの心地よくずれていく感じが気持ちよかったです。



    No.0040 AgNO3 殿
    こんな批評なんかできなくてごめんなさいねぇ!(デイリー任務消化。毎朝5時更新)
    テンポもネタも去年よりパワーアップしていて気持ちよく見れました。
    今後も期待しております。



    No.0041 今年の二人○
    関西弁のしゃべくり漫才を再現しようと頑張っているルカさんとそれに振り回されるメイコ姉さんまじ不憫。俺も「漫才弁使ってます!」っていうの使おうかなぁ・・・。
    いろんな人の視線を感じるのでやめておこうか。



    No.0042 すこっぱ○
    相も変わらず公式設定に乗っかって、斜め上にふっとんでいくことでお馴染みの漫才でございます。今年はクリスマスネタときましたか。畳みかけるリっちゃんのツッコミが良かったです。



    No.0043 サラブレット&ジャージー◎
    珍しい組み合わせのハク、IA。既定路線から逸れていくと見せかけてすぐに予想通りの展開に斜め上から戻っていくスタイルが僕にはストライクでした。
    平和なニュースが増えたらええなぁ・・・。



    No.0044 吾輩等はルカである◎
    このコンビはずーーーーーーっと出ていて最初と比べて実力向上していく感じが密かに楽しみでした。英語ライブラリでも違和感がない感じになってきていたのに・・・もう漫才やらないのかなぁ・・・と思うと残念です。



    No.0045 宇宙◎
    ボカロの名前ネタということで「音」という名前だけで、これだけ遊べるのはいいですね。
    そしてZOLAくんならではの歌ネタ・・(アレ。そして、最後不憫に終わる感じがいいですね。でも、優音ルコさんはスゥさんの方がいいと思います。(生放送ネタ

    12月17日追記



    No.0046 居酒屋シスターズ● (生放送引用不可設定のため裏で視聴)
    間に会ってよかったですね。居酒屋シスターズは本場関西のしゃべくり漫才を彷彿とさせる個気味のいいテンポでまくしたてる感じが特徴ですが、今年はさらにパワーアップしてきて圧倒されました。コメントにあるようにお酒飲んで漫才して(いる設定)みたらどうかなぁ。と思ったりしています。

    以上!次の記事で総評を書きます。
  • THE TALKLOID THEATER復活のお知らせ

    2014-12-01 00:421
    どうも、THE TALKOID THEATER劇場支配人「パクリのパクリのパクリでパパパP」です。

    この名前を名乗るのもかなり久しぶりですがトークロイドシアターがこのたび復活する流れになりましたことをここに報告させていただきます。

    今日の記事は復活のお知らせと復活するシアターの主な仕様を解説する記事です。

    少し難しいお話もありますが、最後まで目を通してもらえるとうれしいです。


    今回再開するにあたって大きく変更した点は4つあります。

    1・旧スピンオフの廃止、座長制の導入。

    今までだとパパパPが企画しシチュエーションしか縛りがなかったものを本公演、それ以外がスピンオフ企画と言う風に銘うっていましたがこれからは座長制を導入します。

    簡単にまとめると
    ・公演ごとに座長を決めて、その座長に内容の企画・参加者の選定・進行管理・動画の編集等をやってもらいます。
    ・最終チェックは支配人であるパパパPがしますが、アップロードも座長さんのアカウントでしていただいて結構です。
    ・動画が出た順に第○回公演と言う風にナンバリングしていきます。

    座長には本当にすべての権限があるので、「基本的にシチュエーションシアターの型」さえ守っていただければ、個人動画ばかりの公演や座長の知り合いのみに声をかけた公演、特定ボーカロイドをとりあげた公演なども許容します。

    なので、こんな企画があったらいいのに・・・という方あなたも座長になってトークロイドシアターを作ってみませんか?

    興味のあるかた相談だけでも結構なので、いつでもお声掛けください。
    (出演者や企画に関して公募する場合、混乱防止のため少なくとも募集前にはパパパPに一声おかけください。)



    そして、次からの変更点はパパパP座長公演のとき(旧本公演)のルールです。
    別の方が座長をする時はこの限りではありません。

    2・シーズン制廃止と厳密な締切の撤廃。制作期間の長期化。※パパパP座長公演のみ

    昔は2~3カ月ごとのスパンでアップロード日を告知して、そこから支配人である私の作業日を逆算して、そこから厳密な○○年○○月○○日という締切を用意していました。

    でも、実際社会人になってみて「厳密な締切は趣味で設けると自分で自分の首を絞める」状態になりました。

    そのため、○○頃という目安を出して比較的長いスパンで動画を作っていこうかなぁと思いました。
    例:春頃(ゲーム界で春って夏休みに入らなければいいらしいよ。)とか・・

    こうすることで、クオリティが高めやすくなるのと「締切がなぁ・・」と思って参加を控えていた人が参加しやすくなったと思います。

    3・全編コラボシアター(個人動画出品の停止)※パパパP座長公演のみ

    今までは元番組の形式にのっとり、個人動画3本、コラボ1本という感じで制作してましたが締切を撤廃する関係で個人動画の出品と言うのは管理上難しいと判断したのと

    もっと横のつながりをトクロシアターを通して作ってみたいと思ったため全編コラボシアターで「参加者さんには何かしらの形でコラボ動画を作ってもらう」という形式にします。

    これで動画制作能力に不安のある人でも初心者さんとかでも参加できるかなと考えています。

    4・ワンフレーズシアター全員参加 ※パパパP座長公演のみ

    今回からブロマガでいろんな告知をしていくので、ワンフレーズシアターに関しては全員参加にしようかなと思います。

    シチュエーションシアターは厳しいけどもこっちなら・・という方でも全然大歓迎です!

    お題告知をお待ちください!


    以上が主な変更点です。

    また次回動画の参加者募集等は改めてしますが、
    今のところ興味があるなぁ・・とか参加したいなぁ・・とか思っている人はこのブロマガにでもコメントお願いします。

    質問等はこのブロマガのコメントやSkype,Twitter:whatiswebradio までお願いします。

    出来る限り、この記事に追記する形でお答えします。

    質問Q&A

    Q・ライアーシアターは復活するの?
    A・ライアーシアターの座長「洋画劇場P」が現在リアルの事情で積極的に動ける状態でないため復活は未定とさせていただきます。(2014年12月現在)

    Q・座長になるには資格とかがあるの?
    A・ないです。が!最低限の社会人としての能力比較的高い動画制作能力は必須となります。初めてお会いする方に関しては支配人であるパパパPの簡単な質問等に答えていただきますのでよろしくお願いします。