ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

上海ロレックスマスターズ 男子シングルス 錦織圭3回戦
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

上海ロレックスマスターズ 男子シングルス 錦織圭3回戦

2015-10-15 20:17
  • 2
*試合結果バレ注意



南アフリカの長身の選手との対戦で、ホークアイ(審判判定の補助システム)が作動しなかった。
作動しないというのはありえないと思う。
どの国のなんて会社のカメラか責任を持って公表すべきであるが、それにしてもしかし、調べてもどこ製なのか分からなかった。
視線での確認という原始的判定方法を取っているのは仕方がないことだとは思うし機械が万能じゃないこともよく分かってるが、ここぞと思う疑惑の時にこそ使えないというのはどうゆうことであろうか。
テニスの審判システムは選手の誰しもが疑問に思っていることはあるだろうと思う。それでも競技者として協議を信じ、それに携わるジャッジメント達を信じて頑張っているのだ。それをなんだ!(`ェ´)
さえたんはおこよ!!!!!(`ェ´)

別に錦織がそのせいで負けたとは言わない。
2セット目のタイブレークに至ってはミスが多かったし、全体的にケアレスミスが多かったと思う。また試合全体を通してバリエーションが無かった。ストロークに自信があるのは良いが、相手もある程度鋭さのあるショットを打つ相手。それをストローク戦で甘んじてしまいキープ合戦を続けた結果タイブレークを落としたのは錦織本人の責任であろう。今一つ大事なところでの集中力に欠けていた。
トリッキーな動きの得意な選手じゃないことはよく分かっているが、それでもネットに詰めるとかもう少しドロップを打つとかの展開は必要だったと思う。安定したサーブの良い選手なら尚の事だ。
しかし、2セット目は異常だった。
まずチャレンジシステムが作動しない・明らかなジャッジメントミス・遅すぎるコール、運営側が金でも握らせられたのか?とよぎらなくもなかった。

今回の負け方は、次回の対戦に必ず響いて行くだろう。
1セット目互いのキープの後でタイブレークを落とした錦織は、恐らく2セット目のタイブレークでもその印象が不安をちらつかせたと思う。
そこでの不安をぬぐい切れず、二セット目もまた同じようにタイブレークで落としたのは本人が一番深刻に受け止めていることだろう。
日本選手の活躍を願う私にとって、彼のより一層の健闘を祈るばかりである。




ってなんだこれ(;・∀・)
なにこの評論家口調(;・∀・)
熱くなってぶあーっと書いてしまったw
はじゅかちい・・・(*ノωノ)


広告
×
野球の審判が一番信用できんがなw
72ヶ月前
×
>>1 わんわん
返信忘れてたwww
あれ、野球のジャッジも機械製にしてほしいよね
72ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。