ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

第2文学修行 04 「7月某日夜23時、商店街で太陽が〇〇を広げた」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第2文学修行 04 「7月某日夜23時、商店街で太陽が〇〇を広げた」

2020-07-18 13:31
    修行概要及び、縦書きPDFダウンロードはコチラ
    商店街

    まばらに走り抜ける車以外に、この商店街の静けさを描き消すものはいなかった。
    まばらに照らし去るヘッドライト以外に、この商店街の造形を見せるものはいなかった。

    数年前に閉店した文房具屋は、今もなお外観だけが残り、「三菱鉛筆」と赤い文字で書かれ
    た看板は、もう日に焼けて消えかけている。
    散髪屋のサインポールが、ガラス戸の向こうに引きこもって休んでいる。
    シャッターに大きく書かれた「ゆ」の文字は商店街一の存在感がある。
    立ち飲み処「やっさん」の前には、サラリーマン達の溜息がそろそろ消えかかっていた。
    直近の経営統合によって綺麗になったバス停の看板は、少しづつ街に馴染めてきたようだ。
    白く太く「フジカラー」の文字は、緑を背景にして堂々としていた。
    商店街に穴が開いたように、コインパーキングが一角にできていた。
    小学生向けの雑誌は、明日にまた店頭へ飛び出して本屋を彩るだろう。
    タワー型の立体駐車場はずっと封鎖されていて、動くかどうかさえ怪しい軽トラがずっと見
    張っている。
    パン屋では生地がいびきを立てて寝ている。
    スーパーマーケット「モンマルシェ」はおしゃれな外観を窮屈そうにおさめている。

    全て通り過ぎていただけの場所。

    鳴りを潜めた太陽が、私の視野を広げたのだ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。