ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

~デレステプロデュース日誌~ 〇月〇日「本田未央とニュージェネレーションズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

~デレステプロデュース日誌~ 〇月〇日「本田未央とニュージェネレーションズ」

2021-01-24 14:16
    ニュージェネレーションズ最後のライブが、今始まる。


    今日は勿論、三人のPがしっかりと揃った。ツアー途中の4月頃からちょくちょく駆り出されていた私が、今こうしてまるで4人目のニュージェネPみたく並んでいるのは、少しくすぐったい気分だ。とはいえ、人手は少し余るぐらいが丁度良いのだ。

    ステージの下、センター奥にある奈落近くに、我々とニュージェネの3人はスタンバイしていた。彼女たちの顔に、半ば緊張の様子が窺えるものの、笑顔は絶やさなかった。ここまで共に歩んできた軌跡を垣間見ただけでも、その笑顔の理由には合点がいくというものだ。

    ある意味で、担当P達の方が緊張していたのではないだろうか。控室において、彼らのピリピリしたムードをアイドル達がほぐしていたのを目撃したように思う。


    場の空気を変えるのが上手いのは、やはり本田未央であろうか。曲順が決めきれず、四の五の言い合っていた時のことだ。ふとデビュー曲が目に留まった島村卯月が、初めてのライブの登場時の掛け声が『フライドチキン』であったことを思い出した。ほんの少し場が和んだ。その後そそくさと本題に戻っていくかと思われたが、本田未央がそれを許さなかった。

    クリスマスのチキンをまだ予約していないという話に始まり、クリスマスから年をまたぎ、鏡餅から上田鈴帆、それ以降も話が飛びに飛んだ。私は途中からついていけなくなったが、息の合ったメンバー達やP達は、その勢いにどんどんと乗っかっていった。私が口を出そうか出すまいか迷っているうちに、いつの間にか誰かが全く新たな曲順を提案していた。話の流れにヒントがあったらしい。誰もがそれに賛成した。更にいくつかの修正案が出て、あれよあれよと言う間に完成したのである。


    ステージを終えたアイドル達を熱く迎え入れる担当P達の姿が、舞台袖にあった。

    新たな旅が、これから始まるのだ。

    <<契約内容>> 派遣先:(株)346プロダクション
    業務内容:臨時プロデューサーとして、所属アイドルの現場補助
    契約期間:3か月毎に更新、最長年数未定
    休日:週2日、変動制、派遣先に依存
    各種手当:派遣先に依存

    <<以下、作品の注釈>>
    *SSR獲得記念回です。
    *この日誌は、2020年6月21日より始めたデレステにおいて、私がゲーム内で感じたことなどを多分に脚色した「創作的プロデュース日誌」です。時系列等、事実と異なる場合がありますのでご了承ください。
    *なお(神谷奈緒ではない)、「私」はデレマスをやっておりません。その点も併せてご理解いただければ幸いです。
    *プロローグはこちら
    *ピクシブでも公開中です。
    https://www.pixiv.net/novel/series/1341160


    更新は一週間以内を予定しております。名刺ID:dd312f77b6
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。