ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

生放送レビュー:バトルゴルファー唯
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

生放送レビュー:バトルゴルファー唯

2017-06-14 00:01
  • 2
<概要>
SEGAが放った異色のゴルフゲー
いろいろアウトなパロディ要素が満載
万能すぎる戸板返し
夏草や 兵どもが 夢のあと
GIVE UP
黒い炎で焦がしてあげる!



<長所>
①物語がある
バカゲーではあるが特撮の王道を行く(というか仮面ライダーそのもの)ストーリーがあり、その展開を追っていく楽しみがある。

純粋なゴルフゲームだけではなくアドベンチャー形式で展開していく物語はある意味斬新。

②豊富な必殺技
敵を倒すとロックマンのように必殺技を覚えていく。中でも戸板返しは打った後にホールめがけてアプローチする万能技でかなり重宝する。


<短所>
①何もかもがパクリ
最初の対戦相手ハガタミツルはどう見ても巨人の星の花形満…しかも性格が…





次の対戦相手はケロケロのキタコに目玉母さん
妖怪アンテナに霊界ポスト、カワウソ男などギリギリアウトな単語もすらりと出てくる。


極めつけは怪傑ディボット
どうみてもズバットです。本当にありがとうございました。





②GIVE UPの嵐
対戦相手は不利になるとすぐにギブアップする。配信的には意外と好都合だったりするが拍子抜けしてしまうことも。


③エンディングが意味不明
2人が死亡するというあまりに報われないラストに衝撃を受けた後、2人がエレベーターに乗ってスタッフロールが流れるという解釈不能な映像で終わる。
2人はもしや自分たちが死んだことに気付いていないのかも…


<その他>
パスワード制を採用しており、有名俳句を入れると裏技が可能になる。
「なつくさや つわものともか ゆめのあと」だと能力MAX
「ふるいけや かはすとひこむ みすのおと」だとエンディングになる



<生放送>
初のメガドライブソフトの配信となり、ストーリーも仮面ライダーっぽくそれなりに惹かれたので配信に至る。しかし最初のハガタ戦はどこを打ってもバンカー地獄でようやく乗り越えたと思ったらキタコ戦で墓石にやられるわで普通のゴルフゲームを期待していると痛い目を見るソフトであった。明らかにこれは失敗だったと悟る。

初期パラで攻略はかなりの難易度を要し、見かねたリスナーがパスワードを教えてくれて能力MAXで再プレイ。最終奥義であるB・ファイヤーが使い放題なので最初の一打はほとんどこれで、その後は戸板返しを使ってアプローチしていく戦法が主となる。ステージによっては一回の着地でピタッと止まるサイコホルダーが有用な場合もある。ある程度の計算は必要だが基本的にこれだけで何とかなる

※B・ファイヤーは風の影響を受けずに水の上も走れ木も貫通する。さらにショット後左右にある程度操作が可能。

おかげで停滞していたイベントもサクサク進みコメントも盛況で放送的にかなりの盛り上がりを見せる。イベントの数々は隠す気ゼロのパロディネタが満載ですさまじい衝撃を配信者と視聴者に与えた。今の時代じゃ確実にアウト。というか昔でもOKだったのかこれ?

エンディングは衝撃的過ぎて(何気にBGMはかなり良曲)?マークしかつかない中、ディボットの生死を心配する稀有なリスナーも!


<豆知識>
蘭に勝った後、プロフェッサーGの笛を吹くとゲームオーバーになる。
→そのためには「笛を吹く」を2回選び「笛を壊す」も2回選んだ後に再び「笛を吹く」を選択する必要がある。

※正規(?)のルートは「考える」「もちもの」「Gのふえ」「こわす」を3回選択する。


ねえ…
なに?
広告
×
ゴルフ?(´・ω・`)?
48ヶ月前
×
(バトル)ゴルフです。
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。