4K放送をしたい配信者向け【PS4Pro・XboxOneX】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

4K放送をしたい配信者向け【PS4Pro・XboxOneX】

2018-02-13 23:19
    ゲーム配信も高画質が出来るのが当たり前になってきている昨今

    次世代ゲーム機のハイエンドタイプとして登場したPS4ProXboxOneX

    この二つの利点はハード性能に加えて4Kの解像度HDRを可能にしているということ

    しか~し、4Kのキャプボはまだまだ高い!

    私が調べた範囲でも2万くらいからになっている

    資金面でのハードルは高い・・・

    もちろん4Kで配信したい人なら4Kの映像でプレイしたいはず!(たぶん

    そうなるとキャプボだけじゃなくモニターも欲しくなる・・・

    この二つを揃えるってだけでもかなり厳しい


    なので


    私が個人的にこれなら4K画質でプレイ出来てキャプチャーもいけるよ!って方法を紹介します!

    とりあえず、4K映像であなたが遊ぶために4Kモニターもしくはテレビを購入(予定含む)・所持していることは前提です。

    じゃあキャプボは?買うのか?

    違います


    そこで使うのが
    PS4Proなら『PS4リモートプレイ』という公式ツール

    XboxOneXなら『Xboxアプリ』というWindows10のマイクロソフトのストアで無料配布されている公式ツール

    これを使うと実は4K映像で配信が可能なのです!

    やり方は

    PS4Pro
    or
    XboxOneX

    モニターに接続(4K出力)

    そして

    PS4リモートで映像をミラーします
    または
    XboxアプリでXboxOneに接続する項目がありストリーミングをするとキャプチャーできます
    ※このストリーミングというのはアプリに映像を配信するというリモートの意味です

    画質または解像度の設定項目がそれぞれのアプリにあるので最高にしておけばパソコン内に4K画質のままキャプチャーが実現!

    これで4Kキャプボの出費を抑えられます

    ただし、リモートで映像を流してる関係上アプリからの音声だと少し遅延を体感すると思います

    なので、できればモニターの音声出力からケーブルをパソコンのライン接続などに引っ張り込みその音声をパソコンで流すと遅延がほぼありません

    または、サウンドカードが充実している方なら本体から光ケーブルで音声を出力させて再生させれば完成です

    これで4K映像を堪能しつつ配信出来ます

    あとはこのツールの画面を配信ツールなどに取り込めばOK!

    お金が充実している方は少しお高いですが、

    2018年2月16日に
    elgatoというメーカーから『Game Capture 4K60 Pro』というキャプボが出るので検討してみるのもいいかもしれません
    参考価格は約5万です・・・高い・・・

    パススルー出力も完備しているので分配器の必要はありません

    あと、ソフトウェアエンコーダーになるのでPCスペックが低い方にはお薦めできません

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。