【5周年】ララちぃ ザ クロニクル&おしらせ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【5周年】ララちぃ ザ クロニクル&おしらせ

2017-06-27 22:00
  • 2

動画視聴くださっている方々はいつもお世話になっております、というよりこの記事はそんな方以外何言ってるのかわからん記事です。
「超デオちゃんファイト」の若鶏です。
2012年6月26日、ポケットモンスターホワイト2で一匹のラティアスを捕まえてから5年。
この5年間このラティアスは基本いつもPTの左上を陣取りしっちゃかめっちゃかを繰り広げてきました。
5周年なんでなんかやらなきゃなぁ、という事で、この記事はそんなラティアスのララちぃの歴史を振り返る記事になります。


ララちぃとは
デオちゃんシリーズに登場する若鶏の手持ちポケモンのラティアス。第1エース、相棒、はたまたそれ以上の存在として活躍している。


性格
温厚なラティアスなのに好戦的。プライドが高めでPTの左上ポジションを譲らない。かといってワガママキャラかというとそうではなく普段は何かと世話焼きで物事は理性的に見られるタイプ。ラティアスなのに姉御肌タイプのキャラ。


実力
瞑想と自己再生で粘りながら能力を上げ一気に攻め落とす積みアタッカー。運が極端で何度もミラクルを起こす事もあれば余計な追加効果を引いて足を引っ張ったり安定しない。
個体値は対戦用としては下の下だがハンディキャップを感じさせない戦いが出来るのは流石伝説か。
茶番パートや大長編では主役のデオキシスと肩を並べる実力者になりやすい。
新作ゲームが出る度に何らかのパワーアップを遂げるが今後どのような進化を遂げるかは未知数。






「マスターボール2個貰ったけど、使いどころないんだよね」
「使いどころないならさ、今使えばよくない?」


●出会う前

南の孤島在住。フライゴンを舎弟に伝説の肩書きを振り回しブイブイ言わせていた。しかし個体値は最悪、さらに種族としてもエースアタッカーで考えると当時はラティオスとの差が余りに大きく伝説の肩書きでしか自分のプライドを保てなかった。
散歩中にラティアスラティオスを追い求める若鶏と出会うが眼中に無く一方的な鬼ごっこ状態だった。しかしそうしている間にもラティオスとの差はどんどん開き自分への自信を失う。
やがていつまで経っても雑魚助な若鶏と同調するようになり、弱味を抱える者同士高みを目指す誓いを立てコンビを組む。




●デオちゃんの雑談時代




終盤より登場。若鶏共々設定が固まっておらず擬人化されておらず名前も無い。大長編は第2弾より登場している。



「若鶏のラティアスよ!!!」


●デオちゃんファイト時代(BW2)




ララちぃの名前と擬人化を手に入れる。ただしビジュアルはまんまポケスペのそれでありオリジナリティに欠ける。個体値は下の下で苦戦を強いられる事も多く、幾度となく挫折を味わい若鶏と何度もコンビ解消しかけた。
しかしスペックの低さを運と根気で補うバトルスタイルを確立、瞑想と自己再生を軸に粘りながら体勢を整え一気に畳み掛ける。
そのバトルスタイルは今尚健在で、時に泥試合を演じ、時に理不尽な運ゲーで数多の強敵と渡り合った。
途中からはCevioで声がつくように。CVさとうささら。
構成は龍の波動、波乗り、瞑想、自己再生@食べ残し。




「この技があれば!第6世代に遅れをとることはないわ!」


(変身)ミラータイプララちぃ
序盤でララちぃが試しにミラータイプを実装してみた事で手に入れた姿。
姿はカラーリング以外BW2ララちぃと同じ。
タイプ1で髪が、タイプ2で服の色が変わる。
理論上100パターン以上の姿があるが技スペと立ち絵の問題で結局メインで使われる事は無かった。



「「本当の戦いはここからだ!!!」」



(変身)シャイニングララちぃ




メガシンカの発表に伴い、それに近いシステムを専用アイテム「心の雫」によって再現したララちぃ。
心の雫を持ち瞑想を6回積む事でララちぃと若鶏の精神、肉体が融合し始めてこの姿になる。
当時の心の雫のスペックと瞑想フル積みからその実力は今現在全てのララちぃの姿の中でも最強クラスだが普段の環境では使えない事、声を重ねる編集が面倒な事、心の雫の現在のスペックやメガシンカ実装云々で結局1度きりで終わった。



「うっひっはっはっはっはっは、アッホらしい!!!(ペンダント)」


●デオちゃんファイトアスタリスク時代(XY)




新シリーズに伴いコスチューム変更。キャラが固まったのでかなりラフな格好に。
首からかけたアクセサリーは本人は空港の土産屋で買った安物のパワーストーンと思い込んでいたが実際はメガストーン、ラティアスナイト。終盤まで気づかなかった為無駄に奔走する羽目になった。
ラティアスナイト自体はXYにデータとして含まれている為それを利用した伏線だったが割とバレていた。
ただしラティアスナイトと判明しても使う事が出来なかった。それはララちぃが自分は相棒というより本当は若鶏の趣味を具現化しているだけではないのか、という不安が原因であった。現実的に考えればただORAS発売前だっただけだが。
対戦ではメガシンカ出現による環境の加速についていけずBW2時代の粘りは発揮出来ず不調気味。しかしタイプ相性の見直しで鋼への打点が出来た為波乗りがシャドーボールに変化。攻めには強くなった。
構成は龍の波動、シャドーボール、瞑想、自己再生@食べ残し。



「お前の負けだ!一人では何も守れない惨めなウルトラマンよ!」



(変身)ララちぃヤプール憑依態

大長編 さらば?デオちゃんの雑談に登場。
見た目は瞳が赤くなったXYララちぃ。
物語の破壊を司るデウセクスが召喚した世界を滅ぼす邪悪の一人、異次元人ヤプールがララちぃの上述の不安につけこみ意識を乗っ取った姿。若鶏を精神的に追い詰めるが、逆にそれが彼がララちぃと真剣に向き合うきっかけとなりメガシンカ覚醒を促した。





「…好きです。」







「無限を超えろ!」






(変身)メガララちぃ




ヤプールとの戦いで完全に心が通じ「相棒を越えた」事で覚醒、メガシンカしたララちぃ。
スピード以外のほぼ全能力が上昇し今まで苦戦してきた強敵とも互角に渡り合えるようになったララちぃの一種の完成形である。
ただ無敵ではないので苦手な奴には相変わらず弱い。
覚醒シチュエーションがラブコメじみていた影響か花嫁チックな姿。



「ファイナルラップだ!!」


●デオちゃんファイトSREEE時代(ORAS)



RS主人公ハルカに似たコスチュームに変化。ヤプール戦で相棒を越えた事で若鶏からもちゃんと名前で呼ばれるようになりコンビ解消騒動も無くなった。現時点では全盛期のララちぃ。
特に悩みや問題も抱えていない時期なので気ままにホウエン旅行をエンジョイ。
対戦ではメガシンカを手に入れBW2時代の粘りを取り戻し、火力も補強されたので場合によっては一々積む必要が無くなった。ただし回復ソースが減ったので完全上位互換とは言えない。
構成は龍の波動、シャドーボール、瞑想、自己再生@ラティアスナイト。



「爆撃開始しまーす。」


●超デオちゃんファイト時代(SM)




アローラに来てもホウエン時代そのまま安泰かと思いきや、見慣れないポケモンに翻弄された上にまさかのメガシンカ没収で弱体化。
絶体絶命と思われたがどんな逆境にも屈しない2人の想いが眠れる力、Zパワーを引き出し計算外の力、若鶏ララちぃへの変身を遂げる。場合によってはメガララちぃすら凌ぐ強さだが短時間しかもたず身体への負担も大きくこのまま使えば死ぬとまで言われる深刻な事態に。しかしZパワーを制御するZクリスタルをおもちゃ屋で買った事でコントロール可能に。それでも短時間の壁は越えられない。現在は新たな仲間コケ子に主戦力を任せ、Zパワーを振るいながらメガシンカ復活待ち。
構成は龍の波動、シャドーボール、瞑想、自己再生@ドラゴンZ。





もっともっと強く!いくぞ!これが俺達の全力だ!



(変身)若鶏ララちぃ




ポケモン強盗のクワガノンに翻弄、メガシンカを破られピンチの中諦めない2人の想いが発現させた未知の力。
ララちぃをベースに若鶏の要素をプラスした姿をしている。この姿での2人の意識は一体化しており動きも同調する。
攻撃面だけならメガララちぃすら凌ぐが身体への負担が非常に大きく短時間しかもたない。
その正体は2人のZワザ発動形態。
ZワザはZパワーと呼ばれる想いの力が根源だが2人で組んだ場合のZパワーが異常に強いので余ったZパワーがララちぃをこの姿に変えているらしい。
強い反面命の危険すらあるこの姿だが、制御装置Zクリスタルによってなんとか安全に使えている。
現実的に考えればただサトシゲッコウガの実装がメガシンカに近い新システムではなく特性だった腹いせに作った設定。


●主な関連人物


若鶏
トレーナー。情け無い若鶏に世話を焼く間柄。堅い絆で結ばれているがベタベタラブラブな雰囲気ではなくほとんど漫才コンビ状態。でもその方が長続きするのかもしれない。
普通に見れば何の権威も無いがララちぃは若鶏の一番のエースである事に自信を持っており若鶏もララちぃがPTにいないとどうも不調になる一連托生。2人が組むと強くなる根拠はどこにもない。


ストーム
デオちゃんファイト初期から何かと組んでいる。そもそもストーム自体ララちぃの戦術の穴埋めポジションなので組みやすいのは必然と言える。しかしストームもストームでララちぃを抑えるレベルの実力派。初期はララちぃストームの二強であった。


ラティオス
実の兄。駄目人間?キャラは若鶏以上でララちぃの出番を喰ったり信用は薄くララちぃからの人望もない。それでも心の雫を送ったり夢写しのやり方を伝授したりそれなりに力になっている。


フライゴン
舎弟。若鶏の手持ちになる以前からの付き合い。環境のインフレからララちぃと一緒に闇堕ちしかけたがSREEEでは見事更生、ビブラーバの群れのボスとなった。

カグラ
若鶏10番目の仲間。上述のフライゴンの群れの生まれ。ララちぃ視点では舎弟の形見ともいえる存在。死んでないけど。

シルク、カプ・コケ子
バンク解禁前等でララちぃが戦えない際に代わりの主戦力として戦った。シルクはララちぃと型がよく似ている。

クレセリア
宿敵1。BW2時代クレセリアと戦う際やけに調子がいいのでクレセリアを目の敵にしていると思われる。クレセリア側からどう見えてるかは不明。

ヤプール
宿敵2。破壊の神デウセクスが召喚した世界を滅ぼす邪悪の1人。地球侵略を企む異次元人で相手の精神を追い詰める陰湿な作戦を好む。ウルトラマンに対する怨念が非常に強くウルトラマンマスクの若鶏と対峙、ララちぃとの絆を引き裂こうとした。






●これからのララちぃ
恐らくメガシンカ復活で最前線への復帰が期待されます。安定のメガシンカ、奇襲サブウェポンのZワザ、2本の剣を上手く使い分けられるか。

茶番パートでは若鶏ララちぃにさらなる新展開を予定しております。単なるサトシゲッコウガのパチモンから、シャイニングララちぃみたいな一発ネタから更にその先へ。




戦いはUSMへ。5年から10年へ。ドット絵世代のMyレジェンドララちぃ永遠なれ()
















宿敵、襲来。










この出会いは必然だった。








激突。















広告
×
まてまてまて最後!!
これはありか?
29ヶ月前
×
>>1
人違いですがやりますw
29ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。