超デオちゃんファイト裏話 最終回編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

超デオちゃんファイト裏話 最終回編

2019-06-24 20:00
    ※この記事には「超デオちゃんファイト」最終回までを振り返る内容が含まれています。


























    ●動画をつくって
    「超デオちゃんファイト」シリーズの本編がようやく最終回を迎えました。でも終わりませんが!!終わらせるには尺不足です!!
    アローラ編は3年以上にもわたる長期シリーズとなり、最初期「デオちゃんの雑談」に匹敵する規模となりました。その間にいくつかの実況イベントにお呼ばれいただきまして、この度は皆様誠にありがとうございました!!
    アローラ編を始めるにあたっての目標は、当時アニメのポケモンはTVシリーズを丸々使ってのVSフレア団編に突入してたので「日常生活の中で悪の組織と戦う連続ストーリーもの」でした。本当はホウエン編でマグマ団、アクア団戦をしたくも感じましたがヒガナという劇薬も投入されましたし敢え無く断念…しかしアローラ編は奇跡的に本編を完走し、次回の完結編で無事悲願達成!となります。よろしければ最後までお付き合いください…w
    ちなみに、連続ストーリーものってやってみるとめっちゃ疲れましたので次のシリーズはドラえもんぐらい軽くいきます。




    ●登場キャラクター

    コロナ



    アローラ地方でデオキシス達が出会った新米トレーナー。現在の手持ちポケモンはオシャマリ、ミミッキュ。
    ククイ博士からポケモンを貰いトレーナーズスクールで勉強するはずが校舎がキテルグマの群れに破壊されデオキシス達と共同生活する事に。
    デオキシス達の暴走に終始振り回されたのもあるが、自分の常識とズレたものを受け入れるのが苦手で、異質な相手には強い拒否反応を示していた。しかし共に暮らす内にそのようなものも受け入れられる度量を身に着けて正体不明のミミッキュ、ウルトラビーストと次々と友情を深めていった。
    その過程で謎のUB,ネクロズマと出会う。あらゆるものに強い恐怖を抱くネクロズマに「自分は味方として寄り添う」事を約束し懐柔、友情を結び3つのZクリスタルを貰う。
    兄はスカル団のボス、グズマ。昔は彼にトレーナーとして純粋な憧れを向けていたがスカル団のボスである事までは知らず、彼の真実を知ってからはその苦しみ、悲しみを受け止め再起を促し和解した。
    その正体は別世界の人間。Zパワーの根源たるネクロズマの光エネルギーを異常なまでに浴びた事でネクロズマ自身に匹敵するZパワーを体内に宿す「人間ネクロズマ」。
    無限に等しいZパワーを振るうネクロズマを倒せる現状唯一の存在、ウルトラ調査隊にとっての切り札である。
    しかし何らかの理由で記憶を失い「新米トレーナーにしてグズマの妹」というポジションに生まれ変わり本人もそれを信じ切っている。
    自らの覚醒を促すウルトラ調査隊に捕らわれ、ルザミーネを当て馬としてぶつけられる事になり…


    ネクロズマ(クロちゃん、かがやきさま)
    コロナが知り合った真っ黒なUBらしき生物。全身から無差別に破壊力抜群の光線を乱射できる。その正体は光を司る異世界の神にして伝説のウルトラビースト、通称「かがやきさま」でありZパワーの根源でもある。ウルトラ調査隊と同じ世界に住み他の生物と共存していたが、ネクロズマの光エネルギーを支配、コントロールしようと驕った人間によって体の一部、そして光エネルギーを奪われてしまった。結果失った光を求めて暴れまわりながらも、体を失ったことで取り込んだ光を上手く処理できず余計暴れる荒神となり、数多くの並行世界から光を奪い滅ぼしてきた。
    無尽蔵のZパワーを振るうネクロズマを倒すことは容易ではなく、ウルトラ調査隊は打倒ネクロズマのカギとしてかつてネクロズマを死の寸前まで追い込んだ「人間ネクロズマ」コロナの覚醒を狙っている。ネクロズマ自身はコロナ=人間ネクロズマである事に気付いているが、現在のコロナを全面的に信頼しているらしい。
    コロナの頼みを受けてルザミーネに追い詰められたデオキシス達と協力する事になったが、何故か肝心のルザミーネ奇襲には姿を現さず、デオキシス達がエーテルパラダイスへ出発してからようやく動き出した。



    リーリエ



    エーテル財団代表、ルザミーネの娘。母の歪んだ野望を止めるため、兄グラジオと共に反旗を翻しコスモッグ「ほしぐもちゃん」を連れて逃げ出し、その過程でデオキシス達と出会い協力関係になる。
    幼少期から母に束縛され続けてきた為意志が弱く臆病。デオキシスからは「ビビリーリエ」呼ばわりされあまり良く思われていない。ただ意志が弱いながらも母の歪みを正し、救いたいという願いはある。
    エーテル財団に潜伏先を特定されてからはデオキシス達の家に移住、少しでも自分の意志を強く持とうとデオキシスを「師匠」と呼び弟子入り?する。また、同じく弱い身でありながらもどんどん前に進むコロナにはシンパシーと憧れを抱いている。
    ほしぐもちゃん共々コロナと一緒にウルトラ調査隊に捕まり、ルザミーネの元に連行されてしまう。


    コスモッグ



    リーリエ、若鶏、ひかるが偶々拾って世話することになった小さなUB。「ポンコツ」「クズ」とさえ言われるほどに弱く、戦いには何の役にも立たない。その癖無駄に元気で好奇心旺盛なので世話には相当手を焼く。
    ただしウルトラホールを開く事ができ、その能力をルザミーネに狙われている。
    UBなので本来この世界にはいないはずの存在であり、能力の危険性もありリーリエとグラジオは「元の世界に返すべき」と考えている。
    若鶏は「キララ」と名付け面倒を見ていたがその過程でキララはグラジオの想定以上に若鶏に懐いてしまう。このままでは元の世界に返すのは困難と判断したグラジオの説得で若鶏は「キララとずっと一緒にいることはできない」と説明、結果若鶏とキララの心にはすれ違いが生じ始め、その隙をルザミーネに突かれキララは捕まってしまう。
    更にひかるのコスモッグも、グラジオの裏をかいたルザミーネに捕まり、リーリエの「ほしぐもちゃん」もリーリエごと捕まってしまった。


    グラジオ



    リーリエの兄。対UB用人工ポケモン「タイプ:ヌル」の開発に関するエーテル財団の非人道的な実験に反旗を翻し、初号機のタイプ:ヌルを連れてリーリエよりも先に財団を脱出した。
    以後は拘束を破ったヌルを「シルヴァディ」と名付け相棒とし、ルザミーネの野望を食い止められるだけの力を得るべく腕を磨き続けていた。
    スカル団の用心棒として戦い続けていたが、スカル団を壊滅させたデオキシス達に興味を持ち接触、その事が縁でエーテル財団と因縁を持ってしまったデオキシス達と協力関係になる。ただし「家族の問題だから自分の手で解決する」と、デオキシス達を前線に立たせるのは良しとしない。
    実力は少なくとも若鶏よりは遥かに上。相棒のシルヴァディは彼が扱うことで初めて真の実力を発揮する。
    後に脱走したリーリエと共同生活を送っていたが潜伏先を特定され、リーリエをデオキシス達に預けエーテルパラダイスに潜入。ビッケ率いる善玉エーテル財団職員、更に乱入してきたスカル団と協力してルザミーネ一派に立ち向かうが彼女の秘密兵器の前に手持ちポケモンを奪い取られてしまう。
    その後コスモッグの身元を特定して向かったルザミーネを追いデオキシス達と合流。しかし想定を遥かに超えるルザミーネの戦力を前に全てのコスモッグ、コロナ、そしてリーリエを奪われる。母の暴走の阻止、そして妹を救う為デオキシス達と共にエーテルパラダイスへ向かう。


    ビッケ



    エーテル財団アローラ支部副支部長。UB専用モンスターボール「ウルトラボール」を開発する技術顧問も務める。ルザミーネの暴走に同調しない良識派のエーテル財団職員の筆頭的人物で、裏からリーリエ達をサポートし続けていた。グラジオのエーテルパラダイス潜入に伴い、他の職員たちと共に表立ってルザミーネと敵対、グラジオと行動を共にする形でデオキシス達と合流する。


    グズマ



    アローラ地方の社会から追いやられたならず者集団、スカル団をたばねるボスにして、コロナの義理の兄にあたる。
    アローラ地方への憎しみと自らの弱さに対するコンプレックスをルザミーネに利用され、彼女の手駒としてデオキシス達と敵対し続けたが、コロナの説得に応じデオキシス達の味方として寝返り、エーテルパラダイスに潜入したグラジオに下っ端共々加勢。グラジオがエーテルパラダイスから抜けた後の司令塔を買って出た。


    ルザミーネ



    エーテル財団代表にしてリーリエ、グラジオの母親。もともとは真っ当な人間だったがウルトラホール研究の際に研究者でもある夫を失い、更にウルトラホールから迷い込んだウルトラビースト「ウツロイド」に神経毒を打ち込まれてしまう。
    結果「愛するものを失いたくない、自分の下でずっと所有していたい」といった欲望が歪んで暴走するようになり、子供たちを束縛しポケモン達に異常な愛情を向け、欲しいと思ったものはどんな手段を使っても手に入れようとする強欲な怪物と化してしまった。
    気に入ったポケモンをかき集め、元々コスモッグを利用してウルトラビーストを捕まえるつもりだったがデオキシスを狙った為にデオキシス達と因縁が生まれ間接的に何度も激突することになる。
    一方自分の欲しいものを次々と手に入れていく若鶏に対しては不快感を示していたが、彼の「ポケモンと意識をシンクロさせるZパワー」に興味を示し、自らが使役するタイプ:ヌル・ルザミーネカスタム(現つばさ)を利用してその力を採取、コピー、改造することで
    「どんなポケモンでも、何匹でも意識を自分のものに上書きして手駒にする」恐るべき力を手に入れた。
    グラジオ、ひかるのポケモン達、若鶏のフーパ、アローラ中のあらゆるポケモンを次々と配下に収め、全てのコスモッグを手に入れたルザミーネは更に肥大化した野望「全並行世界の全ポケモンの入手」に向けて動き出した。


    ウルトラ調査隊
    デオキシス達とは別の、ネクロズマと同じ世界から来た一団。ネクロズマの暴走による並行世界の滅亡を防ぐ為に打倒ネクロズマの手がかりを探している。コロナの「人間ネクロズマ」としての過去も知っており、彼女をネクロズマ打倒の鍵として覚醒させるために何度も接触し成長を促した。
    実際はネクロズマに非はなく原因は人間にある事を知っており自分たちの行いが理不尽なものであるとも理解しているが、倒す以外の選択肢が得られず苦渋の決断の末に行動している。
    ルザミーネの野望にも否定的だが彼女を「コロナが覚醒するための当て馬として必要」と考え、デオキシス達に彼女が倒されないように敢えてルザミーネ側につく事に。


    アマモ



    ウルトラ調査隊の一員。子供だからか仕事人間が多い調査隊の中でもかなりフランクで周りとも打ち解けやすい。逆に言えば相手に感情移入しやすく非情な判断を下しにくい。
    任務上デオキシス達を裏切った事に負い目を感じており、更にコロナがネクロズマと友情を深めていた事を知った為に調査隊とデオキシス側の間で揺れ動く事になる。
    調査隊としてリーリエ、コロナを捕まえはしたが去り際に謎のZクリスタルを2つ、デオキシス達の元にわざと落としていった。



    ウルトラビースト
    通称UB。様々な事情でデオちゃん世界に流れ着いたりしてきた異世界の生物たち。危険な力を持ってはいるが凶悪ではなく、ほとんどがデオキシス達と友情を育んでいる。

    ウツロイド
    観光客のUB。デオキシス達に観光案内をされてご機嫌気味に帰っていったが、同族がルザミーネに神経毒を打ち込んでいた事が判明。

    マッシブーン
    観光客のUB。若鶏と深い友情で結ばれたのかその後も度々遊びに来ている。通称マッちゃん。

    フェローチェ



    デオキシス家の台所に迷い込んだUB。居場所がないので若鶏が引き取ったが異常な繁殖力が仇となりボックスに隔離された。ボックス内で独自の国を建国。

    デンジュモク
    ミュージシャンのUB。アローラでブレイクを狙い美容室で髪を整えに来たが丸坊主にされてしまった。その後髪が伸びて一度だけ再登場。

    テッカグヤ
    デオキシス家の家の前に根付いたUB。でかいので日照権を阻害する。ひかるの作戦で悩みの栄養面が解決され、彼女に引き取られた。

    カミツルギ
    作家のUB。創作意欲を高めにデオキシス達の元にやってきた。インスピレーションは受けたが新作は大爆死した。

    アクジキング



    デオキシス達が迷い込んだ別世界のUB。なんでも食べる生態が仇になり、ゴミ処理を請け負ったが人類の環境汚染に追いつけず、人間に捨てられ汚染されつくした星に取り残されてしまった。デオキシス達の大掃除によってひとまず生活区域だけはマシになった。

    防護服の人



    アクジキングの世界に残るただ一人の人間であり、放っておけないとアクジキングと共に暮らしている。

    ズガドーン
    つばさが知り合った創作意欲の高いUB。茶番のストーリーを持ち寄ったが破綻している上に丸パクリなので却下された。

    ツンデツンデ
    自動車教習所教官のUB。免許を取りに来たつばさの運転に立ち会ったがデタラメな運転とマイペースに振り回され続けた。

    べベノム



    ウルトラ調査隊の手持ちUB。コロナの初陣相手でもある。対戦後にケアもしてもらえたのでコロナとの仲は良好。

    アーゴヨン
    べベノムと深い関わりを持つUB。ウルトラ調査隊が手持ちとして複数体隠し持っており、先兵としてグズマやデオキシス達の前に立ちはだかった。






    謎の少女


    ガラル地方在住の少女。アニメイベントに行く為アローラを目指していたが、タイミング悪くルザミーネによって大混乱に陥っていた為に渡航制限を喰らってしまう。
    結果海を泳いでアローラを目指すハッスルぶりを発揮した彼女はいったい…?







    ●次のおはなし


    大長編 超デオちゃんファイト完結編 未来コネクション

    コロナ、リーリエ、コスモッグをはじめとするデオキシスの仲間たちがルザミーネに捕まった。デオキシス達はルザミーネに洗脳されたポケモンの大群を掻い潜りエーテルパラダイスを目指す。人とポケモンの様々な想いが交錯し、物語は輝かしいフィナーレを迎える!「超デオちゃんファイト」、本当に堂々の完結!






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。