ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

タッチパネルシンセサイザーの製作動画を上げました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

タッチパネルシンセサイザーの製作動画を上げました

2013-05-05 00:00
    ちなみにGWはこいつの動作確認と次の作品の材料集めに秋葉原の
    はんだづけカフェか
    ナノラボに居ると思います

    ども!おおかみでございます
    あの楽器として作り始めてもう3年?かな
    超会議の「ニコつく」も3に出展で2回めとなります、
    今回は27日は技術部ブースのお手伝いをしてましたので
    2連日の2日目となりました




    今回もめざましテレビの軽部さんに声をかけていただきありがとうございます。

    まあ、最初は去年のまま出展するつもりでいたんですけど
    タッチパネルを割っちゃいまして
    代替品を購入したくても販売終了って言われまして
    光センサーを並べて遮ると音が鳴るように作り直しました
    前の4線式抵抗膜のタッチパネルは位置も押し圧も一緒に電圧で拾っていたので
    場所と音が一致しない上に跳ねちまって、まあ、パーカッションならいいかなwww
    それを何とかしたいって
    この方向に15対この方向に7対
    赤外線LEDと赤外感知のフォトトランジスターを並べました

    今回のキモ赤外線LEDと赤外波長用フォトトランジスタ

    実はこの頃がクリスマス一人でケーキを食べながら作ってたり


    SMDのチップフォトTrにしたのは意図的にデス
    仕上がりの厚みを5mm程度にしたかったので
    おかげで外乱の光は四方八方から入る事になり
    そして、ここで光学スリットの代わりに使ってるのが
    ポリカボネートの中空素材、ホームセンターで遮熱窓等の材料として売ってる物です
    実際売ってるのは1800×900くらいなのでカットを業者にお願いしたら
    100mm以下は割れるのと機械の都合で出来ないとの事で
    2mの100mmで工場直送になりました(それも仕事場に送るハメに)
    20mmの幅で切ってます





    それと作りながら実験してるんですけど
    受光素子の感度が良すぎて蛍光灯の光だけで出力が1V出てしまうんですよね
    そこで、ICテープをスリットの表裏に貼りました。
    それでも現状、太陽光の下では鳴りません









    次に回路ですけど
    マイコン本体にArduinoMEGA使っていて色々機能追加を続けていた為に
    ダイレクトにスキャン出来るほど連続して空いてるポートが無いのと
    アナログ入力が足りなくなるので
    マルチプレクサを使い2進で選択的に切り替える事で
    デジタルは横4個、縦3個
    アナログ入力は3本で済みました



    ブレッドボード上で動作テスト赤外線LEDは目で見えないのでこの時は代用品です
    マルチプレクサこの場合はCOMをプルアップしてます、
    入力側はCOMをarduinoのアナログポートに繋ぎます
    8対1のマルチプレクサを横の15箇所のLEDと受光で扱う時は2個のマルチプレクサを
    ENにNOTをかませる事で選択してます。

    赤外線LEDの駆動も同じ方法で点滅させ入出力を同期させてます。
    ただし、Trアレイを入れてます

    ここら辺で動作確認も有って電源に使ってるeneloopモバイルブースターを追加購入したんですけど

    これひどいでしょ、上、三洋のeneloopモバイルブースター
    下、パナソニックのモバイルブースター、同じ容量なのに大きさは大きいUSB口は逆に作ってる
    (実際は4ミリくらいの差、なんか大きく写ってるけど)
    無駄な自己主張は止めてほしい、利便性ってパナソニックは考えて無いんでしょうね
    おかげで筐体の電池収納場所を削る事に、接続がUSBコードで良かった







    さて、あまり見られたもんじゃ無いですがユニバーサル基板の裏です

    ここのところ、前のネコミミ電飾の時も使いましたが
    千石で買った曲がるユニバーサル基板ハサミで切れるんで重宝しとります。
    微妙に大きめだった基板をハサミで切って調節出来るなんて
    問題が有るとすると、やっぱ曲がること




    配線前の仮組み、この段階で
    線の長さを決めます、






    配線中





           一通り配線が終わりまして、動作確認
    1番端、最初のLEDと受光素子の波形です

    黄色が赤外線LED
    負論理駆動です、
    赤が受光素子
    波形の幅から隣の光はモロに受信してますね、2つ3つ隣はちゃんと減衰してるので階段状になってます





    次にスキャンデータです

    うお、作っておいて見えない
    (クリックすると拡大します)
    arduinoのアナログ入力で読み取った
    数値の生をシリアルに書き出して調べたものです、6番目が「xxx0+*」に
    なってる所が光の遮断が2回以上連続した所です
    arduinoのアナログは5Vを1024で割りますので、全般的に500から700なら安定してます13番が不安定かなあ

    チャタリングやノイズを消す為に
    メインループで2周して連続したのを
    ピックアップしてます、

    なかなかね、赤外線LEDが見えないんで
    以前に買ったおもちゃの暗視ビジョン
    (前にニコで流行った暗視ビジョンの後継機)
    これで見てました、実際見てるのは
    これなんですけどね
    https://www.youtube.com/watch?v=l34KC6wsEv0
    ビデオ出力が欲しいとこです

    スピーカーを右から左に変更してます、小さいけど
    こっちの方が出力が大きいので、でもこれ以上はアンプを変えないとダメだな
    まあ、MIDIもLINE出力も有るし、そんときは外部でいいんじゃね

    太陽光の中では今回作ったセンサーじゃパフォーマンス出来ないので
    残してあった4線式タッチパネルを併用出きるように復活
    まあ、結局メッセでもトラブル中は役にたちました


    あと完成写真撮ってないわ
    つーわけでニコニコ超会議2の「ニコつく3」での様子
    ニコ技ドラヤキ食いながら水筒のお湯でエスプレッソ淹れてますwww



    左の柱の正面辺りなんだけど
    グチャグチャだなあ(笑)

    つーわけで

    皆様お疲れさまでした


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。