RaspberryPi用レーザープロジェクター 「PiJECTOR」その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

RaspberryPi用レーザープロジェクター 「PiJECTOR」その2

2019-08-25 09:05

    RaspberryPi用レーザープロジェクター 「PiJECTOR」その2でございます。


    さて、自宅の母艦はUBNTU18.04なのですが、
    一応、過去録画とか入れているんですよ、
    で、samba入れてDLNAでRygelも入れてます、
    動画なんかをOculusGoで見たりしてまして、
    今回はRaspberryPiにPiJECTORで寝室で見たいと思います、

    RaspberryPiには便利なOSが幾つか有りまして
    メディアプレイヤーとして「LibreELEC」を使います。

    でも、インストールの仕方は省略、

    皆さんいつも使うのは
    raspbianだと思うので
    注意点だけ、

    設定のインターフェース
    (画面の日本語なのは既に設定済み)



    いきなり地域をjapanにすると文字化けするので







    スキンのfontsをデフォルトから
    Arialベースにしといて
    から



    地域をjapanに

    一応文字セットも
    japanese(shift-jis)に


    そしてですが
    上の写真は既にプロジェクターのを撮ってますけど
    PiJECTORを使うには
    前回の追記分をLibreELECのconfig.txtのいちばん後ろに

    dtoverlay=dpi24
    overscan_left=0
    overscan_right=0
    overscan_top=0
    overscan_bottom=0
    framebuffer_width=1280
    framebuffer_height=720
    enable_dpi_lcd=1
    display_default_lcd=1
    dpi_group=2
    dpi_mode=85
    dpi_output_format=0x070027

    試しに、こいつを貼り付ければ動くかな〜〜〜〜で
    動きますた、


    さて、このままでもマウスで問題なく使えるのですが、
    スマホをリモコンにするアプリも出てますので入れます

    インストールしてアプリを動かすと
    同じLANやwifiに繋がってる
    LebreELECの入っているRaspberryPiを探して

    こんな風の手元リモコンとなります


    さて、試しに寝室の天井に映してみました





    スクリーンじゃなくても
    見れない事も無いかな

    ただ、RaspberryPiを固定するマウント方法を考えないと


    ツー訳で、今回はここまで


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。